2013年11月22日

東京ラストスパートの2カ月とイタリア帰国(写真いっぱい)

前回の更新からまさに2カ月以上が経過していて自分でもびっくり。
この間に何があったかな…ウリは5歳になって、10月31日まで毎日幼稚園に通い
自転車に乗れるようになって、幼稚園で去年から楽しみにしていたお誕生日会があって
洗足池のボートに乗って本門寺のお会式に行って叔母の新居に遊びに行き、前歯が抜けて
習っていた油絵を仕上げて、生まれて初めての運動会とお芋掘りを経験して
ひらがなもちょっと書けるようになった。

ハロウィンパーティーにはジャックスパロウになって参加して
そんなこんなしているうちにあっという間に主人が東京に到着して
上野動物園に行ったりアメ横行ったり日の出桟橋から東京湾フェリー乗ったり
お台場でなんかすごいオタクの集まってるイベントに遭遇しちゃったり
成城の文化祭もみんなで行ったし珍しく新宿でランチしちゃったり
白金の自然教育園でお散歩とかお寿司食べに行ったりもした。

やっぱりなんだかんだウリ主体の動きが多いけれど、ジェアもそれに付随して
色々動き回って、2歳児としてはかなり頑張っていたと思う。

2カ月ってすごい。でも、なによりも私の中での2大イベントは
ウリの七五三とみきつんの結婚式です。主人とは5カ月離れていたけれど、でも
この2大イベントを家族で全員で過ごせて本当に本当に嬉しい。
もう言葉ではうまくいい現すことができないので、やめておきます。

そして、家族全員でものすごい荷物を持って先週こちらに戻ってきました。
昨日位まで、ウリッセがすごく荒れていたり最初の数日はジェアが私にべったりで
何かと言うと大騒ぎして結構大変といえば大変だったけれど、そりゃこれだけの変化の中で
あの小さい子供たちが暮らしているのだから多少のことは仕方ない…と思って
忍耐忍耐で私も一緒に過ごしているところ。

私と言えば、便利で快適な東京生活から、一気に薪をくべ続ける生活になって
でも結構すんなり入って行けちゃっていて自分でも驚いているところ。
5か月半ぶりのイタリア田舎生活、簡単じゃないけれどできるだけ前向きに。
まーー明日にはきっとまたぶぅぶぅ言っていると思うけれど…。




P1040548
肘あて膝あてつけてみたら
あっという間に乗れるようになった。
もっと早くからつけておけばよかった。



P1040646
洗足池。バカにできない。
(バカにしてないけど)
キレイだった。



P1040832
地元民自慢の本門寺お会式。
すごい人…。危ないのでジェアはお留守番。



P1040903
多分最初で最後になるであろう
日本での運動会。
なんか全然違うことしてる、ウリだけ。



P1050190
『イタリアの幼稚園もいいけど
お弁当の方がやっぱりいいなぁ』と言う。
そうだね、そうかもしれない。



P1050197
得意げ。おイモ掘り。
なんと30年以上前に私が行った農園と
同じところなんだそうです。びっくり。
ばーばがスイートポテトを作ってくれました。



P1050232
初油絵。
なぜかジェアまで得意げ。




P1050300
ハロウィン。ジャックスパローの毛は
暑くて取ってしまった。
でも、多分ウリッセはハロウィンがなんだか
分かってなかったと思う。終始この顔だったし。




P1050305
ハロウィンの10月31日は私の誕生日でもあり。
ウリがこんな素敵な飾り付けをしてくれてました。





P1050306
これはジェア作。ありがとう。

P1050449
東京湾フェリーに乗りました。
私も産まれて初めて。
この日はちょっと寒かったので
あまり船日和ではなかったかもしれない。



P1050524
高島屋写真館での七五三撮影はこんな感じ。
本人、かなり緊張している様子だった。
写真の仕上がりが楽しみです。




P1050570
お参りはもちろん本門寺へ。祈祷もしてもらい
貸切で名前も呼ばれたので大喜び。
今でもよくその話をする。



P1050668
なんかスゴイ。



P1050677
二子→本門寺→芝と結構大移動をして
お昼はとうふやうかいに。
一度主人と行きたかったのです。



P1050792
東京タワーにも上った。



P1050853
白金の自然教育園。
私が小さい時も母に連れて行ってもらった。
ついこの間のことなのに…半袖着てる…。



P1050907
みきつんの結婚式ではふたりは
リングボーイ&リングガールという
大役を果たしました。ウリは乾杯の発声まで。
本当にいいお式だった。




P1060130
帰りの飛行機はジェアが2歳になっていたので
帰りの分だけチケット料金の支払いが発生しました。
ウリは疲れてる…疲れてるならピースはいらないのに
日本に半年近くいて、日本の習慣が抜けません。




P1060254
今週からまたこちらの幼稚園にも通い始めている。
イタリア語もずいぶん出てきた。



da_nori at 08:59|PermalinkComments(4) 日本一時帰国 | イタリア生活

2013年09月14日

ウリッセ5歳誕生日

まだまだ暑い日もあるけれど、もう空気とか日差しとか明らかに秋に近付いている東京。
陽が沈むのもずいぶん早くなったし、夜は虫が鳴いてたりもしちゃって
私が一年で一番好きな季節にどんどん突入している感じが心地よい。

そんな先週、ウリッセが5歳になりました。
あっという間…?でもないかな、その間色々なことがあったし。
でも、大した病気もせず、怪我もせず、毎日すくすくと成長している息子を見ていると
母となれたことを嬉しく思うし、支えてくれている周りの人へ感謝せずにいられません。

ここからウリッセ成長記。

・身長は多分109センチくらい、体重は17キロくらい。靴は18.5センチ。
・好きなことはとにかく絵を描くこと。お誕生日に水彩絵の具をプレゼントしたのだけれど
毎日とても真剣にスケッチブックに向かっている。楽しそう、と言うよりはとにかく真剣。
・工作、創作系も好き。折り紙も。ハサミ、糊をいじるのも楽しい。
・好きなことに関してはものすごい集中力だけれど、他のことに関しては結構根気がない。
例えば…ひらがなの練習とか自転車の練習とか。すぐにやめてしまう。
・上記につながることなんだけれど、上手く出来ないことがすごくイヤそうで辛そう。
・自分の話が相手に上手く伝わらない時に、すごくイライラして怒ることがある。
・幼稚園(今通っている私の実家傍の幼稚園。プロテスタント教会付属)が大好き。
朝は早起きで、『早く行こう』と何度も言う。
・たまに、『今日は疲れたから』と言って私が手伝うこともあるけれど
基本的にお風呂(シャワー)は一人で入る。
・週に一回、4冊本を借りていて、寝る前に私が一冊読むのを楽しみにしているみたい。
読んだ後は電気を消して、私が部屋を出ると5分もしないうちに寝ている。大体20時位。
・週に1~2回は、お風呂に入って夕飯になる前にソファーで寝てしまう。
・ジェアとの関係は一時期より良好。多分、ウリッセに少し体力がついてきていて
ジェアにやさしくする余裕が出てきたのだと思う。彼らの関係は今のところウリッセ次第。
・基本的にお友達と楽しく遊ぶタイプ…というよりかは、一人での空間とか時間を楽しむタイプ。
幼稚園でもそういう傾向があるみたい。ただ、特定のお友達(といっても小学生)とは
こちらが見ていて驚くくらいスキンシップもあったりはしゃいだりすることもある。
・ここ最近、また成長痛が出て来ているのか脚が痛いと訴えることがある。
夜も痛くて眼がさめることがあって、結構大きな声で騒いだりするので驚く。

思いつくのはこれくらい。
母としては、何事においてももうちょっと失敗することを恐れないで欲しいなと思うのだけれど
これって親の態度が大きく影響することだと思うから、それは私の態度に問題があるのかも。
というか、そもそも私がそうなの、かも。うーん。




P1040303
兄さんが幼稚園行っている間に
飾り付けを終わらせてしまいましょう…張り切るジェア。




P1040310
カードもちゃんとあるよ。
プレゼントもあるよ。(アマゾンさまさま)



P1040350
夜は手巻き。



P1040357
今年大当たりの水彩絵の具。
このバックもなかなかカワイイ。
使ってないけど…。



P1040359
今年のプレゼントの数々。
マグフォーマーは実はジェアの方がお気に入り。




P1040387
バーバをお迎えに羽田に来ました。



P1040395
夕暮れの空港、なかなかいいです。
この日は涼しかったな。
私長袖着たもの。



P1040423
ウリの描く絵はジェアも好き。
『ウリッセ上手ね~いいね~』とよく言う。
(口調が私にそっくり。)




P1040272
産まれて初めての流しそうめんも。
かなり楽しそうだった。



da_nori at 00:41|PermalinkComments(0) 息子【Ulisse】 

2013年08月29日

日本滞在3カ月経過

ぱったりと更新が止まってしまっているのでもう閉鎖したかと
思われているかもしれませんが…一応私の中では生きています、ブログ。
でもそれでも毎日訪れてくださる方がいらっしゃるの…ありがとうございます。

東京に戻ってきてから、もう明日で3カ月…3カ月って言ったら相当長い期間だけれど
子供達二人いるとまぁなんというか、3か月なんてあっという間です。
多分、私の両親からしてみたら『やっと3カ月…あと2カ月以上…』って感じかもしれないけれど。

ウリは今は夏休みとはいえ、結構幼稚園での夏期保育に参加しているので
半分以上は普段通りの日々を過ごしているかなという感じ。
この3カ月の間、熱を出すことも体調崩すこともなく、幼稚園に行きたくないと言うこともなく
本当に一日も休まず毎日幼稚園に通っているし、非常に楽しそうで私も嬉しい。
来週からまた2学期が始まって、ずーーーっと楽しみにしているお誕生日会もあるし
お芋掘りも、運動会もあったりして、たぶん彼の興奮状態は続くことだろうと思う。
今の口癖は、『うん、やっぱり夏はこれだなぁ』『知ってる?どうしてか。』

ジェアは小さい分、この3カ月での成長はものすごいです。
身体も、精神も、言葉も、ぐんぐんぐんぐん伸びていて、主人が会ったらきっと驚くと思う。
特に言葉…お喋り兄さんがいるのであまり目立たないけれど
でも実はぺらぺらふにゃふにゃ良く喋る。特にウリッセがいないときは
この時とばかりに一生懸命お喋りに必死。
今の口癖は『自分で~』『ホントに!』

兄弟仲も、一時期よりかは良くなった気がする。
なんていうかな、2人ともいつもお互いの存在を気にしていて
お互いのやること言うことを認めている、というか?
もちろん、2人(特にウリッセ)がそんなに疲れていなくて元気な時限定ですが。
そして、ウリッセがジェアに優しい時間が増えた気もします。
今朝はジェアの着替えを手伝ってあげてたり、今までそういうことはなかったので
あまりの可愛さに思わず母を呼んでしまった!でも、ウリ、恥ずかしかったのか
見られたらすぐにやめようとしたりして。いいことなのにね。

ここのところでちょっと私的にすごくラクになったなぁと思うのが
二人の寝かしつけをやめたこと。私は、とにかくこの寝かしつけだけは苦手で
(一緒に本を1冊読むところまでは大好きな時間なのだけど
そのあと寝るまで横にいる時間がイライライライラして辛かった…)
もう本読んで、電気消して『ハイおやすみ、また明日一緒に遊ぼうね』と部屋を出るだけで
よくなったし、これだったらうっかり一緒に寝ちゃうってこともないのでとっても嬉しい。
もっと早くこういうやり方に切り替えておくべきだった、というか、なんでしなかったんだろ?

ジジババみきつんに支えられ、心の広い主人にも遠くから見守られ
昔からの友達、それから大人になって母親となってからできた
地元や幼稚園のお母さん方、皆さんに助けられて
これから一年で一番最高の季節をここで迎えられることを心から感謝。
もう東京の夏も終わりに近く、これからもっと沢山色々できるかな。
楽しみです。

欲を言うなら…夜に女友達と外出したい…かな??
それはなかなかね。





P1020948
近所の小学校の運動会を見学。
『お~どこの女優さんかね』と言われ有頂天のジェア。
絶対意味わかってないけど。




P1020995
お台場のレゴランド。
子供たちも喜んでたけど…私が楽しかった。
いや~スゴイ。



P1030035
これはまだ本格的に暑くなる前だ。
基本成城女バスメンバー&そのファミリーでのピクニック。
こういう日が来るとは本当に誰が想像したでしょう。



P1030092
テニスにも顔を出します。




P1030118
相変わらず色々なところで
色々な形で寝てます。




P1030253
夏の男児の定番、カブトムシも育ててます。
卵たくさん産んでる…コワ。



P1030279
ひぃばぁのお墓参りにも行きました。
ジェアはひぃばぁのこと覚えてないけれど
ウリはまだよく覚えている。
このままそうであって欲しいと思う。



P1030433
夕食後の日課。
しかも、本当に食後すぐ。
やめてほしい。




P1030504
夏休み初日に行ってきた。
もちろん子供たちにとっては初だし
私にとってもホントーに久しぶり。
相当楽しかったらしく、未だに毎日なんかしら
『ディズニーランド』って言葉がウリから出てくる。



P1030603
テニスに行く時のお昼はマクドナルド。
ジェアはなんでも食べるけど
チーズバーガーは大好き!ってわけでもなかったみたい。




P1030647
スイミングにも通います。
検定、合格しました。



P1030703
ジェアとはたまに2人でお買い物に行ったり
ランチを外でしたりします。
あーーー女の子楽しい!と思う時の一つ。





P1030748
歯医者にも。
なぜか歯医者さんが大好きのウリッセ。
何がそんなに嬉しいのか?
終始ニコニコ。




P1030812
もちろんプールも。
意外や意外、ジェアが水が怖いようす。
去年は平気だったけど、今年は大きいプールで
一人で浮輪で浮いていられない。
成長した証か…。





P1030838
伊豆のガラス工房。
この中すっごい暑くってさすがに私も辛かったけれど
ウリッセは相当楽しかったらしく頑張りました。
ジェアは危ないのでバーバと外から見学。




P1030853
改めて思ったけれど、ウリッセって工作とか好き。
ものすごい集中力ですごく真剣。
そして、結構手先が器用な気がします。



P1030894
そして乳搾りも異常にウマい。
なぜ。




P1040076
なので折り紙も家でしょっちゅうやる。
たまに『子供と家にいられない。何をしてるの?』
と聞かれることがあるけれど、こんなことしてたり
それぞれ好きなことしてたりする。





P1040084
でもやっぱり幼稚園に行くのが好き。
お弁当を食べるのは誰よりも早いそうです。
噛んでるのかな…。



P1040096
初甚平!
なかなか渋くて私は気に行ってます。




P1040152
これは銀座三越。
都会の芝生もキレイ。
子供たち、大はしゃぎ。
イタリア帰ったらお庭を走り回りたいかもしれないけど
もう寒くてそれどころじゃないな…あぁ。




P1040188
子供がこういうの着てるのって本当にキュート。
ジェアは緊張気味。







da_nori at 13:40|PermalinkComments(2) 日本一時帰国 

2013年06月13日

東京到着後2週間経過

手軽なFBばかり利用してしまい、ブログの更新が滞っていますが
私と子供達二人、東京に到着してから明日で2週間になります。
ウリッセは到着後4日目から去年もお世話になった幼稚園に通い始め
毎日びっくりするくらい、とっても楽しそうに通園している。
この年頃の子供ってそう言う子多い気がするけれど、今まではすごく楽しそうなのに
『楽しかったね~』って言うと『楽しくなかった』と言ったり
『何した?』と聞いても『何にもしてない』と言ったりすること多かったけど
最近は、『あ~楽しかったっ!!』と言って幼稚園の話を自ら沢山する。
本当に幼稚園の先生方、お友達、そのお母様方、皆さんに感謝。

幼稚園の影響かどうかわからないけれど、まだたった2週間しか経過していないのに
イタリアにいた頃よりも家でも自分のことを自分でさっさとするようになった。
着替えとか片づけとかそういうこと。日本の幼稚園では朝幼稚園に着いてから
自分でやることが沢山あるし(例:靴を上履きに履き替えて靴をしまう、
お弁当を出してバックを自分のロッカーにしまう、タオルを自分のタオル掛けにかける
出席ノートにシールを貼る…等など)曜日によっては他にも色々あるし
別にそればっかりがいいことだとは思わないけれど、でもやっぱりこうやって
色々学べることはとても良いことだと思います。

ジェアは、と言えば到着3日目の6月1日で満2歳を迎えました。
相変わらず自由奔放で自己主張が強く、いい時はいいけれど
突然スイッチ入ってしまうとものすごい勢いで泣いて暴れて
もう私もどうすることもできなくて、手がつけられなくなることもある。
こう言う時の彼女を見ていると、『個性だな~』って心から思う。
日本へ出発する前くらいから言葉が一気に伸びて来ている時期と重なったこともあって
今は毎日何かしら新しい単語、言い回し、その場にあったタイミングでの発言も増えて
コミュニケーションもしっかり取れるし(もちろん荒れ荒れの時以外)
大変な時ももちろんあるけれど、私もとても楽しい。

私は、と言えば、毎日特に何をしているわけでもなく、活動範囲も未だ狭いし
ただ実家の家事をできる限り、と子育てしているだけなのだけれど
精神的にはとても元気だけれど、肉体が、非常に疲れます。
多分、自転車じゃないからかなり歩いていることもあるかな…歳かな…。
夜は大抵子供達を寝かしつけながら私も寝てしまい(イタリア生活では殆どなかった)
23時~1時位の間に起きてまた寝られなくなって…の悪循環。
日本のお母さんからしたら当り前だろうけど(最近はそうでもないかな)
幼稚園のお弁当もあるし、お迎えは14時だしなんか忙しない気もしないでもない。
でも、幼稚園の延長保育も利用しつつちょっと動いていきたいなと思ってるとこ。

今はまだ梅雨。梅雨が明けたら東京の夏本番。
暑くてぐったりだけれど、楽しいことも沢山あるし楽しみ。




P1020740
機内では、ウリッセに関してはもうまったく言うことなし。
4歳ともなれば立派な旅のパートナーです。
1歳だったジェアは…いやいやいやいや。
大変でした。



P1020746
着いてすぐは結構暑かった。
今は梅雨って感じで、気温も結構低い。



P1020772
ジェア2歳。おめでとう。
ウリの方がお誕生日当日は張り切っていたけど。



P1020829
毎朝リュック背負って、お弁当とタオル入れて
てくてく幼稚園まで歩いていきます。
30年間この街に住んでいたけれど
もちろんお店とか不便だし終電も早いけど
改めて、ここっていいところだなぁって毎朝思う。




P1020851
鬱陶しかった髪をさっぱりといきました。




P1020867
ジェアも前髪を初めて作った。
本人もご満悦。



P1020889
急な坂も結構あるし、子供の脚で歩いたら
それなりにちょっとある、池上本門寺。
学生時代からの親友とその娘たちとお散歩。
歩いた後のアイスクリームはオイシイ。



P1020911
彼女はもう小学校1年生。
普段は遠く離れていて帰国時しか会えないけど
(と言ってもきっと東京住んでたらもっと会わない)
結構気はあっているのだと思う。
妹たちがお昼寝中にゆっくりお絵描き。



P1020919
午前中数回公園にも行ったけれど、行き慣れてないから
かもしれないけど(イタリアでは家の庭で遊ぶから)
実は私近所の子供用公園に行くの楽しくない。
なので、行ってもすぐ帰ってきちゃう。
ジェアも比較的『もう帰るよ~』と言うと
ちゃちゃっと帰るのでその辺は好都合。



da_nori at 00:53|PermalinkComments(0) 日本一時帰国 

2013年05月24日

ウリ4歳8か月&ジェア1歳11カ月検診

来週半ばにはもう東京に行く。
『しばらくここを離れる前に、一度検診にいらっしゃい』と
小児科の先生がおっしゃってくれていたので昨日二人を連れて行って来た。
(よい先生に巡り会えてとてもラッキーです。)

【ウリッセ:4歳8カ月】 
体重16キロ、身長106センチ、BMI14.24

特に…何も、問題はナシ。順調。
もちろん先生は日本語のことはわからないけれど
イタリア語も年相応だと思う、とのこと。

久しぶりに、土ふまずの発達を見てもらい、それも問題なし。
脚の形も、順調だそう。日本人の血が入ってるからO脚ぎみ?と思ったけど
全然普通よ!って先生は言うけど…でもやっぱりこっちの子供はXの子の割合が高いと思う。


【ジェア:1歳11カ月】 
体重11.4キロ、身長83.5センチ、BMI16.35、頭囲48センチ

ジェアも、特に…何も、問題はナシ。順調。
乳歯はあと2本で完全に揃う。

検診の時、いつも結んでいる髪の毛がぐしゃぐしゃになってきてしまっていて
顔にちょっとかかってしまっていたのだけれど、『子供の髪が眼にかかるのはダメ!』
必ずしっかり留めておくか、前髪を短く切ること!と言われました。
わかってるよ~分かってるぅぅぅ、そして私もぱつんと切りたいけど怖くて切れない…。
なので、日本帰って落ちついたらなるべく早く美容院に連れて行こうと思う。

それから、オムツ。今のジェアの状況を話したら(お手洗いに座るけれど成功したことナシ)
『うーん、たぶんジェアはまだオムツが取れる準備ができてないのね』ということで
今のところは朝起きたらお手洗いに連れて行く、食事の後のタイミングで連れて行く
というのを繰り返すこと。ジェアはこちらの話の理解力は高いので
言葉でも誘導して心の準備をさせて、夏真っ盛り位から取れるようにしてみましょう、と。

もちろんジェアの心も体も準備できてないのかもしれないけど、でも、実は私も
まったく本格的に取り組めていなかった…(取り組んでいなかった)。それは
『恐らく近いうちにまた長時間飛行機乗るからヘタに取れるか取れないかみたいな
タイミングだと困る…オムツでいて欲しい』という親の都合もあってのこと。
ちょっと成功しちゃって、本人のプライド的に『もう絶対オムツはイヤ!!』っていうのに
なっちゃうと相当困るし…ジェアの場合そういうのがかなりありそうだったから。

と、言うわけでウリもジェアも問題なく、元気に日本でおじいちゃんおばあちゃんと
楽しんでらっしゃい!とのことでした。

今まで5年近く、この先生(多分40代半ば位の女性。)にお世話になってきているのだけれど
この先生、いっつも一人で全部やっていた。電話を受けるのから診察から記録を取るのも
診察台や器具の用意清掃全部!予算がないのかしら…誰か一人でもいいからアシスタントを
つけることはできないのか…そしたらそんなに待つこともなくなるのに、とずぅーーっと思ってたら
昨日、やっとそういう立場的な女性が一人入ってた!ちゃきちゃき仕事する感じの
とても気持ちのいい女性で、先生の口頭での診察結果を彼女がだだだだだーーっと
パソコンに入力してくれるので、もちろん診察自体も早く終わるし
前よりしっかり結果が書面で残っているので私も満足。

今までは先生が診て、パソコンに戻って入力して、また診て…ってやってたわけだし。
ただ…ただですね…このアシスタントの女性の服とか髪とかお化粧とかが…
一体どこをどうすればそうなるの?その髪にくっついてるのはどこで買うの?と問いたいくらい
相当ヘンで驚いた。まぁ別にちゃんと仕事をしてくれているのでいいのだけれど
(見た目ばっかりご立派でぜーんぜん仕事しない人も沢山いるわけだしここには。)
ウリも驚いたみたいでじーっと見ていた。いやぁあれは見たくもなる。
出発前に、一度こちらで歯医者にも連れて行こうと思っていたけれど、そんなこと思ってるうちに
時間もなくなって行けなくなってしまった。これはまた東京で行きましょう。

出発まであともう5日。明日はウリの幼稚園の年度末のフェスタもある。
あとは子供達の体調、私の体調を整えておかねば。
ウリが数日前からちょっと咳をしているのが気になるけれど…でもこの暑くなったり寒くなったり
日差しは強いのに気温は低かったりだとか、この天気で体調管理は難しいな…。
幼稚園でも風邪流行ってるみたいだし。道中、ウリの心配は一切してないのだけれど
とにかく今の頑固ジェアがどうでるかが問題。荒れないといいけど。
そして飛行機が空いているといいのだけど。




P1020667
足の裏。
やっぱり多少O脚に見える。



P1020598
自作凧。
イマイチ楽しくなさそう。



P1020644
滑る前に肩もちょっと慣らしておきます。



P1020641
腕の力も多少鍛えておいてから。
むき。



P1020638
ずずずーっと滑ります。



P1020671
今年もサクランボ収穫。
ウリッセ大満足。



P1020674
ジェアの手が届くところの実は
まだ白いのが多いです。



P1020677
ジェアは食べ物を眼の前にすると真剣です。



da_nori at 08:31|PermalinkComments(1) 息子【Ulisse】 | 娘【GEA】

2013年05月18日

ジェアの頭と私の顎と、そしてウリ

今日、お風呂上がりのジェアの髪を乾かしている時に
ジェアが下を向いていて、私が上からドライヤーをあてている状態で
ジェアが突然立ち上がったのか頭を上げただけなのかどうかも良く分からないけれど
とにかく突然すごいスピードでジェアの頭が真下から私の下顎に直撃したのです。

『ただ1歳児の頭が顎に当たっただけでしょ』と思われるかもしれませんが
油断している状態で、動きの速いジェアの頭蓋骨が下顎に直撃したら結構痛い。
でも、私の場合本当に痛いのは実際にぶつかったその下顎ではなく、左顎。
私は小学生の頃から顎関節症を持っています。

普段はもう日常生活に支障をきたすことはないけれど、数年に一回は
数週間~数カ月のスパンで痛みがあったり口があまり開かなくなる状態になったり。
今でもあんまり大きく口を開けると、『がっくん』と音がして鈍痛がする。
あまり大きさのある噛みしめなければいけないような食品は厳しい。(ぶつ切りタコとか?)
でもこの顎関節症とももう25年くらいの付き合いになるので、なんていうのだろう
普段から食事の際にはそれなりに注意を払いつつ咀嚼しているし
何かハードルの高そうな食べ物を食べる時にはかなり注意してる。

そんな状態のところに、なんの心構えもなくジェア頭突撃だったので左顎に激痛が。
と、ともにもちろん暫く口が全然開かなくて=喋ることもできないので
私はただひたすら左顎を押さえて痛みが去るのをじっと待つしかなかった。

そしたら、さすがにジェアは私の様子がいつもと違う、これはマズイと思ったのか
『ママごめんねぇ、ママごめんねぇ、いたい?いたい?ごめんねぇ』と言って
(あのちょっとハスキーな鼻声で)私の横にすり寄って顔を覗き込んでくる。
その時、ウリがどうしていたのかは見てない…痛くて顔あげられなかったから。
ちょっと暫く固まっていて、ちょっと痛みが去ってからジェアに
『いいよ、わざとじゃないから、大丈夫。ただ、周りに人がいる時は
もうちょっと注意して動こうね』と言ったら『はぁーい、ごめんね』と。

かなり痛くてまた数週間とか口が開かなくなるんじゃないかと思ったけれど
そこまでひどくはならなさそうな感じ…今も違和感は残っているけれど。
でも、今回のことで、普段は『のぉー!のぉー!』と言って反抗期まっただ中の
ジェアも、ここぞと言った時にはちゃんと状況を見て空気を読むことができるのだと
再確認できたから、よかった。かな。うん、たぶんよかった。

で、ちょっと反省してしおらしいところを見せたジェアも、暫くしたらいつも通り
『のぉー!ジェアー!!みおーー!!のぉーー!!』と何かするたび何かあるたびに
大騒ぎで私はちょっと苦笑い。そして、夕飯の頃からは結構ジェアに手がかかって
やっと(って言っても19時半)二人の寝る準備が完了してベッドに連れて行って
本一冊読んで、ジェアとちょっと話をしてたら(『ジェアさぁ、ちょっとくらいイヤだとか
言ってもいいけどさ、でもやらなくちゃいけないことはやらなくちゃいけないんだし
ある程度のところでちゃんとしようよ』とかそういう話。)横からウリが

『ママ、ウリのことも見て』と、言った。わぉ。
『ママはウリのこともちゃんと見てるよ?そう言う風に感じない?』と聞いたら
『感じるけど…ちょっとだけそう思っちゃったんだもん』と。
結構ウリも敏感で繊細だということを、ぎゃぁぎゃぁジェアに気を取られて
うっかり失念してしまっていました。すまんすまんです。

『明日は幼稚園もないし、パパもいないから、一緒に沢山遊ぼう』と言ったら
『うん、ママ好きだよ、おやすみ。』と言って、すぐに寝た。(←相変わらず平日は疲れてる)
もしかしたら、これくらいの歳で下の子が産まれたりした方が大変なのかもな、と思った。

でも、そう言う風に素直に口にできるってところはまぁ信頼関係築けてるってことかな
とか、自分の都合のいいように解釈して、もう一度気持ちを切り替えてやっていきます。




P1020521
ノンノが買ってくれた上下セット。
お友達から『カワイイ』と好評だったそうです。




P1020524
ジェアはひたすらお絵描きが好き。
このペンはお洗濯であっという間に消えるので
なかなかの優れもの。




P1020539
パンが好き。



P1020559
初めて消防車に乗せてもらいました。



P1020570
お気に入りのスタイル。
リュック&水中メガネ。



P1020590
男子たちはテレビに夢中。
ジェアは筋トレ。



da_nori at 07:00|PermalinkComments(3) 妊娠出産育児全般 

2013年05月06日

ジェアのいやいや

経験はないけど、色んなところの情報から、この年頃の子供って
自分ではできないくせになんでも自分でやりたがる、とか
なんでも『いやいやいやいや』とかそういうのがあるってことは
私は知識としては持っているから、ジェアの猛烈で激烈な反抗とか
『絶対ヤダ!やだやだやだ』とかさすがにいらっとすることはあるけど
まぁ理解はできる。ってか実際そうなんだから仕方ない。

けど、主人にはそんな知識もないし彼の中の唯一の知識はウリだし
ウリにはそういうことがなかったから(ジェア誕生後の
赤ちゃん返りっぽいのではあったけど)彼は非常に辛いみたい。
ジェアに対して怒ったりと言うより、辛そう…。
『ボク達のやり方が間違っているのではないか』とかまた考えちゃってる。
いやいや、そんなもんでしょ2歳くらいって…とは、思えないみたい。

でもちょっとジェアかなりすごいけど…気をそらせたり、とかムード変えたり
とかも非常に困難でたまにもう笑っちゃうくらいに頑固で意固地。
どんなことをすると私達がいらっとするか、知り尽くしているかのようです。

もちろん、ほとんどは持って生まれた性格の違いなんだろうけれど
私がなんとなく感じるのは、ウリは今のジェア位の時って
もうかなり自分の伝えたいことが言葉で(主に日本語で)表現できてたから
それもあるんだろうな、ってこと。だからまぁ今でも私はジェアの言いたいこと
大抵はわかるけれど(主人は相変わらずわからない…笑)これがもうちょっとして
彼女自身の口で、言葉で伝えられるようになったら劇的に変わるんじゃないかなぁ…と。
まぁ、思っていると言うよりかは、期待しているといったところなんだけど。

それにしても、ジェアの自己主張は本当にスゴくて、驚きです。
身振り手振りとか、顔の表情とかも、なんか、『あぁこれってイタリア人ぽい』
って、思うことが多々ある。うーむ。



P1020337
主人がウリに自転車買った。
こういう一色のを見つけるのは
実はイタリアでは結構困難。




P1020357
Cesenaticoに行った。
太陽は熱いけど
風は冷たくて
不思議な天気。




P1020367
主人は海に行くとなんかテンションが変わる。
イタリア人的。



P1020376
主人セレクトの夏バージョンジェア。
スカートは、ちゃんと中に
ブルマ(?!)的なものが内蔵されてる。




P1020381
これは私セレクトの夏バージョンジェア。
カワイイじゃないのよ。



P1020428
ウリは『ジェアちゃんすごい!』と大喜び。



P1020466
未だに、こういうことがあります。
幼稚園は本当に疲れるらしい。




P1020470
二人のゴーカートがわり。
ウリは結構うまく運転するのでびっくり。





P1020512
こどもの日はお外でお弁当。



da_nori at 18:55|PermalinkComments(2) 娘【GEA】 

2013年04月28日

ここ1カ月くらいの全然楽しくない話

多分、ことの始まりは1ヵ月くらい前かな…ちょっとだけ喉が痛いなって思った。
もちろん、その時は100人中100人がそう思うように、ちょっと風邪気味かな、と。
主人も風邪ひいてたし、うつったかな、と。

でも暫くたっても全然治る気配なし。というか、喉が痛いと思っていたけど
冷静によーく考えて感じてみたら、喉が痛いわけではなく、ただ異物感がある感じ。
常に何かが詰まっている感じがあって、その場所は喉と言うかもっと奥。下の方。
首の内部って感じ…喉が痛い時はもっと浅いところが痛いはず。

だんだんこの異物感が大きくなってくるとともに、常に猛烈に喉も乾き始めた。
これも、最初は鼻のアレルギーの薬を飲んでいたからそのせいだと思っていたけれど
飲まなくなってからも喉の渇きは治まらないし、その上いくらお茶やらお水やら
飲んでもこの喉の渇きは改善されることもなく、ただお手洗いが近くなるだけ。
喉に何かが使えているこの感じは、一日の中でも良くなったりひどくなったりで
良い時はまぁたいして気にならないけれど、ひどい時は呼吸するのも躊躇われる感じ。
食事をしている時は問題ないけれど、唾を飲んだりした時にはなんて言うんだろう
分厚い紙みたいなもので喉の奥を引っ掻かれるような(分かりづらい…?)
すごくイヤな感じがする。大体、午前中よりも夕方や夜の方が症状は出てくる。

別に痛いわけでもないし、日常生活に支障はないので暫く放置していたけれど
さすがにしつこいし気持ちが悪いので主人にこのことを話したら
『ものすごく典型的なストレス症状でしょ。僕はそういうのはなったことないけど』と。
え?そうなの…?と思って、ちょっとネットで検索してみたら、『ヒステリー球』とか
『咽喉頭異常感症 』とかっていうのが出て来て、まったく私の感じている症状と同じ。
同じ過ぎてびっくり…で、やっぱりストレスとかからきているとか、書いてある。

私はなんでもかんでもストレスのせいにするのは好きじゃないのに。
それに、ここのところの私の生活状況や精神状態を考えると
結婚してからここに住み始めた期間の中ではかなりいい状態だと
自己分析できるのだけれどな…もちろん、すごく前向きのいい状態って訳じゃなくて
イヤなこととかを回避する術もずいぶん学んだし、諦めることもできるようになって
何事も期待せずに、ちょっと感覚を鈍らせて毎日過ごしているだけだけど。
でももしかしたらこういう生活態度がまたストレスなのかもしれないし…。
もうなんだか良く分からなくなってきた。

もし、夏に東京に帰る時にまだこの症状が続いていたら
さすがに病院に行こうと思う。もしかしたら他の病気かもしれないし?
主人は『きっと日本行きのチケット取ったら治るんじゃない』って言うけど。
でもやっぱりかなり不快なので、早く治って欲しいな…。



da_nori at 08:50|PermalinkComments(10) 雑記 

2013年04月24日

アイスクリームの車

数日前だったか、ウリが『ママ、ジェラートの車描いて』と言ってきた。
ジェラートの車って何だ?ジェラート販売車?そんなん見たことあったっけ?と思って
『あの、代官山のコーヒーを売ってる車みたいな?あぁいうので
ジェラート売ってる車ってこと?』と聞いたら、『違うよ!こうでこうで…』と
説明されたら、どうもあのソフトクリームとかが出てくる、あの機械のこと言ってるみたい。
そこで、やっと『あぁ!機械って言いたかったんだ…』と私は気付いた。

イタリア語では、『車』も『機械』も、macchina(マッキナ)と言うのです。
なので、きっとウリッセはmacchina→機械、と流れず
macchina→車、と頭の中で流れてそう言ったのでしょう。

考えてみたらものすごくありがちな間違いなのだけれど
ウリッセがこういうのは初めてだったので気付くのに時間がかかったのと
それと同時にちょっとびっくりしました。
そして、その翌日にはシャワーのお湯を出したら

『この水、寒過ぎる!』と、言ったのです。ほぇ~。
(もっと突き詰めて言うならば、ここは『お水』ではなく『お湯』と
言うべきかもしれないけれど、ウリは本当に『水』と言った方がいいくらい
冷たい水でシャワーするんです…私はあの温度はちょっと無理だわ。)

これも、英語が母国語の外国人が日本語を学ぶ時によくやる間違いだと聞くけれど
イタリア語も英語と同様、『冷たい』も『寒い』同じfreddoで表現することができる。
元々別の言語が母国語で、後から日本語を勉強した人がこういう間違いをするのは
よくあることだろうなと容易に想像できるけれど、日本語もイタリア語も
同じペースで習得してきた子供が、ある日突然こういうことを言うという
ことがあるのだとは思ってなかったのでちょっとなんというか、ショックはショックだった。
ウリの脳内がイタリア語にシフトしてきているってこと、なのかな…。

その時に、『水は、寒くはないでしょう?』と言ったら
『あ、間違えた間違えた!水が冷たくって、ウリが寒いの。』と。
もちろん分かってはいるけど何気に出ちゃうんだね。
度々直していくしか、ないのかな。
これから増えるだろうな、母、本気の根気でいきます。




P1020283
おにぎり…涙。




P1020296
私に乗れ、と言うのだが。
乗ったらツマラナイでしょう。



P1020308
今日のランチからお箸で。
イマイチ食が進みません。




da_nori at 21:35|PermalinkComments(2)

2013年04月22日

私は全然まったく気にならないけれど

結構前のことなんだけれど、家の裏の山(家の敷地内ではない)
まぁ距離は結構あるけど、そこに携帯電話の基地局が立ったのです。


P1020285
見えんね。



P1020286
見えた?


良く分かんないんだけれど、複数の事業者が共有してるモノ?らしくて
私達がいつだったか日本にいっている間にあっという間にできていた。

私的にははっきり言ってぜーんぜん気にならない。
そりゃ、こういうのが平地にどっかーんと立ったら気になるっちゃなるけれど
こんな風に同じような高さの木と並んでいるし、そもそも
必要なものなのだから、どこかには立てなきゃいけないんだし
そんなん仕方ないんじゃない?と、思うわけです。

でも、主人は違います。もともと外観が気になるタイプの人なので
自分の愛する家の、せっかくの美しい景色がこの建設物のせいで台無しだと
なんか憤慨しているの…なにもここじゃなくてもいいじゃないかっ!とか。
別にそうでもないと思うけど…それに、家の敷地じゃないわけだし。

気のせいかもしれないけど、この基地局が立ったせいか(気のせい…?)
ネットが以前より格段に安定しているしそっちの方が全然いいんじゃなーいと
私が言っていたら、なんかさすがの主人もいらっとしたみたいで
『あんなに電柱がぼこぼこ立っていても、電線がぶらぶらしていても
なんとも感じない国の人間には僕らの気持ちなんてわからん』と言われた。
イヤ、私だってあの電柱は美しくないなぁとは思うけど…
でもあれも含めてなんか東京の住宅地の風景なわけで…
その風情がわからんかなぁ。わからんか。

でもさ、ふと思ったんだけれど、もしこれが家の敷地内に
設置されていたとしたら事業者から結構な地代が入ったんじゃないの…?
うわーんなんで家に打診してくれなかったんだろ。
こんなに沢山(私に言わせれば)余ってる土地あるのに…。
そういう問題じゃないか。というか、主人絶対うんとは言わないね。



P1020275
僕たちにはようわからんです。



da_nori at 22:06|PermalinkComments(2) 雑記