2007年06月

2007年06月30日

女性陣対象

日本の同世代がどうだかあまり気にしたことはないけれど
こちらではどーもTバックが主流のようだ。やはりラテン。
街でじぃぃぃーっと観察してもみんなそうだし(たぶん・・)
お店でブツを見てもやっぱりほとんどそっちのセクシー系。
じゃなければ、突然子供パンツかオバちゃんパンツ。

でも、彼が買ってくれる下着ももちろんTバックなわけ。
(下着をプレゼントするあたり外人クサイ。)
ずーっとクローゼットにしまいっぱなしだったのだけれど
この間ロングドレスを着たときにせっかくだからはいてみただよ。

スカートの時にはいたって意味ないか?と思ったが
ぴたぴたドレスだったし、パンツでTバック履くほどプリ尻じゃないし。
こんなん10代の頃以来だからね・・・あぁ不安。

やはり、一日中、落ち着かなかっただよ。
こぅ・・・なんていうか・・・とにかくむずむずだよ!
やっぱり日本のパンツがいいだよ。
ローライズのやつ。長方形っぽいのが好きだ。(←わかる?)

日本の女性にとってTバックって一般的なの?
みんなはいてるの?会社でもあんな格好して下はTバックなん?
今度日本に帰った時、フツーにかわいいのを買うぞ。




4c7f3b94.jpg


道端で微笑むマリア。怖い。


at 03:27|PermalinkComments(4) イタリア生活 

2007年06月29日

無駄無駄無駄

どんなにメンドクサイことだって、必要であれば頑張る。
逆に言えば、必要性が感じられないこと
些細なことであったってやりたくはない。
だから、必要性も感じられず、メンドクサイことなんて
ナニがナンでもやりたくない。

なのに。今、私を悩ますもの・・・それはアイロンがけ。
もともとアイロンかけなんて大嫌い。つまんないし不快。
私としては、しわしわだと見てくれが悪いものにのみ
アイロンをかけるものだと言う理解でいたのだけれど。
ブラウス、シャツ、ハンカチ・・・せいぜいそんなもん。
(そもそもブラウスなんてめったに着ないしハンカチも
持ってなかった・・・だってどこにでもハンドタオルがあるし!)

なのに。このお国では、何でもかんでもアイロン。
個人差(家庭差)はあるのかもしれないけれど
私の調査によればどぅぅ考えてもアイロンの出番は多い。
どーも私の常識は通用しないようです。

下着、靴下、ジーンズに至るまで身につけるものはもちろん全て。
靴下パンツにアイロンかける意味がわからんし
ジーンズに至ってはアイロンなんてかけないほうがいい。

食器用フキンなんてすぐぐしゃぐしゃになるのにな・・・。。
タオルは洗い立ての感じがいいのにな・・・。
畑で働く時のTシャツがプレスされてなきゃいけない理由は?
私には全てがナゾです・・・時間の無駄。

私が何よりもいやなのは、ベッド関係のモノ。
枕カバー、ボックスシーツ、フラットシーツ、ベッドカバー・・・やってられん。
キングサイズだよ!!どう頑張っても土足使用の床につく。
最初にかけたところはアイロン終わった頃にしわしわになってるし。
しかも、今毎日35℃超えてて冷房もないからアツイ。
スチーム使ってるからまるでサウナ。あちぃぃ。

私がアイロンかけしてたら彼がやってきて一言。

「うわぁ8月の東京みたいだねー。ホームシックにならないね。」

全然面白くもなんともないし。
蹴っ飛ばしてやったわ。



43982a94.jpg


ザ・夏の空だね。


at 23:23|PermalinkComments(7) イタリア生活 

2007年06月28日

変わった人

彼の知人の奥さん。かなり、太ってる。
多分いい人だし、働き者だし、一見元気だからいいんだけど
彼女と食事をするのがちょっと苦痛です。

多分、あぁいうのを摂食障害というのだと思う。
とにかく、肉!肉!!肉!!!すごい勢いで食らいつく。
私の食べる5倍くらいの量の食料を私より早く平らげる。
骨付き肉を手でつかんで口の周り脂だらけにしながら
食べている様子は、私にはもはや人間には見えない。

お行儀が悪いとかそういうレベルを超越していて
一緒に食卓を囲むのが私には苦痛。
見ていて気持ち悪くなるし哀しくなってしまう。

「彼女、Eating Disorderだよね・・・?」と彼に言ってみたら
「どうだろう。心臓が悪いんだよ。」という。
えぇ・・そうなの・・・?

私が気になるのは、彼女に6歳になる娘がいるということ。
今のところ、娘は普通の体に見えるし元気そうだけど
娘が母親から受ける影響ってかなり大きいでしょ。
母親があぁいう摂食をしていたら娘はどうなるだろう。
反面教師・・になればいいんだけれどな。



a1eaeea1.gif


のぶこが教えてくれた脳内テストってのをやってみた。

これって、文明人としては結構末期では・・・?

なんかイタリアには適した脳になってきている気がするけど。


at 23:09|PermalinkComments(3) イタリア生活 

2007年06月27日

懐かしいや

のりは学校でどんな授業があったの?
どんなイベントがあるの?と聞かれ
一生懸命思い出して話していたら
なんて日本の学生って忙しいんだろう!!って思った。
社会人になったら「学生の頃は時間あったよねぇ」
って思うんだけどさ。でも、結構イベント目白押しよね。

遠足、修学旅行、海の学校、山の学校、スキー学校
合唱コンクール、文化祭、体育祭、校内大会、課外授業
ダンス発表会、強歩大会・・・
懐かしいね。

んで、日本人ってまじめなもんだから準備とか練習とか
ものすごい時間と労力をかけてやるわけだし。
これに加えてほとんど毎日のように部活があって
夏休みも部活でいつも学校にいたし。

彼が一番興味を示したのは、色んな選択授業
私は第一希望のパン教室も第二希望のギター教室も落ちて
まぁーーったく希望もしていないクラリネット教室だったけど。
ホントーにつまらなくて駅前のドトールでコーヒー飲んでたりしたもんだ。
ついでにミラノサンドAも食べてた。ぎりぎり単位はもらったけど。

あとは、家庭科の調理実習にも興味を示した彼。
確かに、海外にはないかもねー。これは面白いかも。
ま、基本的にこんなものは学校ではなく各家庭でやるもんだと思うけど。

途中から、男→技術 女→家庭科 に分かれるときに
はどうしても技術が取りたくて先生に直談判したけどダメだった。
今も、こうやって分かれるのかなぁ、選べればいいのにさ。
だって、使いもしない手袋編むより(毛糸の手袋って!!誰がするっ?!)
椅子とかポストとか懐中電灯とか作る方が絶対に面白いハズ。

「のりは幸せな学生時代を送ったんだね・・・」
なぜか遠い目をする彼。かわいそうに。
「ボクも日本で教育を受けられればよかったな」と。
いやぁぁムリじゃない?
あぁいうふうに時間で区切られた生活、できるかな?

って、思ったけど・・・軍隊行ってるんだった・・・できるかも。



30c82cd6.jpg


単線。



959f01b3.jpg


ちょっと雲が変な感じ。キレイでしょ。





at 22:32|PermalinkComments(0) 雑記 

2007年06月26日

そういう言い方もできますが

前に山手線の中で見た、子供向けの
塾の広告かなんかだったと思うのだけどね。
国別、家庭での学習時間の統計が書いてあった。
まぁ、どぅやってとった統計か怪しいもんだけどさ。

なんと、一位はダントツでイタリアだった。
(何時間かは、忘れた。)
うそだぁーなんで?って思っていたのだけれど
なんとなく理由がわかった気がする。

昼過ぎにみんな子供たちがぞろぞろ歩いているのは
何でなんだろう?ランチ?と今まで思っていたのだけれど。
イタリアの学校って、基本的に午前中だけなんだって。
んで、別にクラブ活動みたいなのもないしイベントも少ないから
子供たちが学校に拘束される時間がとても少なく
その分かなりの量の宿題が毎日でるらしい。ふぅぅぅん。
(イタリア人の言うかなりの量、ってのが
どれくらいなのかは怪しいもんだと私は思っている。)

なんか、それって・・・家庭での学習時間っていうかさぁ・・・。
学校でやらない分、家でやるしかないってだけじゃないの。

ってか、イタリアの先生って暇なんじゃないか?と思った。
授業時間も少なく、部活もなく、イベントも少なく
夏休みはイジョーに長い。まぁ、色々お勉強があるのでしょうが。

日本で「ゆとり教育」どうこうで、土曜日も授業やったほうがいい!とか
なんだかんだと議論されているどころの話じゃないなと思った。
どーなんだろうね。



261c11ab.jpg


おととい行った結婚式のウェディングケーキ。

お料理は美味しくなかったけどケーキは美味しかった。

生の花がぶすぶす刺さってる。オレンジの花は何でも好き。


at 21:27|PermalinkComments(0) イタリア生活