2007年10月

2007年10月31日

夢見心地よ

今日は私の誕生日。31日に31歳だ。
日本からも、ホントに沢山メッセージを頂きました。
みんなアリガトウ・・・。うっかり涙腺がゆるんだよ。
彼が、『今日はのりの行きたいところに行こう!』と言ってくれたので
前から行きたかったFerrari Museumに行ってきた。



a2700b94.jpg





f00cba14.jpg



マラネッロという、ちぃこい街にFerrari本社とMuseumがある。
それだけで潤っている街なんだろうな・・・絶対。
お昼休みには、フェラーリジャンパー(?)着た人だらけ。




bcc27161.jpg


F2004





b526c29e.jpg


Ferrari 125S 1947







aeb41c9f.jpg


Ferrari 599 GTB

Fiorano 2006




8d811293.jpg


ブルーのラインがきれい。





288f2f73.jpg


本物いらないから(あっても乗れないし似合わないし。)

これ、ほしいな。




88a2c100.jpg


Engine 047

1998 F1ワールドチャンピオンシップ。





73e16503.jpg


360 Barchetta(シングルモデル)

ジャンニ・アニェッリ(フィアット元名誉会長)から

ルカ・モンテゼーモロ(元フィアット会長)への

ウェディングギフトだって。ちなみに、彼は

『抱かれたい男』ランキング常に上位らしい。ふーん。

そりゃフィアット会長ですしな。




ここはローマか?!ってくらい、いろんな国の人がいた。
エミリアロマーニャ州で、こんなに外国人がいるのはここくらいかもよ?
あと、イタリア人学生が学校の社会科見学でたくさん来てた。
私も子供のころここに社会科見学きたかったな。
日産と第一パンだったけど・・・面白かったけどね。

いやーすごいだよ、車が好きじゃない人でも
Ferrari興味ない人でも楽しめる場所だと思うよ。
Museumの中にオレンジの香りがしていてね、いい感じだし。
好きな人には鳥肌がたつ、オタクっぽい人沢山でそれもおもろい。

朝はこれでもかってくらいくらーくて雨も降ってたけど
晴れ女の私・・・ドライブ中にはだんだん晴れてきて
Museumを出た頃にはすっごいいい天気になってた。
なかなか、よいお誕生日でした。フィリッポ、ありがとう。
今年ももっとがんばろう。




12b276c8.jpg


帰り道、ご近所さんの家の前。

本当に真っ暗闇の中に置いてあるから

ちょっと、怖い。でも、上手


みんなはどんなハロウィンだったでしょか?


at 07:25|PermalinkComments(9) イタリア生活 

2007年10月30日

やーりすっ!!

私はラジオが嫌いなん。
一方的に話されるのもいやだし
突然広告が入って叫んだりされるもの嫌。
特に、イタリアのラジオは日本のラジオより
声も大きいし宣伝の発狂度が高くて嫌だ。
(言ってることがよく分からないのはいいが。)

『ト・ヨ・タ ヤーリス!!!』 とか。
     ↑
日本で言う、ビッツのこと。
ヤリスってなんだ?
そんなに叫ばないでも聞こえてるってば、と言いたい。

彼はラジオ好き(政治討論チャンネルみたいなの)
彼がいる時はいつも我慢しているが
いなくなるとすぐにi-podをつないで音楽を聴く。

なのにー!なんか、ONにならないーー!!私のi-pod!!
日本語で、『うんともすんとも言わない』って
表現があるけどまさにこんな感じ。
エーン・・・どうしよ。CDなんて一枚も持ってきてないし。
悩みに悩んだ誕生日プレゼント、i-podにすればよかった。



bb0004de.jpg


ハロウィーンですが。

どーも、イタリアはハロウィンは盛り上がらないようです。

Salemは人がいっぱいいるんだろうなー。





b6a83999.jpg


ハロウィンといえば私の誕生日でござる。

一足早いが、彼イトコ夫妻からプレゼント。

分かってるね・・・私の好みを。

ジャラジャラ。かわいいよー。

この重みがたまらん。腕は重くなくてはならない。





6ceebd88.jpg


彼からのプレゼント第一弾。

黒のぺったんこブーツを持っていなかったからね。

日本じゃぺったんこの靴なんて履いたことなかった。

なんか、こう見ると完全長靴だけど、後ろがカワイイのだ。

やっぱり、Sergio Rossiが足の形に合うみたい。

あと、POMPILIとMINAも好きなのだが。

日本じゃごろごろ売ってるのにイタリアで見つからない・・・なぜ?





at 23:08|PermalinkComments(6) イタリア生活 

2007年10月29日

表舞台

ふと気づいてみたら友達がどんどんお母さんになっている。
スゴイ。本気でスゴイ。もうそれ以外言葉が見つからない。

まだ子持ちの友達が少なかった頃、海外に住む親友が出産した。
本当に勝手なイメージだけれど、彼女は子供を産むとしても
もっと後だと思っていたので当時はそれこそおったまげたもんだ。

で、興味津々で聞いてみたわけです。
『お母さんになるってどんな感じ?』と。
今更ながら、さえない質問だなーと思うけど。

彼女はこう言いました。

『人生の表舞台から降りた感じ。』

それを聞いたとき、『私は舞台から一生降りたくないよ!』
なんでそんなこと言うのだよ!そんなこと言うなよ!と思った。実は。

でも、これは完全な偏見かもしれないけれど
日本で子育てをするお母さんはどうも自由じゃないように見える。
ここで、お母さんたちをたくさん見て、特にそう思うようになった。
『小さい子供がいる』ってことが、過剰にいろんなことに対しての
障害にも足かせにもそして使いようによっては
便利な言い訳にもなってる気がする。
いや、もちろん、子供が何よりも大切で貴重なのはわかるけど
母親本人がそれが幸せで望む形であればいいのだけれど。

そして、周りもそのことに対して過剰反応しすぎなのかも。
まぁ、何よりも過剰反応していたのは私だけれど。
ま、なーんも分からん女のタワゴトだわさ。




【紅葉】



7c12e034.jpg


サマータイムも終わったし気持ち的には完全に冬だけど。

これは、近所のなんとかさんのヴィラ。

おっきぃよねーすごいよねー。

家が見えんよ。





da9d5e3e.jpg


不法侵入して撮ったった。





c5f73701.jpg


近所の道。

黄色い車がかわいい。





6896b1ea.jpg


義理両親家。

奥に見えるのは街のお城。





28f98322.jpg


義理両親家壁一部。




c09779d5.jpg


最後に、我家。

ネイチャー!








at 23:05|PermalinkComments(2) 雑記 

2007年10月28日

実家暮らし一人暮らし

多分、昔読んだ男性向け雑誌だったと思うんだけど。
実家暮らし/一人暮らし別、誘われた場合の
女性の反応について書いてあった。

要は。
実家暮らしの女性は、当然家に帰れば美味しいご飯が用意されてて
家族もいる訳で、魅力のある誘いじゃなければ乗ってこない。
それに反し、一人暮らしの女性は家に帰って一人でご飯も寂しいし
奢ってくれるんだったら大して興味のない男性でも来る確立高し。


・実家暮らしの女性が誘いを受けたら好感度高しと思え。
・一人暮らしの女性が誘いを受けたからといって調子に乗るな。


・実家暮らしの女性に断られたからといって簡単に諦めるな。
・一人暮らしの女性に断られたら、相当脈なし。

なかなか面白いとは思ったが、読んだ当時は
そんなもんかのぅ・・・そんなに簡単なもんかのぅ・・・
と感じたのを覚えている。

東京では、生まれてからずっと実家暮らし。
アメリカでも、ずっと寮暮らしでいつも人がたくさんいた。
結婚しても、昼も夜もウチでご飯食べるときは彼と一緒。
昨晩、彼が仕事で帰りが遅かったので一人でご飯を食べたら。

なんて寂しいの・・・ぜんっぜん美味しくなかった。
とりあえず、おなかが満たされればいいだけ。
『食べないと体に悪いから食べてる』だけ。義務。
慣れてないだけだろうけど。

いやぁ・・毎日こんな風にひとりでご飯食べるんだったら
一緒にいてイヤじゃない人の誘いだったら
どんどこ受けるだろうなと思った。
あの考察も、案外間違っていないと思う。





7761f950.jpg


今日はパパのお誕生日。

親戚がたくさん集まってみんなでご飯。

いつものことだけど。






d33b17e5.jpg


パパはいつも本を読んでいるので

私からは本をプレゼント。






d6cfce54.jpg


なぜか子供たちに人気の私。

(多分、大人の中で一番若いから?)

『これやってー』『馬描いてー』と結構シツコイ。

これも、やらされたんだけど。最初は。




fa6797b7.jpg


これこれ。結構ハマル。

なのに!!この、ブルーの棒が少ないんだってばー。

もっとあれば永遠に巨大なのを作り続けられるのに。





at 01:35|PermalinkComments(2) 雑記 

2007年10月27日

日本製だぞ!

もういい加減寒いので、最近本気の冬コートを着ている。
久しぶりに、ダウンを着たら、右ポッケからリップクリームが。
久しぶりに、革コートを着たら、また右ポッケからリップクリーム。
両方とも、日本製・・・しかも私が買ったっぽくない。
(私はチューブ式タイプ愛用。出てきたのはスティックタイプ)
使いかけだし・・・なんだっけ・・・と思ったら。


あ!みきつんだ!


みきつんが、4月に来た時に、『さみぃさみぃ』言うので
オイラのコートを出してきて貸してあげたのだった。
みきつんは、見た目と違い結構ずぼら
いろんなものをいろんなところにバラバラ入れるのだ。

日本のリップクリーム・・・嬉しいな。
妹の使いかけリップを大切に使う姉。




de9e3b04.jpg


最近食べ物ばっかり。食べてばっかり。

だって寒いし天気悪いし外が楽しくないんだもん。

深夜にお腹がすいてしまった彼にお夜食。

みのりに東京土産で貰ったヒジキ・・・なくなっちゃった。


at 22:58|PermalinkComments(2) イタリア生活