2008年07月

2008年07月31日

ロングバケーション

先週末に友達夫婦と話していたら、来週からバカンス
アメリカに行くという。(この時期、イタリア人この話ばかり。)
どこに行くの?と聞いたら



『NYとボストンとDCとシカゴとフロリダとフィラデルフィア』 
と、言う。 (順番はテキトー。)



なんか、こういう盛り沢山の旅行って日本人ぽいなと思ったし
(1週間でヴェネチア・ミラノ・フィレンツェ・ローマとか…。)
イタリア人的バカンスって、もっと…こう…
一箇所でのんびりするもんだと思ってたのでちょぃと以外。
で、何日行くの?と聞いたら、



『40日くらい…?かな?』 と、言う…。




長すぎじゃないのか?休みすぎ。
そして、40日あったら、日本人だったらアメリカだけじゃなくて
メキシコとかカナダも絶対行くだろうな!!!
ってか、40日もずーっとホテル暮らし外食続きじゃ
私は疲れちゃうけど…バカンスにならんよ。
しかも、美味しいもの大好きのイタリア人の彼らが
アメリカで40日…ガンバッテくれ!!と思った。




それにしても、40日って。






at 22:40|PermalinkComments(2) イタリア生活 

2008年07月30日

かと言って、夜更かしなのにね

前から思っていたのだけれど、この国(の田舎?)と
東京では、なんてぇか、営業時間の設定が根本的に違う。

色んなお店がお昼に閉まってしまうのはもうどうでもいい。
お昼ったって、日本人的感覚で言う12:00~13:00じゃない。
12:30~15:30くらい。夏は16:30頃再開するところも多い。
これって、経験してもらうとわかると思うけど消費者にとっては
本当に不便。まぁ、不便なのがこの国なのだけど。

妊娠してから結構頻繁に血液検査があるのだけど
それも、なんか変な時間。2箇所の病院で受けたことあるけど
両方とも、検査時間が7:00~9:00だった。早くね?

スーパーマーケットも、朝7:30とかからやってる。
そんな時間に誰が行くんじゃ?!と思ってたけど、この間
血液検査が7時でそのあと即効でスーパー行ってみたら
おばあさんが数名立ち話しながら開店を待っていた。
なぞ…。超なぞ…。

洋服屋とかかばん屋とかも、朝の9:30とかからやってるの。
誰が、朝の9:30に毛皮のコートとか買うんじゃ?って思うが
でもお客が来るからやってるんだろうな…。
だったら昼に開いたほうがいいと思うんだけどな…。
まぁ、今は夏で午後は暑いから誰も来ないのかもしれないけど
日が短い冬は、午後お店を閉めるのは得策じゃないと思うけど。

そして、もちろん24時間開いているコンビニなんてあるわけなく
たいていのお店は19:30には閉まるし、この街のスーパーもそう。
隣町まで行けば、21:00までやってるけど。
『東京のスーパーは大抵1時まではやってます。』とママに言ったら
『誰がそんな時間に牛乳やら買うのよ?!』って言われた。
いやいや、こっちが聞きたいことの方が多いんだけどね。

消費者の都合とか考えてないのはもう百も承知なんだけど
そもそも、金儲けに興味ないのか?って思う。






at 20:30|PermalinkComments(2) イタリア生活 

2008年07月29日

日本からのプレゼント

先日、前職場の大先輩から小さな荷物が届く。
開けてみたら、うわぁぁぁぁ・・・。

お決まりの水天宮のじゃなくて
私たちには馴染み深い日枝神社の安産の。
やっぱり、私たちには日枝神社じゃないとね!
そして、私の両親達はこういうことしないので
初めて手にしたお守り・・・主人もなんか嬉しそう。

春になったらお弁当を持って桜を見に行ったし
あそこの甘い天丼が好きでおそばとセットでよく食べた。
夏が終われば涼みに行ったし初詣にも行ったな。
こういう、遠く離れたところからの心遣いが嬉しいな。
オバハンくさいけど、ありがたいな、本当に。

そして、一緒に入っていたのがちりめん山椒と錦松梅!!
薄味のちりめん山椒が、私はとても気に入った。
そして、主人は異常に錦松梅がツボにはまったらしく
(あぁいう、燻製系もしくは発酵系の味が好きみたい)
ご飯どころか、細かく切ったトマトとごま油と和えて食べたりしてるよ?
あと、きゅうりの塩もみと混ぜたりとか、オムレツにもかけてた。

外人の日本食の扱いは怪しいけど
結構新しい発見があって美味しかったりする。



at 20:17|PermalinkComments(0) 雑記 

2008年07月28日

考えてみたら、もう半年もタバコを吸ってません。
今でも、たまにふと吸いたくなることはあるけれど
まぁ悶絶するほど辛いとか、そういうことは、ない。

主人も、私の妊娠をきっかけにいわゆる日本語で言う(?)
タバコはやめたのだけど、あの、なんていうの
日本ではほとんど見たことないけど、葉っぱと紙が別々になってて
自分でちまちま作って吸うやつ…あれにしてました。
あれの方が、タバコよりもナチュラルで体にいいんだってさ。
なんだかな。

そして、最近は、『もっと体にいいから』と言って、葉巻になった。
葉巻は、肺に吸い込まないで口の中で燻らせるだけだから。
でもさー、主人の体にはいいのかも知れないけどさぁ。


その煙を、主人の代わりに妊婦の私が吸ってるけど
これってどうなん??なんか納得がいかんよ!
私自身長年タバコ吸ってたし、超初期は妊娠に気づかず
吸ってたわけで、なんかイマサラって気もするし
他人の煙が気になるとかそういうこともないけれど


主人の好きな葉巻の煙は、キライ!!
おじいちゃまのは甘くていい匂いだったのに!!



だったら、フツーのタバコ吸ってくれた方がまだいい…。





【ちなみに…】

銘柄にもよりますがイタリアではタバコは高くて
(多分、先進国でこんなに安いのは日本だけだと思うよ?!
ってか、私はイタリアを先進国とは思ってないけどね?!)

私のは1箱700円だった。月21,000円。年間25万円強か…。

むーぅ…いつかまたスモーカーに戻りたいと思ってたけど…。
幸か不幸か今現在ノンスモーカーになので、できればこのまま
ノンスモーカーでいた方がラクか…?って気もしてきた。







at 22:10|PermalinkComments(2) イタリア生活 

2008年07月27日

ちぃちゃなお得感だけどさ

長い間がっしがし愛用していたバックの金具が取れたので
修理してくれそうなところに、持っていってみた。

イタリアのいろんなサービス(?)の値段は、東京に比べると
明らかに高いのであとから法外な値段を言われたら怖い。
いくらくらいかかりますか?と聞いたところ、その兄さんは



『5ユーロ…?くらい。』 と言う。



なんか安いじゃないのさ。でも、この人が5ユーロって言ったって
取りに来てみたら違う人に『30ユーロ』とか言われるかもしれんので
『ここに5ユーロって書いておきます。』 と、引換券に
図々しくも自分で値段を書き込んでおいた私。

『中の布地も破けているけど…。これは職人に聞いてみないと
値段も、時間もどれくらいかかるかわからない』
 と言う兄さん。

これはあとで自分で縫っちゃおうと思っていたから
やらんでいいですと伝えバックを預けてきた。

後日、取りに行ってみるとちゃんと出来上がっていて
(それだけで『やるじゃないのさ』と思う私は何かが壊れている)
金具もすごいきれいにしっかり直ってるし(さすがバッグの国だ)
ちょろっと中を見てみたら、『やらんでいい』って言った
裏地もちゃんと縫い合わされている。おぉ。

そして、費用もすでに払っていると勘違いされて
追い返されそうになったけど、一応5ユーロ払って帰ってきた。

なんかちょっと得した感じ。
イタリアで、こんな風に感じることは滅多にないので
日本で得した気分の10倍くらい得した感じですわ。





at 21:49|PermalinkComments(5) イタリア生活