2008年12月

2008年12月30日

膨らむ期待

義理ママには息子(主人と主人の兄)が二人。
二人の孫も男の子とキタもんで、7月に産まれる予定の
次の孫っ子はどーしてもナニがナンでも女の子希望。

ウリの性別がまだわからない時も、女の子がいいと
チラチラと私に気を使いつつ言っていて、男の子だと分かった時の
あからさまながっかり顔はあからさま過ぎてウケタ。
ま、産まれちゃったら私がヒクくらい可愛がってるんだけどさ。



義理姉、ジャコモを妊娠中はつわりも殆どなかったそうだが
今回は結構ヒドイらしくて、毎日のように吐いたりしているらしい。
(うぅ・・・カワイソウ)今日そんな話をママとしていたら


『ジャコモの時と様子が違うし、女の子かも♪』



ともう期待は最高潮に膨らんでいる様子。(根拠ないよね?)
これで本当に女の子だったらどんなに可愛がるかは
容易に想像がつく・・・ウリへの興味も少し軽減か?
まあそれでちょうどよいくらいといえばちょうどよいのだけど!!
私も女の子だったらお洋服をいっぱい買ってあげたい!!
(でもジャコモは弟希望なんです。)









1b937d9e.jpg


今日は珍しくからっといい天気!!

雪でまぶしくてなんか東京の冬みたい。


at 08:35|PermalinkComments(0) イタリア生活 

2008年12月29日

若いとか若くないとか

クリスマスに東京の実家に電話をした時に父と話した。

『R君のところにも、ちょっと前に赤ちゃん産まれたから
家も結構近いし帰ってきたらウリちゃんと一緒に
遊びに行ったらいいんじゃない?』 と。

R君と言うのは父のイトコで、数年前に私の両親が
揃って結婚式に参加していたから、再婚したのは知っていた。
父の話にはよく出てくるんだけれど、実際のところ彼はずっと長い間
海外で暮らしていたし、冠婚葬祭くらいでしか会わないので
なんとなく若いイメージのまま止まっていたのだけど
考えてみれば父のイトコなんだしそれなりにオッサンであるはず。

R君、いくつだっけ?って聞いてみたら、55歳だと。
ほぇー55歳で初の子供って結構ドキドキだよ。父は



『ほら、でも奥さんが若いから』 って言うんだけど



若いったって旦那さんに比べたら確かに若いけど
私より年上な位なのでやっぱりそんなに若くはないと思うよ?
それでも『若い』と言えるのは、時代の流れか
それとも父から見たら若いから…?どうでもいいか。


本当に若いうちに出産したら、やっぱり体力的にはラクだろうし
手が離れるようになるのもその分早くその後も楽しめるだろうけど
私はどちらかといえば若いうちには仕事なり遊びなり
自分のためだけに色々やれる時間とパワーがあって
そして精神的にも経験を積んで経済的にも余裕ができる
30代半ばあたりで出産って言うのが理想的だと思うな。
まぁもちろん理想は理想で、別にいくつで出産子育てしようが
その時にはその時なりの大変さとか楽しさがあるのだろうけど。

それに、昔だったら30代なんてオバサン60代なんてオバアサン
だったけど、今は全然そんなことないし先が長いもんね。


でも55歳で赤ちゃん連れてたら
絶対ジィちゃん&孫だと思われるだろうな。









6fca19ad.jpg


もう、クリスマスのお出かけ続きでボクは疲れた。


at 07:46|PermalinkComments(2) 妊娠出産育児全般 

2008年12月28日

外は真っ白

なんだか、クリスマス前頃からなんだかんだと外食や
お呼ばれが増え拷問のようにイタリア料理尽くしで
しかもウリ連れのお出かけは結構面倒なので疲れ気味の私です。
東京でもこの時期は忘年会続きだったけど、だからって
『あーもう食べたくない』って思うことってなかったな。
あぁ日本食の素晴らしきことよ。


んで、今日も泊りがけで知人の家(あのヴィッチーニのオジサン)で
ディナーの予定だったのだが、朝起きたら雪雪雪・・・。
運転も危ないし、帰ってこられなくなったりしたらイヤだし
ウリもいるし、ディナーは中止してお家にいることにしました!!
かなり、ほっとしています・・・今日は久々に日本食晩御飯だ。
から揚げとひじき煮とカリフラワーの三杯酢と大根のお味噌汁。
主人のリクエスト。


やっぱりこういうご飯が一番いいのよ。







527f188e.jpg


都会の雪は鬱陶しいだけだが

山の雪はいいかもね。

出かけなければ。









45899f6d.jpg


木に積もった雪って、キレイ。









bbd45046.jpg


寒い。と言いたいところなのだが

デブなのであまり寒くない。

ショック。




at 02:22|PermalinkComments(0) イタリア生活 

2008年12月25日

今年のクリスマス

今日はクリスマス。
日本では24日の夜がメインイベントだった気がするが
もちろんここではそんなことはなく、メインイベントは
25日の家族親族でのランチなんです。ってか、昨日の夜
外でご飯食べたけどお客さん、私たち含めて2組しかいなかった・・・。
日本でこの状態はちょぃとありえない。

でも、今日のママのご飯もいつも通り、いやそれ以上に素晴らしく。
もー、はっきり言ってそんじゃそこらのレストランよりダントツに美味しい。
なんでこんなにお料理上手なんだろうママってば。
もし、義母のお料理が美味しくなかったら、イタリアで暮らすの辛いかも。
だってびっくりするくらいしょっちゅうお家に行くんだもん。
でも、美味しいからこっちから行っちゃうこともあり・・・運がいいな、私。




<2008年クリスマスメニュー>


【前菜】

・海老のマリネ・ズッキーニ添え
・モルタデッラのムースのクロスティーニ
・オンドリと干し葡萄のサラダ

【プリモ】

・ズッパインペリアーレ
(卵、パン粉、チーズ、ナツメグを混ぜたものをオーブンで焼いて
キューブ型に切ってブロードの中に入れたもの。)
・バゾッティ
(タリョリーニを鉄板に敷き、バター、チーズを振って
オーブンで焼いたもの)

【セコンド】

・子羊の赤ワイン煮
・うさぎ肉のグリル ハチミツ・レモン・赤コショウ風味

【付け合せ】

・アーティチョークのグリル
・ミニキャベツ・ニンジンのグラッセ
・ポテトのフリットローズマリー風味

【ドルチェ】

・マスカルポーネクリーム
・ビスケットとフルーツのチョコレートフォンデュ
・3種のビスケット
・パネトーネ



体調が優れなかったので(今日は鼻の日だった…)
お料理の写真はございません・・・残念。
料理を普段する人ならわかると思うけど
メニューをささっと書いたけど、これだけのお料理作るの
本当に大変だし(ママはそう思ってないらしいが)片付けもスゴイこと。
あ、あとお家の飾り付けとかプレゼントの用意とかもあるし。
ママあっての、マネッティ家のクリスマスです、ホント。
感謝しなきゃな。











c9f7ff2c.jpg


クリスマスツリーの下には

もちろんプレゼント。












ccb14fa4.jpg


プレゼントで興奮しすぎのジャコモは

怪しい奇声を発していてすごかった。

止まってくれないので写真も撮れず。












bbcfadcf.jpg


ウリはなんだかぼーっとしてる。











c925f5bb.jpg


ウリも初クリスマスプレゼントを貰いました。

オモチャとお洋服が多いかなと思ってたけど

本が結構あったのが意外でした。

日本のジジババからも本が届いたよ。


at 07:53|PermalinkComments(2) イタリア生活 

2008年12月23日

ケータイよオマエさんまで

他のイタリア在住の方々のブログはクリスマス色満載だけど
オイラはまったく関係ないことで・・・すいません。



私の携帯電話(イタリアの)、○ニー○リクソンなんだけど
着信音がさぁ・・・ウルサイの。すっごい。
6段階調整で設定できるんだけど、もちろん
最小音に設定してあるにもかかわらず
日本レベルだったら最大音より一レベル小さいくらい。
ありえないでしょ、ホント。ウリが起きるし。
どうにかならんもんかな。

前に、最大音ってどれくらいなんか?と思って
家の中でやってみたんだけど、こんな大音量が必要な人は
電話で話すことが出来ないんじゃないかと思うんだな。

やっぱりなー、イタリア人は耳が遠い人が多いし
周りがウルサイ場面が多いからこういう設定なのかな。
やっぱりこういうのって国やエリアによってちゃんと調査された上で
違うのかなぁ。きっと日本は世界一、小さい音かもな。

ちなみに、マナーモードのブルブルも激しいです。
激しすぎて、全然マナーじゃない。
ってかこの国にマナーなんてほぼ存在しない気もするけど。







b9d7d24f.jpg


また、樽買いしてくださったお客様が。

スゴイねー、嬉しいね!!


at 06:59|PermalinkComments(4) イタリア生活