2009年03月

2009年03月22日

なんだろ

今月の初め、日本を発つ直前に私の親友夫婦と会った。
で、私も初めて気づいたんだけれど、親友旦那さんは
ちょくちょく『なんだろう・・・』っていうのが口癖のようで。
母国語で話していないから、ちょっと詰まったときに
『えーと』とか『うーんと』とかと同じように使われていた様子。

それが、主人もすごく耳に残っている&気に入っていて
日本から帰ってきても、やたらめったら


『ナンダローナンダロー』 って言うので結構鬱陶しい。


しかも、なんかちょっと言い方が腹立つんだよねー。
本人は、完璧に真似できてるつもりでいるみたいなんだけど
ちょーっと微妙に違うんだよねぇ。
使うタイミングもひどくズレているし。

気づいたら、この間私まで『なんだろー』って言ってたよ。
今度4人で会ったら大変なことになりそうだ。









701dd3ac.jpg


今日はお天気がよかったので

お昼ごはんの後三人でお散歩へ。









7b8cc0fe.jpg


公園を歩いていたら、ミラノから遊びに来ていた

仲良しのハトコのアレ(ッサンドロ)にばったり。

ま、昨日も会ったけどね…。











5611b0be.jpg


ウリッセだーと、集まってくるハトコたち。

誰が誰の子供で、とか、誰と誰が夫婦で、とか

はっきり言って私未だに全然わかりません。









0886beaa.jpg


あともうちょっとしたら、ウリもこうやって

一緒に遊べるようになるでしょう。









63862c19.jpg


カメラを向けると集まってくるのは

日本の子供もイタリアの子供も一緒だね。


at 04:00|PermalinkComments(0) 雑記 

2009年03月21日

そろそろメンドクサイかもー

なにこれ。今日すっごい寒い・・・。
手足末端がめちゃくちゃ冷えてるんだけど・・・。
北イタリアの3月は侮れないって、去年も学んだはずなのに
春が来たってすっかりウカレてる自分が悔しいよ。

さて。
東京に帰っていた時に予想していた通り、ウリがいて
昼も夜もちゃんとご飯を作る生活はやっぱり少々メンドクサイ。
(朝はカフェを煎れるくらいで大してやることはナイ。)

今、ウリは昼と夜に離乳食を食べているのだけれど
ウリに昼ご飯あげて、私たちのご飯作って食べて片付けて
ウリが寝ているすき(?)にすぐに晩御飯の下ごしらえ・・・で
ウリに夜ご飯あげて、私たちのご飯作って食べて片付けて・・・
なーんかこれの繰り返しな感じで気づけばいつも台所にいる感じ。

日本みたいにちょっと手を加えるだけでできる
便利おかずみたいなものはもちろんないので、まぁ私の
手際が悪いだけかもしれないけど・・・それにしたってさー。
ぶぅぶぅ。

まさか自分がこういう生活をするようになるとは思いもしなかったので
えーん・・・と思いつつ。子育て中の生活なんてこんなもん??

しかも!!朝ごはんのケーキとかビスケットも
(イタリア人、コーヒーと一緒に朝にこういうものを食べるよ)
市販のものは食べたくないと主人が言うし、ウリッセが大きくなったら
買ってきたものなんて食べさせないで欲しいというので
それもせっせと焼く・・・主人のスタンダードは高い位置にあって
あーなんかやっぱりあのママの息子だなとひしひしと感じる。



こんなこと、東京にいたらぜーーーったいやんない!!












23b350ed.jpg


あんこ煮てお団子に。

ちょっと煮詰めすぎ。

もちろんお皿は祖母の手作りです。


at 21:45|PermalinkComments(2) イタリア生活 

2009年03月19日

機能性は無視

日本から使いきれず持って帰ってきたオムツがなくなりそうで
新しくこっちで買ったのだが・・・やっぱりどう考えても
こう・・・なんちゅーか・・・作りのツメが明らかに甘い感じ。
そういや、日本に帰って初めて日本のオムツを使った時
『なにこの安心感!スゴイ!!』って感動したものだった。
(そして、ダントツに安い。)

オムツひとつとっても、やっぱり日本のものって
研究に研究を重ねたっ結果て言うか、日本人の
性質とかがものすごく反映されてるよね。
すばらしいなぁ・・・。

でも、ひとつだけイタリア側に立って意見をすれば
イタリアのオムツの方がもっこり感が明らかに少ないので
お洋服を着たときのシルエットはキレイです。
さすが、イタリア・・・ここでも機能性より見た目重視です。









63c7c620.jpg


一旦寝たと思ったら夜中に目を覚まし

象さん振り回して大騒ぎのウリさん。

空気読む赤ちゃんだったはずなのに・・・。





at 22:30|PermalinkComments(6) 妊娠出産育児全般 

2009年03月17日

こうやって胃も鍛えられていく

ウリ、離乳食を始めて約1ヵ月半。
コレまで、野菜でも肉でも魚でも、拍子抜けするほど
何でもぱくぱくと食べているので母としてはとてもラクチン。
(あ、でもホウレンソウが入っているとイマイチ食いつき悪いかも?)

ウリご飯は、基本的に私が作ったものを食べさせている。
で、義理両親宅に行く時もちっこいタッパーに入れて持っていって
ちまちま食べさせていたのだけれど、(それか先に家であげとく)
それを見た義理母が



『ベビーフードを買っておくから家に来た時は
それをあげたら?』 と言う。



私も、『離乳食は手作りで!!』とかこだわりがあるわけでもないし
出先からママの家に行く時はこれからの季節暖かくなって怖いし
そうしてもらうことにした。ってか、ママは既に買っていた・・・。

んで、ママが用意してくれたんだけど、まず量がすごい。
なんでも、この時期はまだ1日1回らしいんだけどそれにしてもスゴイ。
この体の大きさでこの量はないだろう・・・と思った。
(だって大人のパスタ皿の窪みにいっぱいだよ・・・?)
今まで私がウリにあげている離乳食の量を見て
『少なくない・・??ジャコモはもっと食べてた。』 って
ママは心配していたが、確かに、この量を本当にジャコモが毎回
食べていたのであれば確かにそれはそう思うだろな。

先日食べていたものは、お米ととうもろこしとタピオカの粉を
野菜のスープで溶いたものなんだけど味見してみたら・・・
甘い。超甘い。ちょっと驚き・・・食後のドルチェ?かと思った。
こんな甘いものあげていいんだろうか?と思ったが
イタリアの赤ちゃんは食べているのでまぁいいんだろう。

で、ウリにあげてみたらいつもよりちょっと積極的。
ママは、『ほらぁーウリッセはこれが好きなのよ!!』と嬉しそうだが
(もちろん、その言葉の裏には『日本のものなんかより・・・』って
言葉が隠されている。) 私としては


そりゃぁーこんなに甘かったら食べたいんじゃなかろうか・・・


と思ったのだが、もちろんその辺は



『ホント!ウリッセ好きみたい!!』



とか嫁的にはテキトウに合わせておきます。
まぁ週に数回ならウリも喜んでるしいいだろ。

そして、もちろんパルメジャーノチーズをたっぷり
オリーブオイルもチロリーンと垂らされてます。
イタリア人ウリッセ。すごいね、生後6ヶ月。
胃がもたれそう・・・。









5e3a1e59.jpg


桜の木が前から一本枯れてて・・・。

気づいたら切り倒されてた。








c2299fed.jpg


そして乾かされて、薪となり

冬の暖炉に放り込まれます。

でもさ、桜チップでよく燻製とか作るよね?!

なんか作れるかな・・・?




at 22:42|PermalinkComments(3) 妊娠出産育児全般 

2009年03月16日

だってしょうがないよね

昨日、友達夫婦+娘(8ヶ月:ルチア)がランチに来た。
旦那さんの方は別においておいて、奥さんの方は私は結構好き。
イタリア人的には、彼女は『神経質』な人と分類されてるらしいけど
イタリア人的には神経質なくらいが私には丁度よい。
なんつーか、感覚がちょっと近いんだよね、こう・・・上手く言えないけど
清潔不潔に関する感覚とか、時間的な感覚とか
疲労を感じるラインとか、食べ物への興味とか子供への態度とか・・・
うーん、伝わらない??



で、日本で撮った写真を見せてたら



『え?!これ、のり?こんな笑顔みたことない!!』



だと。で、なんか相当驚いたのか
すごい楽しそう・・・なんか、リラックスしている感じ!!とか
やっぱり、東京の方がのりはいいんだねーとか言うので
あったりまえだわ と思った。あたりまえよね?!


でも、改めてその写真をよーくよく見てみたら
特にいい笑顔とかなわけでもなくフツーなわけ。
私ここじゃぁそんなに無愛想なん・・?とも思ったが
ま、そんなもんだな。ふふん。












42ed7369.jpg


ルチアちゃんとのデートだが

まだちょぃと距離のあるオイラたち。



at 23:57|PermalinkComments(3) イタリア生活