2010年03月

2010年03月30日

やっと気付いた

日本で働いていた頃のことで、ふと思い出したんだけど。

ある日、一人の課長が欠勤したのだけれど、その理由が
『妻が熱を出したので休みます』だった。
当時独身だったし、比較的とげとげしていた私は
奥さんが熱を出したくらいで仕事休んじゃうんだ…ふーん…
ってか、わざわざ、妻が、とか言わなくていいのに…とか思っていた。

でも、これって、今思えば


『妻が熱を出してしまい子供の面倒を見られず
私が代わりに面倒をみなくてはいけないので休みます』


ってことだったんだねー。
(たしか、この課長には子供が3人いたような…しかも双子もいたような。)
はー、こんなことも気づかなかった自分の心の狭さにびっくり。
ってか、子供いなかったら気付かないよね?!え…わかるって?

 

って、どうでもいいことだけど思い出したの。
一生気付かないよりよかったでしょ。きっと。








CIMG4526

春だよー。
新しい靴も買ってもらったし
気分がよくてモデル風味のボク。





CIMG4530

お花を摘んで(むしって)
ママにあげるんだ。





CIMG4546

ルチアは積極的です。



da_nori at 07:00|PermalinkComments(3) 雑記 

2010年03月26日

1歳半検診!!

雪で閉じ込められてしまって行けなかったのを振り替えて、一昨日行ってきた。
体重はあまり増えていないけれど、まぁ背が伸びているしちゃんと食べているし
なにより元気、言葉もどんどん出ていて、よく眠るし、問題はないということ。
気になっていたこともすべて確認できたし、懸念のフッ素も貰ってきた。
 
で、帰り際。先生に『ちょっとその靴見せて』と言われ
ウリの履いていた靴を見せたところ
『この靴は、子供の足によくないから変えてください』と。
おーーぅ…。
 
 
実はその靴は、この間の冬日本に帰った時に、私の親友から貰ったもので…。
彼女の娘用に買ってあったのだけれど、しまいこんでいた間に一気に足が大きくなってしまい
使えなくなっちゃったからもしサイズが合えばウリに履かせてって言ってくれたもの。
全部で3足くれていて、そのうちの一足。日本の子供がよく履いている、底がゴムで平らで
表が布でマジックテープで止めるタイプのもの。(他のはちゃんとしたスニーカーだった)
 
マジックですでにフルネーム書いてあったし、完全に、保育園用なんだと思う。
保育園には、かわいいものとかおしゃれなものとかいいものは着て行けないんだって。
確かに、普段はラルフでしゃきっとしてるので、普段着と保育園着はまだ別なんだろうな。
だ、もんで私もこの靴は庭遊び用(汚れるんだこれが…)としていたのだけれど
検診に行く時はウリがジャケットを選び(最近生意気よ。)主人が靴を履かせたので
このような結果となった…。


先生曰く、『底が平ら過ぎて硬い。もっと、足の裏の凹凸にフィットした形で
ちゃんと底が曲がるものにしてあげないと足によくないから、変えなさい』 とな。


そうかー、ちょっとそんな気がしていたけどやっぱり?
さすが靴の国だから結構ウルサイのねー。
でも一日中靴履いてる方がよっぽど足に悪いと思うけど!!
(だからさらに靴が重要なのか。)


でも、靴に関して(だけ?)は私はイタリア派に属すので、もったいないし親友にも申し訳ないけど
この靴は辞めようと思います… 主人も、『新しいの買いに行かなきゃ!』と焦ってる。
でも、イタリアで、泥まみれになっても草まみれになってもいいような
靴ってあんまりないようなあるような…今まではウリが汚したりしなかったから
あまりそういうことは気にならなかったけど…結構高いしさ。
『これよさそうだなー』って思う靴は、たいていキレイなんだもんね。


あ、でもそろそろ靴じゃなくてサンダルの季節?






CIMG4508
最近ボクがいつも外に行きたがるもんで
ママは家の中のことがおろそかになり
必然的に家の中は荒れています。いいんよ、ママ。










CIMG4511
モモ?梅?
ママは、何にも知りません。



da_nori at 07:10|PermalinkComments(14) 息子【Ulisse】 

2010年03月24日

あんぱ!

日本の子供であれば誰でも通る道(って、勝手に思ってるけど違う?)
それはあんぱんまん。我が家のウリにも、来ましたブーム。

ウリの食器類はファミリアのプラスチックのものをメインに使っているのだけれど
少し位、そういうのもあってもいいかなーと思ってあんぱんまんのお茶碗も持っている。
お茶碗は、中の底の部分にあんぱんまんがいるので、ご飯を完食すると見えてくる。

『おぉっ!あんぱんまん出てきましたー!』
(↑ごめんね、うっとうしいよね…分かってるよでも許して。)

と言うと、『あんぱあんぱ!』と喜んでいた、ウリ。

 

で、先週ボローニャの日本人の集りに行った時に、一人の女の子があんぱんまんの
お絵かきボード(あの磁石のやつね)を持っていて、それを見たウリッセは『おぉっ!!』と思ったらしく
『あんぱんまん!あんぱんまん!』と周りの子にアピール…イヤイヤ、みんな知ってるから。

で、その日からなにかっちゅーと『あんぱんまん!!』本当に、大好きみたい。
でも、我が家にあるアンパンマンはそのお茶碗と、プール用のボールのみ。
二つのをとっかえひっかえ興奮している息子を見てると、なんかフビン…。(涙)
日本にいたら、すぐにその辺のお店でアンパンマン買ってあげられるのにさぁ。
まーー妙にキャラものが家に増えなくていいかなって気もするけれど
でも、子供の喜ぶ顔が見たくて色々買っちゃう祖父母の気持ちちょっと分かるわ。

だもんで、私が直筆あんぱんまんを色々なところに描いてあげてます。
昔から私を知ってる人は知ってるだろうけど、私エゴコロ皆無だけどね!!
そんなんでも、ウリは『あんぱっ!!あんぱんまん!!』って喜んでくれているので
まーよしとしましょう…あーぁ、みきつんとかlil butterみたいに絵が上手だったら
もっとたくさん色々描いてあげられるんだけどね…ムリ…。









CIMG4503

パパも、一生懸命描いてくれるんだけど、ちょっと気持ち悪いよね。










CIMG4490

もちっとマトモなもん描けや!



da_nori at 00:24|PermalinkComments(5) 息子【Ulisse】 

2010年03月20日

きれいな火だよ

最近、行きつけの中国人のお店でとっても美味しいニンニクの茎を売っている。
初めて見た時はあまりの嬉しさにおもわず日本語で『ニンニク?!』と聞いてしまった私。
(ちなみに、青梗菜は、ちょっと中国語っぽくちんげんつぁいとか言ったら、通じた。)
そーいえば普通のイタリアのお店には売ってないよね、イタリア人にんにく結構食べるのにね。

細切りの牛肉とオイスターソースで炒めたりとかして食べると
もーーーー!!めちゃくちゃ美味しくて、言い過ぎかもしれないけれど
私が今までイタリアで食べた料理の中で一番おいしかった気がする。
ってか、たぶん、私が求めている・欲している味ってこういう味なんだと思う。
日本の味は自分でしょっちゅう食べてるし、イタリアの味はもう、またかぃ、って感じだし。

で、特に日本から戻った後に思うのだけれど、イタリアのガスレンジ(っていうんだっけ)
の火って、絶対日本のものに比べると弱い…弱いって言うか、なんていうか
そう、短い?火自体が長く立ち上がらないんだよね…だからこう、炒めものがイマイチ。
我が家のガスレンジは、よく料理番組でも出てくるようなすごいちゃんとしたモノで
一般家庭用にしては多い5口(めったにフル稼働はしない)付いてるタイプで、主人も
『お店で一番高くて性能がいいのを買った。』と言っていたし、それはわかるんだが。

そして、びみょーな弱火とかも結構難しく、キリキリのところまでいくと消えてしまったり
なんつーか、やっぱり日本のご飯って言うのはメリハリがあって繊細なんだわさと思う。
これで、姑にこういうこと言ったりすると、(言わなきゃいいのに…ね)
『そんなことはないわ!モカのところは小さいから弱いし』とかいうんだろうけれど
そういうことを言っているんじゃないんだ…。でも主人は分かってくれるからいいんだけど。

で、この間、久々にIWATANIのコンロで鍋をやったら(冬が終わりそうだからね)
すっごいキレイな理想的な長い火が出てきて、『これだぁーー!!』って思った。
コンロの火を見つめて故郷に想いをはせる日本人がここに一人。
クライネー。








CIMG4476

ルチアはいつもおしゃれ。
下に着てたワンピースも靴もめちゃ素敵。
それに比べてボクはいつもいまいち…。





CIMG4481

でもルチアママはボクのことをいつもカワイイって!!



da_nori at 00:09|PermalinkComments(6)

2010年03月17日

ぴよ…

毎日毎日、ウリッセは新しい言葉を吸収し、お披露目してくれていて
私としてはとても嬉しい限り…しかも日本語が多いよ、わーい。
みみ、に加えて、め、くち、はな、て…なども言うようになり
はな、に至っては、はな・はな!と自分の鼻を指差した後
ちゃんと私のエプロンの肩のところにくっついている花の刺繍を指差し、得意げ…。
(ももも、もちろんこんな少女趣味のエプロンは姑から貰ったものだからっ!!←必死)

そんなこんな、ウリがいると私も日本語いつも喋っているし
いやでも主人の耳に入るからか、主人の日本語彙も同様に増えてきている。
とてもいい傾向?まーウリの方が全然わかってるけどね、日本語。
で、なんか、私がしょっちゅう言っているらしい、(別にそんなに言ってない)
『○○って』といういい方が今お気に入りで最近それをやたら言いたがる。

例えば

『ぎゅっておしてね』とか
『きゅってまわして』とか
『ぴってひっぱって』とか
『くるってまわって』とか


そういう、『○○って』の使い方のことみたいなんだけど、でもなんかいつも間違ってて

 

『ぴよって!ぴよって!!』

 

って、言っている。ぴよって…?ひよこ?

 

『私はぴよって、なんて言ったことはない』と言っても
『えーーいつも言ってるよ』というんだけど…なによそれ。

 

でも、本当に、ウリがもうものすごい勢いでどんどん日本語を吸収していて
私たち二人が言ってることが分からなくなる状況が目前に迫ってきていることが
彼の中で現実味をおびてきていて多少心配している…のが私にも見てとれる。


ぐはは。寂しいなら勉強することだな!!








CIMG4473

やっと本当に春が来た感じ。
お天気よかったので日曜日に公園に遊びに行きました。
(家はまだ雪が積もっているので…
あ、車はもう出せるようになってます。祝!)






CIMG4474

公園は、日差しを待ちわびていたイタリア人
(と、たくさんの外国人たち)でいっぱい。






CIMG4472

パパはぴよってボクを抱っこ。




da_nori at 07:48|PermalinkComments(6) イタリア生活