2010年04月

2010年04月30日

ちょっとむずむずしてたので

今日はこんなに最高のお天気なのに…。
ちょっと↓なトピックです。そんな時もあるのよ。



結婚して3年、このブログにも何度も登場している尊敬すべき私の姑。
イタリア女は非常にクセがあるので(主人に言わせれば、日本女は
クセがなさそうに見えてクセだらけのところが余計性質が悪いとのこと。)
イタリア男と結婚した日本人女性で、多かれ少なかれ姑との問題を抱えている人は
多いみたいだけど、この点に関しては私は本当にラッキーだったのだと思う。

確かに、たまにメンドクサイこともあるし、頭がカタ過ぎて笑っちゃうこともあるし
なんか生きる世界が狭すぎて同情しちゃうこともあるけどそれは仕方ないし
いっつも同じことばかり聞かされて私のテンションが下がることもあるし
たまに見られる彼女の異常なテンションに、私が疲れちゃうこともあるし
彼女の自慢話につきあいきれず、逃げ出しちゃうこともあるし
義理兄への異常な愛情に(主人へはそうでもない…)仰天することもあるし
義理父への異常なまでの束縛/管理したい病に関しては勝手にすればって思うし
人の話を聞かないところはまぁイタリア人だからしょうがないとは思いつつ
思い込みの激しさについては呆れるばかりであるけれど…。

でも、そんなこんなも打ち消すことができるほど『スゴイ』と思うことの方が多いし
なによりも、私は彼女にお世話になっているので今まではうまくやってきた、はず。
特にウリッセが産まれてからは、さらに関係はよくなったと、思っていたのだが。

先日、姑宅で食後に二人で話していた時にさらっと言われたことで
私はどーーーしても納得がいかないことがあり、でも姑は上記の通りの性質なので
私が思っていることを言ってもさらにそれに対する反駁が強まるばかり。
しかも、私は根本的に言葉に関して彼女と対等にやりあえるわけがないのに
がんがんがんがん言われること(←彼女にその気はないが、立場的に私はそう感じる)
に非常に哀しくなり、このままここにいたら絶対に泣いてしまう!という予感がし
ちょうど遠くからウリの声がしたので、ウリの様子を見に行くふりをして逃げ出した。
(ぐっじょぶ。なんて空気を読む子供…さすが日本人だよ。)

帰宅後、主人にそのことを言うと、主人は姑のことをよーく知っているので
非常に冷静に対応し意見してくれたし、私としてもちょっと落ち着いたわけだ。

数日は私もちょっと彼女と会うのが気が進まず、ぎこちない感じではなったけど
昨日一緒にご飯を食べて、先日のことに関してはまったくスルー。
まぁ今後ともこのことに関してはスルーで行こうと思う。
若い頃はなんでもぶつかって解決していく性質ではあったが
まぁ今となってはこうやってうまいこと逃げて行けるものならそうして行きたい。
相手が主人だったらスルーしたり逃げたりは問題だと思うけど、まぁ姑だし。

で、この一件を私の母(姑との同居30年以上のプロである)に話したところ
『若い方が我慢するのよそれが鉄則。』ということだったし
(実家見てると、そうかな…?って気もするけど。それに、時期が来れば
若い方の立場が強くなる時もいつかやってくるのだ)何があっても私は耐えます。
それになんたって私の主人を育てた人だしね、やっぱり『スゴイ』わけだよ。


ただの愚痴でした。
ちょぃとすっきりした。





CIMG4734
ここのところお天気がいいので
お昼御飯はパパとママと外で食べます。



CIMG4739
おーーいちごだよ!




CIMG4736
ワインのウンチクとかいいから早くイチゴ…。




CIMG4738
だからはーーやーく!!



da_nori at 01:27|PermalinkComments(8)

2010年04月29日

どんどん上がる

なんだか日本でまたタバコが高くなるみたい。
まーー先進国の中では(いや、ここは絶対に衰退国だけど)
日本はタバコ激安だから別にそれくらいいいかもって感じかな。
でも実際に喫煙している人からしてみたら、やめてくれーって感じかな。
 
さて2008年1月(妊娠発覚)からやめて、もうすでにタバコとは縁の切れた私たち夫婦。
ざっと計算してこの2年ちょぃで80万円以上節約(っていう?)してるよ、スゴイね。
なんか、チケット取るたびに航空券代って高いわぁなんて思っているけど
こう考えると、もういくらでもどんどん買っちまえ!って気になるわさ。
 
ちょっと違うか。
あぁ今は最高にタバコのおいしい季節だね。
(未練たらたらですわ。)




CIMG4723
残りの分も植え終わり。




CIMG4727
主人は腰痛に悩まされております。
まーこれだけ長時間、不自然な格好してれば仕方ない。




CIMG4725
何かの木の苗。




CIMG4728
主人の小さな日本ワールド。(どこが?って言わないで。)
ウリに破壊されてもされても復活します。


da_nori at 18:47|PermalinkComments(4) 雑記 

2010年04月28日

絶叫

今まで、ウリは何か食べたものが好きだったり美味しかったりすると
口に手をあてて『ふふふ』と笑ったり、手を握り締めて踊ったり
『美味しい?』って聞くと、うんうんと頷いたりはしていた。

が、先日、晩御飯の時に鶏肉を食べたら
(バルサミコ・はちみつ・マスタード・にんにく
ローズマリーのソースに漬け込んでオーブンで焼いたやつ。
うーん、決して子供向けのオカズではないな…。)
初めて『オイシ』と言った。

おぉぉ…なんか感動。

それ以来、なんか、好きなものとか食べると


『おーーいすぃぃーー!!』 とか絶叫したりして結構ウケル。

 

嬉しいねぇ。
頑張れるねぇ。






CIMG4720
ママを調子に乗らせるのなんて簡単だ。




CIMG4686
パパはもっと簡単だけど。



da_nori at 22:53|PermalinkComments(3) 妊娠出産育児全般 

2010年04月24日

最近気になっていること

小学生の頃から顎関節症で悩まされていた私。
朝は小さなイチゴすらそのままじゃ口に入らず、痛いわ怖いわ(外れる恐怖)。
で、受験も終わり、中学に入り、歯列矯正をしたら顎関節症も緩和される
可能性が高いということで、ちょっと歯並びも気になっていたし矯正をを始めた。

だもんで、私の楽しいはずの中高生時代は歯列矯正時代とも言える。
もちろんすごく楽しかったのだけれど、あの地獄の矯正さえなければ
もっと楽しかっただろうなーーーもう見た目は悪いし、歯医者通いは辛いし
大好きなとんかつもまともに食べられず(噛みしめる系の食料は辛い)
カレーもまともに食べられず(器具が黄色くなっちゃうからね)
もう何より痛くて痛くてどうしようもなく痛くてやっと痛みが治まった頃には
また再度歯医者に行き、ぎゅうぎゅう絞めたりひねったり色々されて
また強烈な痛みが戻ってくるってな感じ。地獄の繰り返し。

そんなこんなで辛い思いをするだけして手に入れた歯並びだけど
すでに矯正終了から15年経っているいるわけで、ここのところ
右の下の歯がかーくじつに動いてきている!!前の歯並びに近づいてる!
あの、舌が歯に触れる感覚とか、妙にリアルに覚えてるもん。

さてどうしたもんか…別に今のところ生活に支障はないけれど
あと50年くらい生きるだろうし、このまま放っておいたら確実にひどくなる。
かといって、矯正は虫歯みたいに日本に帰った時にちょっと歯医者にいって…
ってできるわけでもないし、ここで矯正するのもちょっと怖いなー。

って、今思ったけど、ウリが私みたいに歯並びが悪かったらどうしよう!
日本じゃ多少歯並びが悪くてもまぁそんな人ざらにいるから気にもならんが
ここじゃぁダメだよね…ウリもあの辛い思いさせるのは申し訳ないわ。







CIMG4681
庭にラベンダーを更に100株植えました。
主人が98株担当、私が2株担当。
私が1株植える時間で、主人は6株植えます。





CIMG4675
水道の蛇口をちょっとひねればお水が
ちょろちょろまんべんなく行きわたる仕組み。
ブラボー。



CIMG4680
でも、ちょっと配置案を誤り55株(!?)足りず。
なのでまた買いに走った主人。
こういう、ツメが甘い。




CIMG4677
来年の初夏には、むせかえるほどの
ラベンダーが咲くでしょう。




CIMG4613
ボクもちょっと手伝ったよ。



da_nori at 01:07|PermalinkComments(10) 雑記 

2010年04月21日

ルドビーコ洗礼式

先週末日曜日、甥っ子ルドビーコの洗礼式があり。
ミラノから主人の叔母やらイトコやら総勢9名が金曜~月曜まで訪れ
毎日大賑わい。でも、普段比較的孤独に暮らしている私はとてもとても楽しかった。
そしてウリも非常に楽しんでいたし、他の子供たちも楽しそうだった。
 

洗礼の式自体は、初めて参加したのだけれど(そのあとのパーティーは何度もある)
なんだか思っていたよりも…なんちゅーか…厳か、とかそういう感じでもなく…。
 
そもそも、まず開始時刻になっても神父が現れず、探してもいないので
義理兄が神父の携帯に電話をして呼び出す始末…で、やっとおじいちゃん神父が
ホント、ふっつーーーの普段着で『すすすすんません』みたいな感じで登場し、
そこから一人でロウソク持ってきたり、火つけてみたり(でも湿気てて全然つかない)。
ヨボヨボじいさんなので動きもびっくりするくらい遅く、しかも異常に要領が悪いので
途中からは義理兄やら男性陣が椅子のセッティングとかマイクの接続とかやり始め
もう最初は不安だったりちょっと怒りぎみだった参列者たちもしまいには笑ってた。
(ウリはその間、あんぱんまん、あんぱんまん…と呪文を唱えていた。)
 
で、式が始まってからも(ってか、マイクのボリュームがハンパなく大きかった)
ルドビーコの名前はすぐ忘れちゃうし、『ど、どこまで読んだっけ…』とか
ぶつぶつ呟いてるし、話は脱線しちゃうわで、参列者たちは笑いをこらえるのに必死。
逆に子供たちの方がなんだか静かに座ってたような気もする。
 
本当は、もうちょっと厳格な式なのよね?きっと。
でもまぁいい経験になりました。
 

それにしても、毎回ミラノの親戚たちがやってくるたびに
子供たちも含めて毎回毎回15~20人分のご飯を作って片づけて
(片づけは私も手伝うけど…)乳児がいれば離乳食も作ってってやる姑。
ホントーに、尊敬します!私はいつもいいとこどりで申し訳ないのぅ…。
 





CIMG4654
今日の主役ルド。
この写真だとフツーに見えるけど、14.5キロあります。





CIMG4621
ミラノのガブリエッレです。
彼もまだ1歳になってないけど
ウリより全然大きいよ。




CIMG4649
マッティア兄さんはボクのことを弟のように可愛がる。
後ろから心配そうにボクを見守るパパがウザイ。




CIMG4650
友達みたいな親戚がイタリアにもたくさんいて
ボクは本当に幸せもんです。




CIMG4670
ジュリア姉さんと遠くにいるのはマリウッチャおばさん。
これから皆でお買い物に行きます。



da_nori at 18:37|PermalinkComments(8) イタリア生活