2010年07月

2010年07月30日

Made in Italy…日本の

六本木のヒルズの中に、BORNELUNDという海外の子供のおもちゃを
沢山扱っているお店があるのだけれど、その店内には私が
イタリアの大手玩具屋さんで見かけるもの、街のコジャレ玩具屋で
見かけるもの等などとても見慣れたものがたくさん。
改めて、この日本人の情報収集能力には脱帽。
日本で手に入らないモノなんてほんとごく一部なのね。(モノね、モノ。)

あと、なんか日本のお店でステキちっくに置いてあったりすると
なーーんかなーんでもステキちっくに見えるのはなんでだろうね。
例えばさ、私がウリにずっと買いたいなーって思っていた、コレ↓。




2189685
※画像他所より拝借しました。


これなんてイタリアでサエない大型玩具屋さんのサエない陳列棚に
箱のまんまドカドカ置かれてるだけだからヘタすりゃうっかり見逃すところだけど
私としては結構ツボだったので、ずっとずっと気になっていたモノ。
でも、主人は『こんなん本物がいくらでも家にあるから買わなくていい』
って言うのだけれど、やっぱり本物はあぶないじゃん!!まだ1歳だし。
でもやっぱりなんか改めてカワイカッタワー。




で、ところでこのオモチャ↓。


CIMG5239



店内では実際の商品で遊べて、ウリがかなり楽しそうだったから
『買ってみるかな』って思って箱をみたら、イタリア製だった。

出た出た、よくあるこのパターン。日本でよく見るよさげなMade in Italy商品。
でも、『こんなんイタリアのどこで売ってるんじゃい』
ってこっちが聞きたくなるこのパターン…。
このオモチャも、私見たことないなぁ…イタリア在住の皆さん、ありますか?
箱がサエないからスルーしちゃってただけかなぁ。
もしイタリア帰って見つけたら買ってみよっと。





CIMG5262
自分のお家のように寛いでいるけど
ルイジのおばあちゃまのお家に来たよー。






CIMG5257
ルイジに水着を借りたよー。




CIMG5259
もう眠くて変な顔。




CIMG5260
でもせっせと遊びます。
せっせせっせ。



da_nori at 08:14|PermalinkComments(6) 日本一時帰国 

2010年07月28日

イタリア人化…ヤダヤダ

私、初めてイタリアに渡った夏になぜだか猛烈な手湿疹が出たことがあって
(多分原因はものすごい強いイタリアの食器用洗剤だと思われる)
まぁそれこそ140個(数えるな?)の大小の湿疹が手のひらと甲に
びっしりと出て、変な液体とかもデロデロ出てくるし、日常生活も送れないし
もう私の女としての人生は終わった…とかって一人めそめそ泣いてたことが
あったのだけど、名医と評判の先生に診てもらってステロイドのお薬を
ハンドクリームのように塗って治療していたらちょっとしてから
すっかりキレイに治ったって経験が、ある。

そのヒドイのはそれ以降一度も出ないで治ったんだけど、未だに
右手の人差指の側面のみ常に危険な状態で、たまに平気な時もあるけど
結構な確率で数個出てしまう。まぁよく使う指だからそうなのかも。

で、特に今回うっかり飛行機の中の水にさわった後クリームとか塗らないでいたら
まーーー可哀想なくらいに真っ赤に腫れて、痛いわ痒いわとっても辛かった。
で、たぶんこの湿疹には日本の軟水の方が悪いのかもしれなくて
お薬を塗っても、水をなるべく触らないようにしても全然よくならないで、いた。

 

なーんだけどーー。

 

なんだか、沖縄で海に入りまくっていたら、あんなにひどかった湿疹
初日に腫れが引いて、翌日にはなんだかすっかりよくなってしまった。

 

おそらく、多くのイタリア人はそうなんだと思うけど
(少なくとも私の周りのイタリア人は皆そうだ。)
彼ら、海のモノはみーんな身体にいいと信じている、気がする。
海の風、海の水、海の空気、海の雰囲気、海の日光…全て。
なにかっちゅーーーと『海に行け』というし、ちょっとしたことなら
『海に行けば治る』とか言う…。意味わかんねーーー!!とかって思ってたけど
今回に限り、ちょっと彼らに賛同しちゃったり。

でも、

『ほら、だからずーっとそう言ってたのに』

って言われちゃいそうなので、この湿疹が海でよくなったことは
もちろん主人には内緒です。(もちろん姑にも内緒。)
ってか沖縄の海がよかったのよ。イタリアの家のそばの海とかいって
人が多いばっかりで泥水みたいだもん…。






CIMG5167
ママの昔のお仕事のお仲間とその子供たちと
上野の国立科学博物館に行ったよ。
お兄ちゃんお姉ちゃんはとっても優しくて
ボクもママも感動しました。




CIMG5182
テニスは12:00~16:00。
改めてバーバの体力に脱帽のボクです。
あーーちーーいーー。





CIMG5186
はいはいママはもっと走ってー。






CIMG5188
これみきつんにあげる。





CIMG5196
あんまり暑いのでママと隣の体育館に避難します。
いまどきの体育館にはクーラーあるのねー。
成城の体育館は完全サウナだったよね、とママは懐かしげ。






CIMG5202
背中に虫よけ貼ってるけどばんばん刺されます。





CIMG5209
ママとみきつんが爽健美茶の歌を歌うと
ボクは思わず踊りたくなる。




CIMG5226
六本木でやっている恐竜展にも行ってきました。




CIMG5218
でも、『しょぼ!高っ!期待外れ!』と
みきつんとママはご立腹の様子です。





CIMG5231
そんな時は爽健美茶でも飲んで気を静めて。




CIMG5236
ボクの今一番お気に入り!!







da_nori at 00:34|PermalinkComments(3) 日本一時帰国 

2010年07月23日

若さって

すごいね。
先日、ウリのテープを剥がしてみたらまぁびっくり。
あんなにぱっかり割れていたところ、表面の表面だけはまだ傷があるものの
中の方はなんだかキレーにくっついていました。はぁよかった。
母は一安心です。

傷がびみょーに眉毛にかかっているので、眉毛が欠けないように祈るのみ。
イタリア人たちって結構見た目気にするのでそんなことになったら
姑だの主人だのになんだか言われそうで怖いわ。


気付いてみたらもうとっくにイタリア戻りまで1カ月きっています。
ちょっと焦る…世間はもう夏休みでどこに行っても混んでるしさ。

そして今ちょっと困っているのは、カメラの充電器が見つからない…。
日本に持って帰ってきているのは確実なんだけれど
持って帰ってきてから使ったのかどうかすら記憶にないし
もう何が何だかわからないー。買った方が早いかも。(日本人的)

明日は灼熱の中、上野の国立科学博物館に行きます。
多分電車で…あまりに暑くて、そして人ごみで死ぬかもね。
もう、なんていうか、イタリアにいる時の半年分以上のことを
この1カ月でやっている。いや、っていうか、バリエーションで言えばそれ以上。
(イタリア在住の皆さんにはお分かりいただけるでしょうが。)
そりゃー疲れるわけだ。でも、ウリは毎日元気に頑張っていてエライエライ。


あと1カ月も悔いがないようやりきります。






CIMG5152
ママは好きじゃないけどディズニーストア。
ボクはこのベビーカーが欲しい。
もちろんママは自分の好きな物しか買わないので
絶対に買ってはくれない…。



da_nori at 17:48|PermalinkComments(3)

2010年07月20日

Okinawa (長文)


主人に申し訳ないのぅ…なーんてちょっと思いつつも東京ライフを
めちゃくちゃ満喫している中、さらに沖縄にも行ってきました。
(空港到着後すぐにレンタカー。那覇でちょっと買い物してから
すぐにちょっと北上して読谷村へ。そしてずっとそこに滞在。)

みきつんとウリとの3人旅、直前に全てを決めた割には
お天気にも恵まれ、レンタカーも調子よくホテルセレクトもアタリ
飛行機もいい席にあたってラクチン、ご飯もおいしく、海もきれいで
タイムマネージメントも子連れの割にはそこそこうまくいき
(あ、嘘。いっこ、オニマズイレストラン入っちゃった!!)
とってもとっても楽しかった旅でした。
手配、下調べ全部してくれたみきつんどうもありがとう!


旅行中、キレイな景色を見るたびに

『あーフィリッポ(=主人)も一緒に来られたらなぁ』

って何度も思ったけれど、東京程度の暑さで体調不良になる位だったら
沖縄なんて絶対無理だわ…って思った。ずーっと海にいるならいいけどさ。
(でも私に言わせればイタリアの方が暑い…クーラーないから逃げ場ないもん)

 

沖縄で思ったこと。

・島民の会話テンポがちょっと変…。

なんか、会話が常にワンテンポ遅いと思う。
返答が返ってくるまでに、必ず数秒要する。
すぐに慣れたけど、あれはなんだ?

・商品がおっきいよ!

何度かスーパーでお買い物をしたのだけれど
ソース、ケチャップ、マヨネーズ、お菓子とか食べ物から
洗剤とかの生活用品まで、なんかめちゃメガサイズ!!
めちゃ業務用!!洗剤なんて4キロとかあった。
大家族なのかなぁ…それとも家が大きいから保管場所がある?
でも冷蔵庫は同じサイズよね…不思議。

・島民は夜中にお買いもの?

夜のスーパーって、東京ではいかにも会社帰りの人とか
そういう人が多いと思うんだけれど、私たちが滞在していたエリアでは
どーーーーみても普通の主婦とか、家族連れとかが結構遅い時間に
(夜の10時とか)食料品を買っていたりする…昼間は暑いからかね。
まーーそれは、分かる気もするが。

・運転、荒い…

地元ナンバー車、高速は比較的ゆっくりめで走っているにもかかわらず
田舎町になるとめちゃ飛ばす!!ウィンカーとか出さないし…。
でもかなりの確率でレンタカーだったけどね。
これで連休とかお盆とかだとレンタカーだらけになるんだろうな。

 

万事うまくいっていて楽しかった沖縄旅行だけれど
最終日にひとつアクシデントもあった。

チェックアウト後に、ホテル内のレストランでお昼を食べてから帰ろうと
ホテルの中のお土産物屋さんで時間を潰していた時のこと。
私ももう帰るだけになっていたし気が緩んでいたのもあったかも。
ウリがちょっと小走り程度で私の前を歩いていたのだけれど
店内にあった2段の階段、たぶん見えなかったみたいでそのままつっこみ
前方に転倒、そばにあった商品陳列棚にちょっとした勢いで額を打ち付けた。

ウリはかなり激しく動くので、転んだりぶつけたりはしょっちゅうだから
『あぁぁぁまたやった!』と思ったのだけれど、いつもより結構な勢い。
駆け寄って見てみたら、左の眉毛の上から血が出てる。
血は大した量じゃなかったのだけれど、傷を見てみたら、ぱかっと割れて
中の肉が見えていて…ウリは数秒泣いたけれどそれからあとはぼーっとしていた。

もう、その瞬間

『病院にいかなきゃ!ウリゴメン!飛行機乗って平気なんだろうか。
というか、フライトは間にあうよね?フィリッポになんて言おう。
あーーーなんで私が手をつないでいなかったんだろう。
ウリごめんねごめんねごめんね…』

と色んなことが頭をぐるぐるぐるぐる…。
結局、ホテルの人が車を運転して近くの外科まで連れて行ってくれて
他にも待っている患者さんがいたのだけれど、『赤ちゃん先に治療してあげて』と譲ってくれて
すぐに診てもらえた。傷は大きくはないものの、結構ぱかっといっているということで
縫うか縫わないかという話になったけど、今は縫うのと同じ効果のある
留めるタイプのテープがあるので、それで処置してもらった。
(それを取っちゃうと思われる子供だったら縫うそうなのだがウリは大丈夫だと判断。
それに縫うのは確実に主人が嫌がると思ったのでテープタイプのものでお願いした。)

額を打った時、結構強く打ちつけたにも関わらず
ウリは10秒も泣かず(しかも結構冷静に泣いた)ぼーっとしていて
私が血を抑えるためにタオルを傷に押し付けている時も
ホテルで借りたマキロンで消毒している時も呆然としていて
車に乗せたら私の腕の中で眠ってしまったし、治療中もずっと寝ていたウリ。
頭(額だけれど)を打っているだけに、これが逆に怖くて、先生も

『痙攣とか嘔吐もないし、たぶん寝ているだけなんじゃないかと思うけど
ちょっと心配だから起こしましょう。起こしていいですか。』

とおっしゃって、『ウリッセくーーん!!』と大声を出して起こしてもらった。
そしたら、

『ママだっこーー』 とぱちっと目を覚まし

『よいしょ』 とか言って立ち上がったりして

先生からも、大丈夫でしょうとお墨付きをいただき
ホテルに戻り、中華料理を食べに行った…。
(そしてがつがつ五目焼きそばを食べる息子…スゴイ。)

イヤぁ…本当にひやっとした。
みきつんはウリの傷口を見て気持ち悪くなって病院のソファーに座りこんでるし
もうなんかすごい自己嫌悪…でも、これがホテルで起こってよかったと思うし
旅行の最終日でよかったとも思ったりした。

村のどっか小さいお店とかだったら、もうどうしていいかわからないし
旅行初日とかに起きたりしたらもう気になっちゃって全然楽しめないし
もちろんプールとか海とか入れないし、何のために沖縄来たのかわからんし。

これを気に、もうちょっと母は気を付けたいと思います。
特に、父親不在の時は私がすべてを判断しなきゃいけないから気をつけないと。
でもでもでもでも、みきつんはウリ連れ旅行で本当に頑張ってくれました。
本当にどうもありがとう。また、行きたいです。





DSCF1229
2時間半のフライトなんてヨユーよ。




DSCF1253
万座毛の夕焼け。
パパにも見せたかった。




DSCF1258
緑を見ると田舎少年の血が騒ぐ。




DSCF1273
なんだかボクってば島人みたい。




DSCF1329
最初はびびって泣いたよ。




DSCF1478
この浮輪趣味ワルイ。
でも前日にみきつんが急いで買ってくれたんだもん。





DSCF1504
でもこのハンドルはボクのツボです。




DSCF1306
早くプール行こうよー。




DSCF1499
ママとみきつんは朝から張り切り過ぎて
プールは営業時間外…誰もいません。




DSCF1399
なので、ママと海を見に行きます。






DSCF1403
でもボクは砂の上を歩くのは嫌いです。





DSCF1471
真ん中のちっこいのがボクとみきつんです。





DSCF1442
もちろんちゅらうみ水族館にも行きました。




DSCF1447
じんぺいざめー!!




DSCF1431
やっぱりしながわ水族館とはスケールが違います。





DSCF1456
おきちゃんショーも見た。
暑かった。





DSCF1417
ボクが寝てる間にママとみきつんは
国道をそれてこんなとこへ。




DSCF1421
ママは滝が好きなんです。轟の滝。






DSCF1542
おでこを切った後。
しかめっつら。



DSCF1549
顔のテープが痛々しいでしょ。
那覇空港。ボクの頭が変なのは見逃して。寝癖よ。




DSCF1377
みきつんまた行こうね。







da_nori at 00:17|PermalinkComments(14) 日本一時帰国 

2010年07月08日

一歳半健診

大田区の一歳半健診というのがあり、2歳まで受けられるというので行ってきた。
去年行った、4か月検診と同じところ。相変わらず非常にオーガナイズされていて
おーー日本だ!って思った。(毎日なんかしら思ってるけどね。)

で、改めて感じたんだけど、日本の子供の方が絶対にぎゃーぎゃー泣いたり
ぐずったり床に寝っ転がったり暴れたりすると思うんだけど…
イタリアの子より…そんなことないかな。今日も正直驚いた。
子供は多分全部で60~70人くらいいたと思うんだけど、そりゃーウルサイ。
ハンパない。ウリは、ちょっとびっくりしたみたいでぼーっとしていたし。
(眠かっただけか?)

今回の検診は、歯医者さんによるチェックもあるのだけれど
名前を呼ばれて『歯科コーナー』に入ると、4人の歯医者さんと
それぞれに助手的な人がついていて、先生の膝の上で子供たちは大暴れ。
奇声を発したり、号泣したり、先生をひっぱたいたりしていて
ウリも普段たまに歯磨き嫌がって暴れることもあるから『騒ぐな、きっと』と
覚悟したのだけれど、意外や意外にも先生の膝の上で静かに口を開けていた…。
なんて外面のいいやつだ、と思った…そして先生に褒められて調子に乗っていた。
虫歯はナシ。(あったら泣くよ…)歯も、キレイに磨けているということで安心。
ただ使っている歯ブラシがちょっと小さいということだった。
新しいの買おう。

他のいろんなチェックも全て問題なし。
相変わらずイタリアの予防接種制度については賞賛を受け
日本至上主義(?)の私としてはなんだか複雑な気分になったり…。
イタリアに戻ったらすぐにあっちの2歳の検診もあるし
両方の国でこうやって経験できる私とウリはとても幸運です。

あ、私が見る限りテープオムツ使ってたのはウリだけだったよ。
テープってそんなに不便?



P6270202
ジージと公園に行ってきます。
(ママベランダより撮影)



CIMG5141
髪の毛ちょっと伸びてきました。




CIMG5126
マルコおじちゃんに遊んでもらってます。
きっとパパはヤキモチやくね。



da_nori at 02:17|PermalinkComments(3) 日本一時帰国