2010年12月

2010年12月19日

結果的には良かった気がする

まだ妊娠5カ月になるかならないかってところだというのに
すでにあのにっくき股関節痛に悩まされている…。
ウリ妊娠時も結構痛かったけど、相当後期にキタ気がするんだけどな。
今は、朝とかまぁ午後早い時間くらいまでは全然平気なんだけど
夕食作る時間とか寝るくらいになるともうかなり痛め。
今から始まってて、後期どうなるのさ!ってかなり不安だ…。
体重はそんな増えていないのに、関係ないってことかな?むーん。

さて、このブログにも度々登場してきたウリのお友達ルチアファミリー。
ルチア父&母の生活において、『食べる』ことはかなり重要な位置を占めていて
美味しいものを食べるためには結構遠くまで頻繁に出かけていくし
(そんな時ルチアはベビーシッターかおばあちゃんに預けられる)
外食頻度も高いし、家で食べるものもいちいちなんか食材からコダワリがある。
大量生産されているようなものはほとんど見かけないし、何から何まで
手作りっぽいものとかこだわりをもって作られているものが好きらしい。
そんなところも主人と気があう理由の一つか。

で、彼ら、日本食もとっても好きで(どちらかというとルチア母の方が好き)
でも残念ながらこの辺には美味しい日本食レストランなどなく…。
で、彼らはたまに出張でパリやらロンドンやらに行くのだけれど
その時は日本食レストランで食事をするらしい…わぉーなんか美味しそう。
私が行きたいっての。

で、前から『日本食ランチかディナーしてほしい』と言われていたのだけれど
体調がイマイチ(ただの悪阻だけど)だったからテキトウに流していたのだが
実は私たち家族、本当ーーにしょっちゅう彼らの家でご飯食べたりお茶したりしてるし
(多い時は週2回行くかも)さすがにこれだけ世話になっていて逃げ切れないし
彼女たちには『妊娠中でちょっと疲れやすいのよ』という言い訳はあまり通用せず…。
なんといっても産後6日、退院後3日で自宅で出産パーティー開いてた人たちだから。
で、もう一家族(ウリと同い年の男の子&二人目臨月)も呼んで家で今日ランチ。


の、予定、
だった。

 

昨日から降っていたキレーな粉雪のおかげで今朝は外もとってもキレイで
そしてすっごくいい天気、空気は冷たいけれど日差しは暖かいし
いつもは暗い家の中も雪の反射で明るく、田舎の雪はいいもんだわ、とか思ってた。
で、主人が『ちょっと道の様子を見てくる』と出ていったのはいいのだが
なかなか戻ってこない…電話をしてみようと思ったら食卓の上に置いてあるし!
やっと帰ってきたと思ったら、『ダメだ、道、凍ってて危ない。』だって。
…田舎の雪ってキレイだけどメンドクサイのでした。

もちろん道路には除雪が入っているのだけれど、チェントロから家に来るまでの
最後の3キロのローカルな道(山…)のみ、主人の4駆でも結構きつかったらしく
彼らのフツーの車(フツーのGolfとフツーのBMW)じゃ絶対来られないというので
私は『じゃぁ今日はもうキャンセルね!』と即効申し出たのだけれど
珍しく往生際の悪い主人は『車を途中で置いて歩いて来ればいいんじゃない?
お天気もいいし、散歩には最適だし』とか(←2歳児連れてるんだってば!)
『最後の3キロを僕の車で送り迎えするとか…』とかウダウダ言っていたのだが
結局のところ作るのは私だし、帰り本当に帰れなくなったりしたら笑えないので
『今日はやりません!』と決断を下し、みんなに連絡をしてもらった。

 

ってわけで、今日の食卓は昨日からちょっと準備してあったもの
買ってあった魚介類(えび・いか・となんだかわからん白身魚)を消費すべく
昼も夜もちょっと豪華…そして大量…。でも私としてはイタリア人呼んで食べるより
ゆっくり、本当に日本食の美味しさを噛みしめながらゆっくり食べられるので
キャンセルになって正直よかったと思っている…。魚介の天麩羅とか塩鮭とか
絶対に味わって食べたいもん!天麩羅ってなんか揚げてる人が損するし。

お昼のあとは、外に行きたくても行けず、かといって天気がよくて悔しいので
3人で庭を散歩しそのあとは3人揃って3時間近く昼寝をし
なんだかとーっても正しい休日を過ごした気がした。
明日は昼は姑の家で、夜はコックの友達の家でご飯の予定だが
果たして我が家からは行けるんだろうか…なんかダメな気がする。






CIMG6218
ルチアとマルチェロがいたら
一緒に遊べて楽しかったのになー。






CIMG6213
あ。雪だ。







CIMG6214
ぱくっ。うま!





CIMG6193
普段のお昼はワンプレートなのに。
お味噌汁はエビの頭のお出汁に大量ねぎとホウレンソウで
美味しすぎてボクは2度もおかわりをしました。
塩鮭は今までで一番いい出来でした。





CIMG6195
雪の日の階段は気をつけましょう。






CIMG6233
明日は出かけられますように!



da_nori at 08:35|PermalinkComments(4) イタリア生活 

2010年12月17日

ウリ30年後

今日洗濯物を畳みながら『流れ星』を観ていたら主人がやってきて
(日本のドラマ観てる時に限ってやたら話しかけてくるのはなんで)

『こここれ、誰?!』 って言うので
『日本の歌手(?)で俳優…』って答えたら
『彼は100%日本人??ウリ、そっくりじゃない!?
ウリの30年後はこんな感じだと思う。』だって。

誰かというと、それは稲垣吾郎…ごろーさん。ほーーぅ。ほーぅ…。
流れ星で言えば、私は断トツで竹之内豊の方がいいし
贅沢言うなら全然関係ないけど田島貴男みたい感じになると母は嬉しい。
ウリとは全然違う…。違いすぎる…ムリ。


で、関係ないけど昨日検診に行ってきた。
エコーの時に、先生もびっくりするくらいぐるぐる動いていて
あまりはっきり見えなかったのだけれど、先生曰く

『男には見えないな、女の子だと思うよ』だって。ひょぇー。

ってなことで、先生はちょっと先走ってウリに『ウリッセ!妹だよ!!』
とかって言っちゃった。まぁでもウリはまだ性別の概念がなさそうなので
いいけど…。まーだはっきり分からないから姑には黙っていよう。
来月帰国前にもう一回診察があるし、4Dエコーもあるので
その時には確実に分かるだろう…うーんなんか信じられんな、女…。







CIMG6175
どうもゴローです。
って、似てません!!




CIMG6177
今朝はマイナス8℃でした…。
ママは家の中でもほっかろん貼ってます。





CIMG6172
けなげに生きているラベンダーに
いい子いい子してあげているボク。
妹もいい子いい子してあげるよ!




CIMG6176
ノンナにこのジャケット買ってもらって本当によかった。
ママはジャケットの前を閉めると
お腹がきついらしく困っています。



da_nori at 00:32|PermalinkComments(4) 息子【Ulisse】 

2010年12月14日

クリスマスプレゼント到着

12月の初め、実家の母に

『これからクリスマスシーズンで、荷物とか届きにくくなるから
しばらくは荷物送らない方がいいかもしれんよ。』

とメールをしたら、『もう荷造りしちゃった』と。

ひょえ!大丈夫かなー、ちゃんと届くかなー?と思っていた本件。
母郵便局より発送が12月5日。こちらに到着が(しつこいようだが
我が家には絶対に届かず、勝手に姑の家に届けられる。)今日13日。
なかなかやるんでないのーー??びっくりしました。

ってなわけで、私への救援物資(あと1カ月もしたらまた日本だけど)の
梅干しとか、あとは丹波黒豆煮とか…ここ最近ちょっと喉が痛かったので嬉しい。
きっとお正月意識の煮豆だと思うのだけれど、今晩さっそく食べます。
(ってかもうとっくにつまんだが。ウリも食べた。)

メインは義理両親、義理兄ファミリー、私たち夫妻、そしてもちろんウリへの
クリスマスプレゼント!!正直『クリスマス前にはまず到着しないだろうなー』
って思っていたのでとっても嬉しい。ママありがとう…賭けてみた甲斐ありました。

私たちからウリへのプレゼントは、特に本人からのリクエストってのもないので
アマゾンjpでDVDと本を注文して、来週こちらでクリスマスを過ごすためやってくる
親友みのりの東京の家に既に送付済み。忘れずに持ってきてくれることを願う。
DVDは、ちょっと早いかなとも思ったけれど、なにげに私が観てみたい
BBCウォーキングwirhダイナソーシリーズの“恐竜時代 太古の海へ”を始め
ウリも私も大好きな絵本のスノーマンのDVDとか全4作品。そしてウリの愛する
おさるのジョージの本、持ってないものを1冊。

この夏に六本木ヒルズでやっていた恐竜展に行って以来、ジャコモほどじゃないけど
結構恐竜は好きなウリ。恐竜の絵とかオモチャとか見るたびに

『行ったねぇー、おっぽんぎ、みきつんと行ったねぇー!!きょーりゅぅ!』

と大喜びなので(結構記憶力いいね、そしておっぽんぎというのは六本木のこと。)
このDVDも喜んで観るといいのだが…でもなんか『怖いー』という予感大。
おさるのジョージは今現在3冊所有していて、もう本気で200回ずつくらい読んでいるので
私も飽き飽き…。なので一冊違うのを買った。きっと実家には私のがあるとは思うけど。

あとは、義理両親からウリへのプレゼントのみ未確定。
『何かウリへのプレゼント、のりの好きなもの買っておいてちょうだい』
と言われているのだけれど…おもちゃはもういっぱいあるから今のとこいらないし
私はイタリア語の本を選ぶのはあんまり自信ないし…かといってお洋服は
欲しいものがたーーーくさんあるが、あとちょっとでセールになるというのに
自分か買うのでないにしろ、今定価で購入するのはどぅぅぅぅぅーーーしてもイヤ!!
とか言ったら、『セールになったらまた何か買えばいいじゃない』とかって言うし
まだ何も決まらない…レゴDuploの飛行場セットかなぁ…でも、ウリは本当はもう
Duploじゃなくて普通のレゴでもいけるけど、来年にはまた新生児がいて危ないからな。

ぐぅーーー悩むだよ。
きっと私が選べるのも今年が最後だろうしなぁ。






CIMG6165
ボローニャ日本人家族会のクリスマスパーティー。
最後に登場したサンタにびびり、外に逃げだしたウリ。
でもちゃんとダウンジャケット着てから逃げ出すあたり
やっぱり几帳面で用意周到な私の血を受け継いでいて
笑えた…楽しかった。




da_nori at 02:07|PermalinkComments(0)

2010年12月09日

ここのとこ

クリスマス前だから?師走だから?(ここはイタリアだが)
なんだか外出続きで、必然的に外食続きで(個人宅でのご飯含む)
さらに必然的にはイタリア料理続きってことになるのでめちゃくちゃ胃が重い。
日本食だとお腹いっぱい食べても2~3時間後にはもうすっきりしているのに
イタリア料理だと6時間たっても7時間たっても苦しいのは何でだ。
あーー妊婦のせいもあるか。

イタリア人たちは子供相手、彼氏彼女相手だけでなくものすごい頻繁に
クリスマスプレゼントを交わしあうのだけれど(そうだよね?)
それは個人同志のみでなく会社間でも行われる様子で(お歳暮みたいなもんだ)
最近ちょくちょく大口のワイン注文、もしくは普段はあまり捌けない
マグナム(1500ml)の注文が入ったりする。で、普段は捌けないものだし
基本送りモノ仕様のものだからラベルは貼らずにカンティーナに保存してあり
注文が入ってから出してきて、キレイにして、ラベルを張って、木箱に入れて、
請求書作成して、と慌ただしく用意する主人…毎年のことなんだからどれくらいの
注文が入るか確実ではないにしろ予測は可能なんだからちょっとくらい
準備しておけばいいのに…と思うのは私が日本人だからか?いやいやいやいや。
どうせウリが昼寝している間に私が色々やらなきゃいけないことになるんだし…。

それに加えて、今年からはオリーブオイルの生産も始めた主人。
まだ数はそうは作ってはいないけれど、これがこれが非常にレベルが高くてびっくりする。
もともとここBrisighellaのオイル(Cantina socialeのもの)は有名で
かなり辛みが強くて美味しいけれど、私個人的には主人が作ったモノの方が好み。
主人のワインもこんなに美味しいのだろうか…だとしたら飲めない私は非常に残念だと
最近痛烈に感じ始めている…。でも出産してからずいぶん体質変わったし
来年あたりか授乳が終わったらちょっとずつ試してみたいなとかまで思ってる。
いや辞めた方がいいかな。

今はイタリアも不況だし、ワインの方の売れ行きは以前より下がっているようだけど
(あと、飲酒運転の取り締まりが厳しくなったのも非常に影響がある様子)
このオリーブオイルとあともう一商品作り始めた『オリーブのオイル漬け』は
なんだかいい調子で売れている様子。(オリーブの方は完売したらしい)
この調子でワインも沢山売れて、私とウリの航空券代を稼ぎだしてほしいもんだ。






CIMG6158
なかなかステキなオリーブオイル。
ちなみにこの金色のカプセルをくっつけたり
(美容院のパーマ機械みたいな?めちゃ高温のモノでやる。
これが結構重いが、楽しかったり)ラベルを貼りつけは私が。
ママ、おばちゃま、年明けに持って帰るから待っててね。





CIMG6160
リビングルームにやっとライトが付きました。わーい。
工事のオジサン、高所の作業大変そうだった。
あとはドア交換、カーテン、カーペット、本棚
壁の絵と額…10年かかるかもね。



da_nori at 16:56|PermalinkComments(2) Filippoワイン関連 

2010年12月01日

日本人鍋伊太利亜人鍋

義理兄夫婦は一度日本に来てから、そして主人に洗脳されて日本のご飯が好き。
(どちらかと言えば、夫の方より妻の方が積極的に好き。)
というわけで、『じゃぁ久しぶりに家で一緒にご飯食べよう』と言うことになり
先日、義理兄ファミリーが我が家に晩御飯を食べに来た。
 
なんだけど、私今現在イマイチ体調が安定していなくて、結構イケル?っていう日は
かなりアクティブに動いても平気なんだけれど、日によってはちょっとご飯作るのも辛かったり
人にお出しするようなものは作れない可能性があるので、『鍋にする』と事前に言っておく。
 
そしたら、主人が『ホントに鍋だけ?』とかって言うからややかっちーーんときてしまった。
鍋だけ、って、日本人が鍋を食べる時は鍋だけだし…言っておくけど、このイタリアで
ちゃんと土鍋でカセットコンロで白菜もニラも大根おろしも薄切り肉やらお豆腐やら
ごまだれとかすべて揃った鍋ができるって結構贅沢なことだと私は思うけどね!!
 
んで、『でもなんかアペルティーボは必要でしょ』とか言うから(いやいらんでしょ…)
ナニ人に出してもウケのいい、生春巻きを作りホウレンソウ胡麻あえとお漬物を用意。
これだって作ったこともない主人は簡単な見た目で騙されてるけどさぁ…生春巻きだって
蒸し鶏作ってエビやら春雨やら茹でてデリケートな皮扱って結構メンドクサイのよ。
『あの、ロレンツォ(義理兄の名)が前食べて好きだった辛いお豆腐(マーボーだ)も作って』
とかいうのは、即却下…メンドクサイし、鍋の前に食べるものじゃないし…。
ってなわけで鍋の準備も万端、みんなで適当に生春巻きアペルティーボしながら
子供たちを遊ばせていたら、また主人が
『のり、餃子あったよね?ちょっと焼いてよ、ロレンツォ好きだと思うよ』
とか言いだし、義理兄も『是非』とか言うので餃子も焼いた…。
その時点で、正直言って、白米があれば日本人的には結構ちゃんとしたご飯が成立。
 
どんだけ食べるんだイタリア人はと思いつつ、鍋に突入したのだが
彼らめったに食べられない日本食だからと思っているのか異常に食べる。
義理姉なんて、普段はびっくりするくらい全然食べないのにやればできるんだねと思うくらい
まーーーよく食べるし、すごく積極的に色んなもの試すんだよね、ラー油とか
ゆず胡椒とか七味とか山椒とか色々使ってみたり。(ゆず胡椒が好きだったみたい)
 
前もちょっと思ったけど、ガイジンと鍋をすると、誰も勝手がわからないので
結局私が具材を入れて、食べ頃を見計らって、取り分けて…と私がやることになるし
『これはなんだ』とか『これにはなんのソースが合うの』とか質問攻めになるし
私はほぼ立ちっぱなしであまり食べられず…ということになりがち。
腹が立つので、勝手が少しはわかる主人に『ちょっと野菜入れてよ!』とかって言うと
火の通りやすさ順とかも気にせずガンガン突っ込み、しまいには中身をお箸で
ぐるぐるかき混ぜたりされて『混ぜるなーーー!!』と叫んで夫婦喧嘩になったり。
(主人は、なぜ混ぜてはいけないのか今でもわからない。)
 
最後のおじやの頃には私はもう食べ物の匂いはいいわ…と思うし、正直ぐったり。
こんなんだったら、ちょっと手がかかっても食べる時に全て用意ができている
普通のご飯の方がよっぽどラクだったな、って確か前にイタリア人と鍋した時にも
思ったんだった…日本人だけだと鍋は楽しくて美味しくて手抜きにもなるのだが。
あぁ日本人と鍋がしたい。ってか日本で鍋食べたいよー!!






CIMG6134
鍋の話を書いたのに鍋の写真はもちろん一枚もなし。
最近お昼とかオヤツにまた作り始めたバウル。
なに入れても美味しいので便利だす。
ここんとこで一番美味しかったのは
残り物ハッシュドビーフ+刻みゆで卵+チーズ。
多分カロリーは高い。いいんだ美味しければ。






CIMG6152
好きだったことすら忘れていたくらい久しぶりに春巻き。
春巻きって…ホント美味しいねなんだこの料理は!!
・・・って揚げものならなんでも好きなんだけど。
切り口ばらばらになるくらいパリッパリ・・・ウリも3本食べたよ。
また近いうちに作ろっと。






CIMG6143
週末に、ミラノ日本人学校で行われている
北イタリア日本人会主催のラ・フェスタに初めて行った。
おもちつき。




CIMG6142
おもちつきの音にびっくりしているボク。






CIMG6139
ミラノの地下鉄のウルサさにもびっくりしているボク。
電車なんか日本でしか乗らないもんねぇ・・・。
池上線は静かだもんねぇ…。





CIMG6146
ママは日本人のお友達と沢山お喋りして楽しそうだった。
パパはお寿司と肉まんとお稲荷さんとキムチと
焼き鳥とおでんと大福とカステラを食べて
お酒も飲んで嬉しそうだった。
ボクも楽しかったよ。


da_nori at 07:15|PermalinkComments(8) 食べ物