2011年07月

2011年07月26日

たまにはお出かけを

この土曜日、突然主人の仕事の予定が前日にキャンセルになって
(いや、家でやる仕事はいくらでもあるのだけれど)
私のテンションはちょっと上がる…だって週末って主人の仕事の都合で
いーーーっつも家にいなきゃならなくて、なんかつまんない。
平日の空いている時に色んなことができるのはいいっちゃいいけれど
でもやっぱり、たまにはなんていうかこう、活気っていうか
人並の週末の生活が送りたい…なもんで、『どこか行こうよー』と私は大騒ぎ。

主人は明らかに家にいたそうな空気を醸し出していたけれど
絶対そんなのはゴメンなので、私は『たまにはどっか行かないとウリがカワイソウ』
とかって、こんな時にウリの名前を出す…そうすると主人にはとっても効果的。

海の方角に行くと、確実に取り返しのつかない渋滞にはまりこむ羽目になるので
それは避けるために逆方面に行くことにし、どこに行くか考える…。
(そしてそもそも私は海には興味がないので海に行くという選択肢はナシ)
普段は『あそこ行ってみたいなーこれやってみたいなー』ってことが結構あるのに
実際に行けるとなると、なんか思いつかない…メモしとかなきゃだめだね。

海とは逆方面で、子連れで日帰りで行ける最長距離、行ったことないところ…で考え
決まったのはパルマ。そうそう、妊娠中にパルマに行こうかとか言われたことがあって
『妊娠中にパルマなんて嫌がらせ?』とキレたことがあったのだった。
(パルマは生ハムが有名…そして妊婦は生ハム食べられんのでね…)

別にね、実は行き先なんて海方面じゃなかったら別にどこでもよかった。
ただ、いつもとは違うところに、家から遠く離れて日常とは違ったことがしたかった。
生ハムだって、普段ここらへんで食べているものでも私には十分美味しいし。
ただブラブラ街を歩いたり、ウリと沢山話をしたり(いつもじゅーぶんしてるけど)
主人ともこう、なんていうか、喧嘩腰じゃなくて(喧嘩腰なのは私だけだけど)
フツーの会話をしてさ、ご飯作ったりそういうこと考えなくていいのも嬉しい。
どこに行くか、何をするかも大切だけれど、結局一緒にいる人っていうのが一番大切。
一緒にいて楽しい人たちならどこに行っても何をしても、楽しい。
(でも家にはいたくない、というこの矛盾…わかってよ!!)

まだジェアが小さいから、行き先や出来ることにも限りがあるけれど
ジェアがウリくらいになったら色々なところに出かけていけたらいいなと思う。
とりあえずは、来月義理兄ファミリーとドロミテへ行くことから始めてみよう。
毎日ジャコモと朝から晩まで一緒だなんてウリは今からとっても楽しみにしていて
きっともう手がつけられないくらいにテンションあがっちゃって大変そうだけど。
いい親族に恵まれて私は本当にラッキーだな、うん。




CIMG7267
Duomoのライオンが怖い。
そしてボクのデニム丈が微妙。
ママヘンな風に折らんでよ。




CIMG7270
はよ生ハム持ってこんかーい!!






da_nori at 06:25|PermalinkComments(4) イタリア生活 

2011年07月23日

ジェアとふたりっきり

昨日は主人とウリがふたりで外出。
朝9時から、16時位まで。お昼も、ふたりは外で。

今まで、

・ウリを姑に預けて主人と外出、もしくは一人で外出。
・ウリと主人が家で留守番、私が一人で外出

ってことはあったけれど、ウリと主人が二人で出かける機会って
たまに二人で買い物に行くとかノンナのところに行くとか
ピザ買いに行くとかそれくらいで、こんなに長時間
私がウリ抜きで家にいることってなかったから
そりゃぁ前の日から私はワクワク…ナニしようかなーーとか。


色々色々考え過ぎて、でも、結局やったことと言えば
ウリがいると邪魔(彼曰く、お手伝い)されるところの徹底的な掃除とか…
マットレスに虫駆除のスプレーして掃除機かけたり…
気合い入れて晩御飯のオカズ仕込んだり…
カーテン洗濯したり…使わないおもちゃの仕分けしたり…
そんな感じ…そんなこんなで何にも大したことしてないけど
ひとりでゆっくりできて一日がものすごく長かったし
(って、もちろんジェアはいたわけだが)すっごい有意義だった。

それに、何より、帰ってきたウリがものすごく可愛く見えて
パパと何をしただの何を食べただの何を見ただの一生懸命話していて
『ジェアちゃん大丈夫だった?』とかなんか(余計な?)心配してたりして
なんかちょっと自信満々って感じだったし、成長しているようにも、見えた。

そして、おっぱい・おむつだけでOKの新生児(もう違うか…乳児?)って
なんて手がかからなくてラクなんだろう…と思ったんだけど
でもウリの時はそうラクとも思わなかったから、恐らく、これは慣れ?
それとも、ウリの時は私の体調が非常に悪かったからかな?
ジェアとふたりっきりになるのなんて病院以来だからそれもよかった。

今後も、たまにふたりでこうやって外出してもらおう。
って、幼稚園行きはじめたら毎日こんな感じなのかな?




CIMG7261
パパのイトコからお祝に戴いたお洋服。
完全にママの趣味から外れてますが…その上
着せてからママ『ぶふっ』って笑いましたけど…失礼だ。
お隣の相棒シュタイフのクマちゃんは
バーバがミュンヘンで買ってきてくれました。





b8ddabc2
(生後同じ時期のウリ。濃いなーー全然違うなー。
そして、確か夜寝なくて私困ってたのを思い出した。
これも確か夜中2時あんまり寝ないもんで
一人でカメラ出してきて撮影していたんだった。)



da_nori at 05:37|PermalinkComments(3) 妊娠出産育児全般 

2011年07月20日

まんまるおなかの女の子…

週末に、主人の幼馴染たちと一緒にみんなで
夜な夜な子供達と一緒にジェラートを食べに行く。
(こんな田舎じゃ娯楽なんてそれくらいしかない)
普段は20時にはベッドでぐっすり眠り込んでいるウリも
日曜日はまぁ特別。ジェラートも、週に一度のお楽しみ。

殆どの人たちがジェアと会うのが初めてだったので
みんなまたイタリア人特有のむやみに長いカラミというか
イジリというか『なんで人の子供にそんなに興味あるのかね?』
と思いたくなるまでの、喰らいつきようで、改めて笑える。

『どっちに似てる』だの『ウリッセとは似てない』だの色々言うので
私がここ最近ちょっと思っていたこと…『ポニョに似てない??』と言ったら
みんなが恐ろしいまでの勢いで、『に、に、に、似てるーーー!!』だって。
やっぱり…一人の人なんて、『さっき初めて見た時に、誰かに似てると
思ったんだけど分からなかったんだよね、でもわかった、それだ!』って。
いや、私はちょっと思っていただけで、そ、そこまで似てるかな…?

それより、こんな40近い、もしくは過ぎの大人たちが(子持ちなら分かるが)
みんなポニョを知っていたことに私は驚いたよ。




CIMG7217
ぽーにょぽにょぽにょ。




CIMG7227
やっとジャコモがプールに遊びに来てくれた。
嬉しくってボクは壊れかけてしまった。





CIMG7210
ママも先生からプールOKの診断を貰いました。





CIMG7233
来月には、ジャコモとルドと一緒に
ドロミテに行くんです。
毎日ジャコモと一緒ぉぉぉ!!







da_nori at 04:25|PermalinkComments(2) 娘【GEA】 

2011年07月13日

イタリアでの初体験

そうそう、そう言えば。

ジェアを産んで退院する時、本当に帰る間際に看護婦さんがやってきて

『これ、今朝はもう打ったからいいけど明日から毎朝5日間打ってね』

とさらっと注射器の入った箱を渡した…確かに入院中、毎朝6時位に
注射されていたけど正直なんの為のものなのかよく分かっていなくて
改めて聞いてみたら帝王切開の手術後の血栓防止のための注射だったそうだ。

…っって!自分で打つんかーい!絶対にムリ!!と思ったので看護婦さんに
『出来ません…』と言ったら『は?!』みたいな感じで大袈裟にバカにされた。

『今日は薬局が休みだから(日曜日だった)それ、あげるから。
自分で出来ないんだったら旦那さんか、今はお母さんもいるみたいだし誰かに
打ってもらえばいいでしょ、みんなやってることだから、何言ってんの!!』

とかなんとか言って出て行ってしまった。本気でムリ…母もイヤだと言うし。
(いやフツー一般的な日本人はイヤでしょう)

私がしつこく『ムリムリムリムリ絶対やだ怖い』と騒いでいると主人は
『簡単だよ、ただ肉つまんでちょっと刺せばいいんだし』とか簡単に言うので
『やったことあるわけ?』と聞いたら、『ないよ』だと…なんだそれ。
私は普段普通に病院でされる採血や注射はまったく大丈夫だけれど
家庭でまったく一般人にされる注射が怖いと言っているわけで…。

姑なら慣れてるだろうから(たまに舅にしてる)お願いしようかとも思ったが
そんなことで毎日来てもらう(もしくは、行く)なんてありえないので
ここはぐっと堪えて主人に打ってもらっていたのだけれど…本当に怖かった…。
で、痛いし…くだらないけれどこれで毎朝夫婦喧嘩…ヤダヤダ。

イタリアでは一般家庭でフツーに注射をするのは知ってはいたけれどまさか自分が
することになるとは…出産って言うのはホント色んなこと経験しちゃうね。
あぁーでも今後、ウリやジェアが大きくなるにつれて色々そういうのもあるのかな。
怖いな…されるのもイヤだけどするのはもっとイヤだ。

ちなみに…家に帰ってきてからその注射器セットの箱を見ていたら
値段が印刷されてあって、40ユーロくらいしてた。
通常だったら自分で薬局で購入するものみたいだから
退院が日曜日でラッキーだったなーとか思ってしまった。





CIMG7176
昼間はこんなに健康的なプールも。





CIMG7193
夜になると一気にムーディー。




CIMG7197
もちろん寒くて入れません。



da_nori at 06:40|PermalinkComments(4) 妊娠出産育児全般 

2011年07月11日

ここ数日の感じ

暑い…家は山の中にあるから、街に暮らす人からすれば非常に涼しいらしいけど
やっぱり料理したり掃除したりするともうどうしようもなく暑い。
そして、授乳してると私とジェアでふたりでじーっとり汗をかいちゃったりして
非常に暑い…なもんでジェアは一日2回はお風呂に入れている。
(ウリは皮膚がとっても強いけれど、ジェアは私似か、ちょっとかぶれたりする)

母が東京に戻ってから5日が経つが…なんか既に遠い記憶の様な…なんで?!
母がいなくなったらどうしよー私眠れるんか?!掃除とかちゃんとできるんか?
洗濯モノとか溜まっちゃうんじゃないの?!ちゃんとご飯作ったりできる?
と心配していたのだけれどなんか思いのほかちゃんとできている気も、する…。
気のせい?ここでは時の流れがゆーっくりで他にやることあんまりないからか。

ここ数日、ちょっとウリッセの生活リズムを変えてみた。
以前は20時とか20時半とかに晩御飯みんなで食べてから寝ていたのだけれど
お昼寝を少なめ、もしくはまったくしないでウリと私は19時頃に晩ご飯を食べて
20時頃にはベッドに連れていく…主人には、テキトーに好きな時間に食べてもらう。
夏のイタリア生活で毎日これをやるのはとっても難しいけれど
普段主人が働いていてどこにも行かない日は(今の季節0時過ぎまで仕事してる)
このペースを保ちたい。じゃないと、ジェアもいて、私の体力がもたん。

そんなわけで、ウリは夜20時過ぎには寝てしまい、12時間位朝までぶっ続けで寝る。
ジェアは、もちろんまだ小さいから安定はしていなけれど大抵夜は
6時間は寝るし、昨晩は初めて8時間連続睡眠を達成したので
私もずいぶんゆっくり休める…そして二人が一緒に昼寝をしている時は
私も30分でいいから一緒に寝るように努めている…ふたりが一緒に寝ている時こそ
色々やりたいことはあるのだが…私が元気じゃないと子供たちにもよくないかなとか思い。

ウリ誕生時と同様、母は早速区役所に出生届を出しに行ってくれたとのこと。
本来だったらミラノの領事館に行くのだけれど、この暑さでウリとジェア連れて
ミラノまで…なんて考えられないし母が色々やってくれて本当に本当に助かる。
そして、ウリの時は日本パスポート作りに領事館まで行ったけれど
今回はそれは東京帰ってからにしようと思う、交通会館は家から行きやすいしね。

あとは、とにかくこの腰痛をどうにかするのみ。
ずいぶんよくはなってきているのだけれど、でもこれからどんどんジェアも重くなり
でも『抱っこできない』ってわけにもいかないからな…むーん。




CIMG7181
2年前にママが買ってくれたロディ。
今年はとっても楽しめてます。




CIMG7172
ここがボクのお気に入りの場所です。
ラベンダーに香りがして、日陰で涼しいの。




CIMG7170
パパが押さえていてくれたら泳げます。





CIMG7175
相変わらず人が沢山います。
ウルサイです…。





CIMG7168
どすこーい!!さらっと5キロ超えのワタシ。
このツナギのお洋服、ママはこの夏中
着せるつもりだったみたいだけれど
もう来週くらいには入らなくなりそうです。
新しいの買ってね。



da_nori at 01:51|PermalinkComments(2) イタリア生活