2011年10月

2011年10月28日

2011年冬日本への旅

昨日昼、無事に実家へ到着しました。
ウリ3歳1カ月、ジェア4カ月を連れての一人での日本への帰国は
結構無謀なのじゃないかと周りから言われてはいたけれど
私自身は『いや、ウリとジェアならイケル!』と思っていて
結果、やっぱりそこまで大変ということもなく順調な旅だった。

今回は初のアリタリア限りなく満席という状態だったのだけれど
真ん中列の3席はまるまる使わせてもらえたのでまぁよかった。
それに、満席と言ってもほとんど日本に帰る日本人の観光客なので
騒々しくもないしお手洗いもキレイだし皆親切だしよかったよかった。

ただ唯一ちょっと困ったのは、私がジェアを抱っこしていたり
授乳していたりかかりっきりの時に、ウリがお手洗いに行きたくなった時。
(ウリ、オムツ完全に取れたのまだ先月だから…)
お家だったらすぐに連れて行ってあげられるけれど、そうもいかないし
お手洗いに並んでいる人が多くてすぐに入れないこともあったりで
焦ったりもしたけれど、周りの人たちがジェアを抱っこしてくれていたり
あやしてくれていて、本当に助かった…周りの方々には本当に感謝。

『ママは小さいジェアがいて大変だから、空港でバーバに会うまで
ママを助けあげて、ママの言うこと聞くこと。』と出発前に主人と約束したウリ。
大好きなパパとの約束をずっと守って、確かにミラノの空港の
セキュリティチェックを過ぎてから搭乗待ち、飛行機の中、降りてから、
荷物を受け取って、ゲート出てバーバに会うまで、本当にいい子に頑張っていた。
ただ、ウリはいつも通り飛行機ではあんまり寝ないし
ジェアも非常に眠りが浅かったので私もほとんど寝ていない。
(眼だけでもつぶっていたけれど。)

…けど、本当に約束通り『バーバに会うまで』で、会っちゃったら異常に興奮し
調子に乗りまくってはしゃいで空港内を走り回って私は呆れた。
でもまぁ長いこと狭いところで静かにしていたんだからちょっと位仕方ないか、な。

今日も21時にはベッドに入ってすんなり寝たし…
明日の朝すっごい早く起きたりしなきゃいいけど。
私は明日ウリジェア預けて美容院。
早くこのめちゃロングヘアをどうにかしたい。

そして、初ジェアに、ジージはメロメロメロメロ。
やっぱり女の子孫ってのはまた更に可愛いのかなぁ。
ウリも、ジージは甘いのでかなり調子に乗って色々要求し
そのたびに私に怒られて一瞬しょげるけれどまたすぐ復活…を繰り返している。
まだちょっとテンションが変で私も疲れることもあるけれど
もうちょっとしたらフツーになるでしょう…そしたら色々出かけて行きたい。
東京のみんな宜しく。




CIMG7695
ミラノでは恒例のハトコたちとはしゃぐ。





CIMG7708
アリタリアの機材は相変わらずボロボロでした。
でもボクの席のテレビはちゃんと動きました。
ニモとかカンフーパンダとか観ました。



CIMG7699
ワタシ長さギリギリですけど。
(2時間くらいしか寝なかった…)




CIMG7701
結構寝心地いいですけど。
(これまた2時間しか寝なかった。)





CIMG7710
その代わり今日のお昼間、寝る!
(やーめーてーー!!by母)




CIMG7711
ふたりとも、寝る!寝る!5時間ぶっ続け!
(ひぇぇーーー…by母)




CIMG7716
夕方スーパーへお買い物。
さんまのお刺身を食べました。(ママが)



da_nori at 22:51|PermalinkComments(9) 日本一時帰国 

2011年10月21日

置いていかないでね

我が家のお台所は、海外では普通によくある…なんて言うの?あの
冷蔵庫とか食洗機とかが全部家具の中に内蔵してあるやつ。
外から見たら非常にスッキリかっこいいけどはっきり言って
この冷蔵庫、使い勝手と言ったらまったくもってよくない。

なんか閉まりもイマイチ悪いし(最新冷蔵庫の様な密閉する感じゼロ)
そもそも冷凍庫を開けるのに一度冷蔵庫自体を開けなきゃいけないって
なんてエコじゃないのかなーって思うけど…それにイマイチなんか
冷え自体もそんなによくないし、もうなんつーか全てが見た眼から入るとこ
めっちゃこの国って感じだけど。まー別にいいけど。

で、前からちょっと怪しいなーって思っていた冷凍庫のドアが、壊れた。
正確に言うと、取っ手が部分が壊れた。冷蔵庫自体はまだ元気なので
メーカーに電話したところ、ドアごと取り替えてもらうことになり
まぁちょうどパッキンの部分も摩耗していたしちょうどいいかな、と。
で、イタリアにしては結構早くちゃっちゃと修理のオジサンが来てくれた。

日本だと、修理だとか業者の人が家の中に入った場合、作業が終わった後は
前のように、もしくはそれ以上にキレイにして帰っていくのが当たり前だが
ここでは、作業して散らかしたものはみーんなそのまま放置して帰っていく。
壁をドリルで開けたりとか、配線をどうこうしたりとかしたあとなんて
そりゃぁ大変なことになっていてただでさえ土足で家の中にずかずか上がられて
(まぁ別に土足文化だから仕方ないんだけれど)結構ブルーなのに
そのあとの掃除のこととか考えると、ホントなんかテンション下がる。

『なんで元通りにしてかないの?信じられん!』と昔は怒ったりしたものだが
主人に『ここは日本じゃないし。あの人たちの仕事は修理であって
掃除じゃないからね』と言われ、なんか妙に納得。うんうん。

で、今回も朝7時50分に修理の人が来てくれて(イタリア人朝早いよ)
ちゃっちゃとドアを交換してくれたんだけれど、なんかそのおじさん
帰る時にフツーに古いドア置いていこうとするので『持って行って下さい』
と言ったら『君、棄てておいて』と、言う…なんで?どうして??
もう一度頼んだら、『君が棄てても僕が棄てても同じでしょ』だって。
意味分かんない!だったらあなた棄ててよー!って思う私がおかしいの?
見かねた主人が『いいよ、僕が棄てに行くから』だって。ばっかみたい。
なんかここでは、これも別に普通のことなんだって。
壊れた冷蔵庫のドアなんて家にあってどうしろっていうのさ。
はー。でも直ってよかった。

さてさて今日で今年のウリの幼稚園はオシマイ。(ウリお疲れ!)
あと5日で、また暫く東京へ行きます。
ウリは6回目の日本、ジェアはもちろん初めての日本。
もちろん私ひとりなので、ちょっと旅路は大変かもしれないけど
ウリが『ウリッセ、いい子にする!頑張ろう!』と言うので
挑戦してみます。クリスマス前にまた主人が合流します。
また、沢山、色んなこと吸収してくれるといいなと思う。

とりあえずは、体調を整えて(皆びみょーに風邪っぴき)
無事に出発できますように。東京の皆待っててね。




CIMG7661
秋に東京に行くのは初めてです。
すっごく楽しみです。
ノンナはちょっと機嫌が悪いです。
ママはそこんとこさらっと無視。




CIMG7663
予防接種も2度目まで受けました。
ウリ兄さんは2度目以降の予防接種後には
必ず熱を出したけれど、ワタシは元気。むん!
4か月の検診も問題なしだし(いかにもなさそうだ)
早く東京でジージに会いたいな!



da_nori at 22:03|PermalinkComments(4) イタリア生活 

2011年10月14日

なんでも知りたい

姑は空気を読んだり相手の反応を見たりとかそういうことはしないので
自分の喋りたい時に、喋りたいことだけを、ひたすら、喋る。
話題がその場に同席している人が興味のある内容であるかどうかとか
そのタイミングで話さなければならない内容であるだろうかとか
もちろんそんなことはお構いなしで…一番性質が悪いのは
自分たち家族+他人が一緒にいる時…いい母、いい妻、いい姑
そしていいおばあちゃんであることをアピールしたいのか
とにかく彼女のテンションはMAXに上がって結構メンドクサイ。

自分だけが知らない等ということは断じて許されないし、家族に関することは
(彼女にとって家族とは自分の旦那さんだけでなく息子家族も家族に含まれる)
全て把握しておかないとまったくもって気が済まない。
本人にはそのつもりはまったくないのだと思うけれど、私から見たら絶対そう。
そして、本人にそのつもりがないだけにそりゃぁもうやっかい。

さて、ウリッセ。
幼稚園に行きはじめてそろそろ1カ月がたつ…予想通りかなりかなり楽しそう。
でも…もともと色んな人と会う環境にいた方だとは思うけど、やっぱり新しい環境で
更に新しい沢山の人たちと密な関係を築いていて、我慢していることもあるだろうし
毎日かなり身体も神経も使っているわけでやっぱりそれなりに、疲れているのも事実。
お迎えに行くとそりゃスバラシイ笑顔でめちゃ楽しそうに友達と遊びまくっているけれど
幼稚園を出ると一気に疲れが出るのか、ちょっとテンションが変わることが多い。
車に乗せても、ぼーっとして外を見てたり幼稚園で覚えた歌を口ずさんでいたり
ジェアに何やら話しかけていたり、普通に私と話したり…少し落ち着きたいんだろうね、
切り替えの時間って言うか…ちょっとわかるよ。

私も、ウリが幼稚園でどんなことをしたのかとか、もちろん興味はあるけれど
私自身がやれなんだかんだのって聞かれるのは鬱陶しくて好きじゃないし
なにかそれがウリにとってプレッシャーみたいになるのもイヤなので
ウリが話したかったら話して、そうしたら聞く、というスタンスにしている。
もちろん、たまにこっちから聞くこともあるけど…もしかしたらちょっと私の認識違いで
間違ってることもあるかもしれないけどそれはウリのその時の様子次第で判断してる。

さて、ここで、姑…最初に書いたとおり、彼女はこういう性格。
先日も、ウリが幼稚園終わった後に会ったら会うや否やウリを膝に乗せ
例の如く高い歌うような声でウリの耳元で

『ウリッセ!今日は何を食べたの?
ノンナのご飯より美味しかったってことはないわよね?
ナニをして遊んだの?三輪車には乗ったの?
今日遊んだお友達の名前は?アキーレは今日も来てたのかしら?
幼稚園で歌ったお歌、ノンナにも聞かせてちょうだい!』

と、質問攻め。しかも質問したらウリが答えるまで黙ってればいいのに
自分で答えっぽいことまで言っちゃうところが私はどうかと思うのだけど。
(お友達の名前は?って聞いておいて、『アキーレ』って自分から言っちゃうとことか)
で、ウリはまだ3歳の私達の息子だから、私や主人が今のところ
ウリのことを一番よく分かっているという事実を抜きにしても
(もう何年もしたらきっと私達の知らないことの方が増えるのだろうが)
フツーの人だったら、ウリがちょっと今は疲れていて、そういうことを
張り切って話したい気分じゃなさそうだし放っておいて欲しそうだなって言うのは
分かるはずなんだけれど、(少なくとも日本人ならわかる!)彼女には分からず…。
でもウリは大好きなノンナにテキトーな態度を取ったり私たちにたまに言うみたいに
『わかんないっ!』とか『知らないのー!!』とか言えなくてなんかちょっと辛そう。

ううぅぅーー3歳児なのになんてケナゲ!
そして、ノンナの『ナニを食べたの?!?!』攻撃に対し
(彼女にとって、私たちがナニを食べたかってなんだか異常に大切なことなん。
私とか主人にもいちいち聞くくらいだからね。)ウリはもう言いたくなかったのか
ホントに忘れてたのかめんどくさかったのか分からないけど、
(確かに、プリモセコンドコントルノドルチェいちいち説明するのメンドクサイわ)
もうちょーテキトウに小さな声で『ラーメン』とか答えてた。ラーメンって!!
とりあえずメンドクサクなったらラーメン。すごい日本人ぽくて笑っちゃった。
姑は????ってなってたけど。

って、こんなに書いたけどーホントはいい人なんですよ、姑。
って、遅いかね。遅い?





CIMG7657
ここはリュックとコートを入れるロッカーです。




CIMG7655
ここにビニールポケットが設置されておりましてー。
ポケットに各自の写真が貼ってありましてー。
保護者へのお手紙連絡事項は
いつもここに入れられているんです。
ママは『なんかイタリアっぽくない』って思ってます。





CIMG7660
上のポケットに貼ってあるのはこの写真。
イタリアのインスタント写真の機械で撮った割には
とってもキレイなのでママはびっくりしていました。





da_nori at 06:24|PermalinkComments(8) ウリッセ幼稚園 

2011年10月13日

オレンジ色のタツノオトシゴ

幼稚園では、まだ字が読めない3歳児には、子供達が私物を
自分のものだと認識できるようにそれぞれマークと色が決められている。
例えば、ウリッセは『オレンジ色のタツノオトシゴ』…(なぜタツノオトシゴ選ぶ?!)
これが、布にスタンプされて切り抜かれて親に配られて(ちょっとカワイイのよ)
食事の時のエプロン、お昼寝のシーツ類に縫い付けるように指示されていた。

んで、この間お迎え行った時にウリの私物を持ち帰ろうと
ロッカーのところに行って、他の子供のエプロンが見えた時に
思わず、そう、思わず二度見するくらい、ホントにめちゃめちゃ驚いてしまった。
もーー笑えるくらいに他の子供のマークの縫い付け、ガタガタ…冗談かと思った。
まさか3歳児本人がやったのか?と思うくらいにヒドイ。
なんか、こう、なんていうか、もうある意味アート。
(流石にこれは申し訳なくて写真に撮れなかったよ。)

日本の小学生の方が絶対にウマい。
ってか常識的な日本人だったらここまでひどかったら
これを自分の子供に幼稚園に持っていかせられないと思った。
別に特別器用でもない私が主人に賞賛されたわけがちょっとわかったかも。
いやいやいやいや…予想以上のひどさだった。
あぁびっくりした。まったくオモシロいな、ホント。

でもなんか日本の幼稚園ってお母さんが作らなきゃいけないものとか
沢山あるらしいから(もちろん幼稚園によるんだろうけれど)
私はそういうのそこまで苦にならないけれど、イヤな人はイヤだろうなぁ。
日本人だと変な見栄とかもありそうだし…その点こっちはラクだわうんうん。




CIMG7648
ママがお迎え遅くなったから
ボクは最後の二人になってた、くすん。
でもお庭で沢山遊べたからいいのよママ。




CIMG7649
お兄ちゃん達のお部屋はすっきりキレイ。





CIMG7653
お家に帰るよぅいやっほっぅー。
(人がいないと気が強くなるウリ)



CIMG7652
これがウリのマーク…。
なんかさぁ…私はこういうのがどうしても
信じられないんだけど、どうして厚紙にスタンプして
それをコップに貼るとか(しかもセロテープ!)
そういうことしちゃうんだろう…どう考えてもオカシイでしょ。



CIMG7650
これがボクのロッカーです。




da_nori at 00:54|PermalinkComments(6) ウリッセ幼稚園 

2011年10月11日

ウリ帰宅時間調整

ウリの幼稚園の朝の送り時間は7:30~9:15。
お迎えの時間は

その① 11:45~12:00 (給食食べないで帰る子)
その② 12:45~13:00 (給食を食べてから帰る子)
その③ 15:30~16:00 (給食を食べて午後も残る子)

の3パターンあって、ウリはこれまで②でやってきていた。
なぜ②を選んだのかと言うと...

続きを読む

da_nori at 07:26|PermalinkComments(6) ウリッセ幼稚園