2012年02月

2012年02月25日

カーニバルの悲劇

今週の火曜日に会った幼稚園のカーニバルパーティー。
楽しくて、家に帰ってきたら色々話があるのかと思いきや
もう全然それどころの話じゃなかった。
これ以降は自分の覚書、ちょっと長いので。

続きを読む

da_nori at 07:49|PermalinkComments(5)

2012年02月20日

ベアトリーチェの言い分

なんか…また雪降ってますけど…もういい…雪はいらない…。
なんか今日はジェアが眠り病でなんかずーっと寝てる。
起きてる時もなんだか眠そうで、ご飯食べてる時も眠そうだった。
そういえば、ウリも雪とか雨の時って良く寝た気がする。

今までもなんだか怪しい感じでママンママまままっままーーって
言っていたけれど、とうとう今朝、確実にはっきりと、私を見て
手を伸ばして『ママぁーー!』と言ったジェア。いやんカワイイ~♪
ウリも、『ジェアちゃん、ママって言った!スゴイ!』と大喜び。
ついでに、なんかそろそろ落っこちそうで危ないのでベビーベッドの
高さをひとつ下げました…って、ママと言ったことは関係ないけど。
そうそう、ジェアはもうローテーブルに手をついてジリジリ歩いたり
色んな所によじ登ろうとしたり、身体的にはすくすく成長しているけど
なんだか歯が生える気配がまったくなし…でももりもり食べてるけど…
でもそろそろ生えてもいいんじゃないのかな、生えたらもっと食べるかな!

さて本題。
先週末に、ウリの親友ルチアの家に遊びに行ったのだが。
(ルチアとウリは一カ月違い、ルチア妹とジェアも2ヵ月違いでみんな歳が近い)
その時は、主人やルチア両親の共通の友達であるもう一組の夫婦
ベアとステファノも来ていた。彼らの息子は1歳になったばかり。

で、その日はなんだかわからないけど夫であるステファノだけが先に来た。
『ベアはどうしたの?』と皆が聞くと、なんだかとにかく息子が手がかかって
もんのすごい育児ストレスで、すっごいめっちゃ疲れていて体調が悪いから
ちょっとゆっくりしてから後で来る、とかって。(相当な言いようだった)

で、あとから彼女が登場したわけだが、登場してコート脱ぎながらも
自分の息子がいかに手がかかるか、自分に自由時間がないか、イライラするか
睡眠時間が足りないか、常に気を配っていなければならないか…などなどを
イタリア女にありがちの大げさな身振り手振りと大声で語り始め…。
(その間にも、みんなにチューしたりジェアを抱っこしたりと大忙し…ふぅ)

1歳になっても夜2時間おきに起きる…というのは結構辛いかな、って言うのは
私も理解できる…けど、ミルクだから旦那さんがやってくれてたりするみたいだし
(ここの旦那さんは私が知っている限り一番の家事育児負担旦那だよ)
そもそもイタリア人の言うことってホント大げさだから、2時間おきっていうのも
私としてはかなり怪しいもんだな…って、思ってる。2回起きるくらいじゃないのかな?

で、他には、とにかくまったく止まっていることがない・引き出しをあけまくる
そして中に入っているモノを出しまくる・手当たりしだい置いてあるものを移動する
モノを隠す・立って移動しまくる・色んな所によじ登ろうとする・掃除機には跨る
食事中にも立とうとする・食事を口から吹き出す・何でも口に入れようとする…等など
よくもまぁそんなに一気に色々喋れるねってくらいにガンガン言いまくり。
とにかく、家にいる時はそんな息子の相手をしなくてはならなくてすっごい疲れて
なんにもできないんだってさ。ふーん。

でも、どう考えても、それって全然フツーの1歳児じゃないかと思うのだけど。
個人差はあるだろうけど、こういうことしなかったら親はラクだけど逆に心配だし。
しずかぁぁぁにただ座っているだけの1歳なんてね…それに、引き出しとか
開けられたくないんだったらそういうグッズも売っているわけだし
事前にどうにかすりゃぁいいじゃないのよって私とか思うけど
どうなんだろう、ステキな完璧なインテリアのお家にそんなこと
したくないのかしらね、まぁそれもわかるけど。

なんていうか、自分がいかに困難のさなかにいるか、大変か
忙しいか、を語っているイタリア人ってなんかすごいイキイキしてる。
彼ら、好きだよね、悲劇の主役になるの…って、いつも思う。
『忙しい・大変だ』を連発している日本人をみると、鬱陶しいなぁとしか
思わないんだけれど(そもそもそういう人あんまりいないし…)
そういうイタリア人をみると、なんというかまた言ってるよ…って
笑っちゃうのと同時に、ここまで自分に酔えのってすっごいなぁ…って思う。
そしてそれをまともに聞いて時間を割いて会話している周りの人たちもスゴイ。
私はアホらしくて全然聞いていられないもんね。(そういう時は食べまくる)

もう、彼女のその話は何時間にも及んだわけだけれど、一言言わせてもらえば
その日だって彼女たち、息子をおばあちゃんに預けて来てるのよ?
それで『自分の時間がない』だの『子供のことばっかりで大変!』だのって
よぅ言えるねぇ…と私は思うけど、私の周りのイタリア人たちは
もうそれこそしょっちゅうおじいちゃんおばあちゃんを利用して
(私に言わせれば、完全に『利用』しているとしか思えん)
出かけるのが当たり前だから、それがとても恵まれていることだって言う
感覚はないみたいだった…普段だって、自分の両親、姑と舅が近くにいて
なんだかんだヘルプ貰えているみたいだし…なんか感覚の違いだよホント。

しかも…彼女たちの息子、その日が1歳の誕生日だったんですけどー。
夕方まで一日一緒にいたからいいのかもしれないけれど…。あはは。




CIMG8593
ウリの幼稚園のクラスには知的障害の子がいます。
彼は、一日の流れだとかがうまく理解できていないので
こうやって色んな行動の写真が壁に貼ってあって
お友達が都度必要な時に教えてあげるんだそうだ。
(たとえば、ご飯の前には手を洗って、ご飯食べて、お手洗い行って
その後はまた手を洗って、皆でこの椅子に座る…とか)
それぞれの写真の下にはマジックテープがくっつけてあって
同じくマジックテープの↑の形で
『今はこれだよ、次はこれだよ』と示すことができる。

なんか、ちょっと、いい先生(と、子供)たちじゃないの…と感動。



da_nori at 23:12|PermalinkComments(1) 妊娠出産育児全般 

カーニバル2012

なんか、イタリアの世の中はカーニバルの季節で
子供達は盛り上がっている(んだよね?)様子。(あれ?もう終わった?)
なんだけれど、なんか、もともと私も主人もそういうのに疎くて
それがウリに伝わっているのかなんなのか、ウリもとてもノリが悪い。

今週の火曜日に、幼稚園でカーニバルのフェスタが企画されていて
なんでも、それは親は入れないんだけれど先生とボランティアの人と
子供達で持ち寄りのお菓子と仮装でわいのわいのやるらしい。
衣装は、他の人のブログを読んでいて、きっと私が用意するのかしら
とかって思っていたんだけれど…実はやることは何もなくて…
なんか、幼稚園で先生と子供達が一緒に作っているらしい。
(簡単なものなんだろうけどね。)

でも、なんか、ウリはそこでも非常にノリが悪くて
『やりたくない』とかって言うんだそうだ…なんなん?
別にやりたくないならいいからって先生は放っておいてくれてる
みたいだけど…きっとカーニバルが何なのか分かってないのかな。
他の子供達はノリノリみたいだけれど…きっと親がノリノリなのかも。

んで、確か次の日曜かなんかに街の(?)カーニバルがあるらしく
(多分、本当はもうちょっと早かったんだけど雪で延期になった)
それは皆仮装したりして親と一緒に行くイベントみたい。
で、せっかくだしウリに『ウリは何かなりたいものはあるの?』
と聞いても、『ウリッセしたくない。このまんまでいい』って。
ちょっとツマンナイ…と思いつつ、なんか難しいもの要求されても困るから
まぁ仮装しなきゃしないでいいんでしょ。今年初めてだから様子をみて
もしかしたら来年なにかやりたいとかって言うかもしれないしね。

でも、この間行きつけのオシャレおもちゃ屋+本屋に行ったら
(ここはホントにカワイイ。ここがなかったら私の子育ては別物になってる)
麻と皮でできたすごいカワイイ中世の騎士の衣装+小物とか
これまたカワイイ海賊モノだとかちょこちょこ売っていて…
(怖くて値段は見なかったんだけど)こういうのならいいなぁーって思った。
よくスーパーに売ってるのとかってなんかものすごいペラペラ生地で
安っぽい感じのが多いからな。まぁ1年に一回だからいいけどね。
手持ちのものに小物とかでちょっと変更を加えてできたら一番いいのかも。

って、ウリはやりたくないんだったよ…。





CIMG8634
日本から戻って初めて…
やっとウリの仲良しルチアの家に遊びに行けました。
(インフル・副鼻腔炎・雪で何度となくキャンセルになってた)
『のりは野菜が好きだから』と言って山もり用意してくれてたけど
そんな生野菜ばっかり真冬にがしがし食べられません。
ちなみに、ルチアはカーニバルでは白雪姫になるそうだ。




CIMG8625
こちらのブログで見て、主人不在の夜に作ってみた
カーボロネーロ(黒キャベツ)のスパゲティ。
ヒジョーに不吉な色だけど…黒キャベツだし夜だししゃぁない。
なんかイマイチ味がぼやけた気がしたので
私とウリ用には少しアンチョビを入れたら大成功。
(我が家はアンチョビはここのを愛用…美味しい!)

スパゲティなんてホント久しぶりに作ったもんで
ソースが少なすぎた…やっぱり主人不在の日で正解。




CIMG8623
ジェアにも野菜スープと混ぜて。
(もちろんアンチョビとニンニクは投入前)
なんか地獄の沼みたい…でも
喜んで食べてた。よかった。



da_nori at 06:43|PermalinkComments(3) ウリッセ幼稚園 

2012年02月18日

三人の体調成長覚書(長文)

【ウリッセ】

先週の日曜日位から、背中が痒い痒いと言いだし
洋服のタグを取ってくれだのクリーム塗ってくれだの言うようになった。
もともと結構その辺は敏感なタイプなので(私もそういう子供だった)
本当に切っちゃってもいいようなのは切っちゃって、ちょっとイヤなのは
『切ったよー』とかテキトウに言ってクリーム塗ったりして意識遠ざけたり。

でもあんまりしつこいもんでちょっとちゃんと見てみたら、首の辺から
肩甲骨下あたりまで、なんていうんだろう、皮膚がかたーくなって
乾燥してサメ肌っぽくなっていて、そのボツボツひとつずつが結構赤い。
でもたまに痒いっていう程度で、夜も寝られているしあまり気にしてなくて
うーん…乾燥かな?って思って暫くクリーム塗ったりしていたんだけれど
赤み自体はひどくならないものの、腰の辺&肩の辺りまで広がってきたので
先生に見てもらいに行って来た。

熱も喉も痛くないので恐らく違うだろうが、一応溶連菌感染症の検査もしてもらう。
結果は陰性…なんでもこのぶつぶつの出方は食物のアレルギーとかとは思えず
恐らく何か新しく使ったクリームだとか、そういうものへの反応ではないかと。
そういうものはないか??と聞かれ…先週の日曜とかじゃなくて
もうちょっと前から使い始めているからちょっとタイミングは違うけれど
ひとつ思いつくものと言えば、『シラミ予防シャンプー』。

ウリの幼稚園で、同じクラスではまだ発生していないのだけれど
上の学年で見つかった子がいるとかで、先生に『もし気になるのだったら
予防用のシャンプーが薬局に売っているから買ってみたら』と言われ買ったもの。
確かに子供に使うものにしてはなんかものすごい匂いで驚いたのだけど
(一昔前のオジサンの整髪料の匂い)私はシラミがものすごい怖いので使っていた。

先生曰く、今のところ考えられるのはそれくらい…とのことなので
暫くこのシャンプーの使用をやめてみて投薬と背中へのスプレーで治療することに。
でもシャンプーだったら背中だけじゃなくて頭なり顔なり他の部分にも
なんらかのものが出そうなもんだけどな…って思ったりするんだけど。
まぁとりあえずシャンプー使用を中止してみて様子を見ようと思う。

【ジェアのこと】

日本に暮らしていたら、もう間違いなくオムツはパンツタイプにしたい。
立っている時間は長く、もうかなりしっかりしてきている。
つかまるものがあれば、前後には進めないけれど横ばいに進む。
食事も相変わらず沢山食べるし、おっぱいも日に3回か4回飲んで
う○ちはほぼ毎日、昼ご飯と夜ご飯の後にするし健康そのものに思える。
朝は7時半起床、夜は決めてないけど、大体20時~21時の間に就寝で
朝まで一度も起きることはない。(正しく言うと…たまに起きてるみたいだけど
放っておくとまたすぐ寝てる…なのであやしたり授乳とかはまったくナシ)
お昼寝は大体午前午後2時間ずつ。

今まではおっぱいだとか抱っこだとかで寝かしつけていたのだけれど
ちょっと前にお友達のNaocciさんと話していて、そんな必要は
ないんじゃないのってことになり…試しにフツーに起きている状態のまま
暗い部屋でベッドに置いて私は部屋を出るようにしたら、あっと言う間に
勝手に一人で眠りに入っていた。それ以来、お昼寝も夜も常のその方法。
二人目で、しかも8カ月も超えていて今頃気付くってどうなのよって話だけど…
今まで、赤ちゃんってなんらかの方法で寝かしつけが必要なのかと思っていた。
だって、よく『せっかく寝付いたのにベッドに置いたら起きちゃう!』って
言ってる人が沢山いるし…。まぁ気付いてよかった。Naocciさんありがとう。

で、もしかしたら今までブログにジェアの写真をアップしていて
気付いた方もいらっしゃるかもしれないけれど…ジェア、かなり小さい時から
左頬の一部が赤くいつもカサカサしていて粉っぽくなっている状態が続いていた。
一度、日本で皮膚科に行った時に聞いてみたのだけれど、あまり相手にしてもらえず
『よだれかぶれと乾燥でしょう』って感じでワセリンもらっただけ。
でも主人がかなり気にしていて(イタリア人の方が子供の見た目気にするよね?)
ウリを先生に見てもらうついでにジェアも見てもらって、専門の皮膚科への
通院の手続きをしてもらった。まぁなんてことはないと思うのだけどね。
心配している主人が結構メンドクサイので、早く治るといいな。

【私のこと】

今月アタマに突如発生した例の副鼻腔炎…2月8日(水)から5日間抗生物質服用と
一日2回のアエロソルを初めて、当初は痛み止めなしでは生活できなかったけれど
結果的にいうと今は落ちついている。(たまに違和感はあるけれど痛いわけではない)
本当によかった…痛み止めに関しては、イタリアでやったらめったら皆が飲んでいる
タキピリーナ(アセトアミノフェン系)は私はなぜか全然効かないので
日本から持ってきたロキソニンを飲んでいたのだけれど、どんどん減っていっちゃうし
でもロキソニンはイタリアで見つからないし結構焦っていて…でもどうにか足りた。
次回がないように、そして万が一次回また再発してしまった時のために治療の覚書。

<抗生物質>
Velamox1g Amoxicillina 1回1錠8時間おき服用×5日間

<アエロソル>
Clenil per Aerosol 0.8mg/2ml sospensione da nebulizzare
Fluibron per Aerosol 15mg/2ml soluzione da nebulizzare
一回につきそれぞれ1つずつ利用 1日2回


そんなこんな。
あぁ長かった。




CIMG8587
お!鼻が逆になってる!



CIMG8590
ボクもどうでしょう。



CIMG8592
もう溶けちゃうね。




CIMG8595
幼稚園では今日は絵の具と小麦粉で遊びました。
(その割には洋服キレイだったけど…なんで?)




CIMG8596
来週はカーニバルのフェスタがあるんです。




CIMG8620
今日先生のところに行ってきました。
口の中チェックされてます。
ボクはこれが嫌いだ。



CIMG8597
ワタシも一緒に診てもらうので
先生のところまで来ました。




CIMG8599
なんなのよ兄さん。



CIMG8600
もうホント男って鬱陶しいわ…。



CIMG8614
なんかワタシ今日左目だけ二重ね?






da_nori at 07:07|PermalinkComments(10) 妊娠出産育児全般 

2012年02月15日

大雪の後

今日は鍋!と決め、薄切りコッパ(日本語でいう豚肩ロース?)を求めて
足元の悪い中、肉屋まで赴く…そこで『シニョーラ、聖バレンタイン!』と
肉屋のおっちゃん(ホント肉毎日食べてるんだなーって感じの)に言われ
今日がバレンタインだと気付きました。ハッピーバレンタイン。
もちろん我が家はなんにもしませんが。

そんなことはどうでもよくて。やっとこさ昨日からこの大雪はやみました。
昨日(月曜)幼稚園はやっていたけれど我が家の雪かきが
追いつかず車が敷地内から出られなかったし、道もイマイチ
どこまでちゃんと除雪されているのかわからなかったので
強制的にウリは幼稚園はお休み…ヒジョーに不吉な天気の中、雪かき。

そして今日は久々の太陽。ウリは張り切って幼稚園に行きました。
考えてみれば、こんだけ長い間あれだけ大量の雪が降り続き
気温もこれだけ下がっているのに、この山の我が家が
停電にもならず、水道管も破裂せず、ネットも問題ないということが
なんかヒジョーに奇跡なことのように思うのだけど…。
あとからどっかーんと何か来るんじゃないかとちょっと不安。

だってね。なにやら一昨日位の姑からの電話で(毎日かかってくるから!)
主人が『ママ、わかったから!何かあったらすぐに行くから!落ち着いてね』
とかって言っていて、電話の向こうでは姑がヒステリックに喚いている…。
なんか、屋根の雪が溶けて台所で雨漏りしているらしく、停電もしていたらしい。
で、『台所』って言っても真ん中に8人掛けのテーブルがどかんと置いてあって
日本人の一人暮らしだったら住めちゃうかもって広さだし
何よりキッチンって場所柄雨漏りなんてめちゃ不便だよ…。
そして姑が起きている時間のほとんどを過ごす場所。(テレビもそこで観る)
もちろん大変なのはわかるけど、でもそんなにヒステリックに叫ばなくても
いいじゃないのよ、とかって思ってたんだけど。

で、今日ウリを幼稚園に送った後、様子見に(ちょっと見てみたかったし)
行ってみたら…ちょっと想像以上にヒドイ状態で、こりゃ私も泣くわと思った。
こう、天井からポトポトと雨漏りしているところもあるんだけれど
壁にそってじわぁぁーーっと上の方から水が伝ってきてる感じで
作りつけの本棚も棚ももう全部ぐっしょぐしょ。
なので、もちろんそこに置いてあった大量のお料理本だの雑誌だの
食料品(パスタ小麦粉砂糖塩缶詰瓶詰コーヒー紅茶その他諸々)全部ダメ。

漏電すると危ないというので電気屋さんに来てもらって台所の電気は
全て絶縁してもらったらしいので、ダウンライトの電球はとりはずされ
そこからコードがびろーんと垂れ下がった状態…(非常にサミシイ)
私たちが行ったのは昼間だから明るかったけれど、夜は真っ暗よ。
そして冷蔵庫&テレビの必須家電は(姑、テレビ大大大大好き)他の部屋から
延長コードをつなぎまくって電源を取っていた。(危なくない?)
お料理命の姑、キッチンがあの状態なのってむちゃくちゃストレスだろうな…。
修理はなんか結構大変な作業らしいけれど、早く直るといいのだけれど。
でも冷蔵庫テレビが故障しなくてよかったよ。

もう雪はいいわぁ…というのが正直なところ。
そして、思っていたより道やパーキングの除雪作業やら
ツララの除去作業がとてもすばやくて私はちょっと感心してたり。
他の場面でもそれを見せてもらいたいもんです。
早く雪溶けないかな。




CIMG8529
月曜日。幼稚園には行ってません。
今からパパの雪かきお手伝い行ってきます!




CIMG8527
あ、転んだ。



CIMG8531
パパはボクのこと『ちょっとジャマ』って思ってる。
そんなこと気にしない!





CIMG8535
ママにコッシーをリクエスト。(難易度高)
かなり気持ち悪いデキです…。
でもママの努力は認めます。




CIMG8543
火曜日。久々に太陽を見ましたぁぁぁ!!




CIMG8560
晴れたとなると…。




CIMG8548
やっぱり雪だるまでしょう!




CIMG8547
冷たいけれど我慢して。





CIMG8565
できたよー!ちゅっ。
(私のマフラー…)




CIMG8563
もちろん一緒にワインで乾杯。





CIMG8568
明日の朝までちゃんといるかな、雪だるま…。




CIMG8582
心配なのでベッドに行く前にも確認です。
(これ、ちょっと怖いでしょ)



da_nori at 07:37|PermalinkComments(2) イタリア生活