2012年11月

2012年11月30日

子供達の将来は

幼稚園から帰ってきたウリが
『今日はルカとアレッサンドラとフランチェスコがお休みだったよ』と言うので
『皆どうしたんだろう?風邪ひいちゃったかな?』と言ったら
『ショーペロしてるんじゃない?』と。ショーペロとはストのことです。

イタリアでは、本当に驚くくらいストが多い。
私の生活にダイレクトに関係しない業界だけじゃなく
学校、幼稚園、給食会社もストを頻繁にする。
幸い、ウリの幼稚園では『○○日にストをするかもしれません』という
お知らせが入っていることはあるけれど、実際幼稚園も給食でも
決行されたことはなくいつも通常通り登園できているけれど。

 この間も、先生に『明日のストはどうなりますか』と聞いたら
『私達は働くわよ、子供には関係ないからね』と。
他の学校でストが決行されていた日、街には何をするわけでもなく
ただその辺の階段に座り込んでジェラート食べて暇をつぶす学生たちが
わさわさいて、4歳3カ月にもならない小さな子供が日常的に
『ショーペロ』という言葉を使えるようになってしまうこの国は…
やっぱり何か間違っていると、私は思います。

子供の将来に関係することなのは、わかってるけれど
今の子供達の生活には関係ない、あの先生の言葉は正しい、と思うよ。
改めて、この子たちが大きくなった時にここイタリアで暮らすのか
日本で暮らすのかわからない今、どちらとも選べる環境を整えておくのは
私達夫婦のやっていかなきゃいけないことだなと感じた。
もちろん、第三国に行くかもしれないんだけど。それはそれで、だけれど。




CIMG0061 (1)
ジェアは…眠くなるのがいつも突然です。





CIMG0066 (1)
ワイン関連のイベントで
パパのお手伝いを沢山しました!




CIMG0075 (1)
最近はジェアがまっさきに乗りに行って
(自転車は舅の家に置いてある)
二人が喧嘩になる…そしたら甘い舅と姑は
新しくウリに自転車を買ってくれるそうです。



CIMG0170 (1)
今年もオイルできました!!
ヒジョーにクオリティが高いと思うわ。




CIMG0188 (1)
久しぶりに兄妹一緒に写真が撮れました。
ジェアが嬉しそうだな~。



CIMG0206 (1)
…。




CIMG0213 (1)
ウリッセにとって、幼稚園に行くということは
これくらい疲れることであるようです。
ガンバレ。


da_nori at 06:10|PermalinkComments(2)

2012年11月16日

幼稚園の園外活動

ウリに、幼稚園で『今日幼稚園でなにやったの?』と聞いても
大抵『なんにもっ!!』と言って情報は得られないのだけれど
(そういう風に言う子供ってとっても多いのだそうです)
こちらが何も聞かないと結構色んなことを話してきます。

で、ウリの今までの話を聞いていると、どうも幼稚園では
園の中で色々遊んでいるだけじゃなくて、クラスの皆で外に行って
色々やることが結構あるみたい…普通に公園に行ったりだとか
(園庭も公園みたいに広いんだけれど)その辺の道で枯葉を拾ったり
柿を採りに行っておやつに皆で食べたりね。

昨日は、『今日はね、Rossiのみんなで葡萄を買いに行ったよ!
(Rossi、というのはウリのクラスのこと。赤組…って感じ。)
ママといつも一緒に行くお店だよ、お店の人がチャオウリッセって!!』と。
ウリのクラスの子供達全員と先生で、街の八百屋まで歩いて行って
そこで葡萄を買って、これまたおやつにみんなで食べたらしい。
八百屋までも結構子供達沢山連れて歩いたら距離あるし
大変なんじゃないかなぁと思うのだけれど、担任の先生3人が全員一緒で
朝にテクテク行ったんだそうだ。

こうやって、お金を使ってお店でモノを買うということとか
もちろん普段お母さんとそういうことやってる子は知ってるけど
親が働いていたりしたらあんまりそういうことも一緒にしないだろうし
年少(日本で言ったら)の子供に幼稚園でアクティビティとしてやるのは
とってもいいことなんじゃないかな~と思う。

他にも、なんか、結構『ほーいいことしてるね』って思うようなこと
沢山沢山幼稚園ではやっていて、なんというか、私はこの幼稚園好きだわ。
え?!って思うこともあるけど、先生は今のところ皆すごくよくしてくれるし
ここでウリにも今後沢山楽しい思いしてもらえたらいいなと思う。




CIMG9884 (1)
最近のウリのお気に入りの遊びは塗り絵。
色鉛筆だと多分筆圧が足りないのか
つまらないらしく必ずペンで塗ります。
広い部分はこうやってマスで区切って塗るのがブームみたい。
塗り方に性格が出ています…几帳面だよね。




CIMG9893
私的にこの写真のジェアが異常にツボです。
ウケル。相当ウケル。




CIMG9898 (1)
ウリの眉毛ってパーフェクト。
そうとう羨ましい…。



CIMG9902 (1)
髪を切りました。
日本の梳きハサミ、相当助かってます。



PB112732
二人の靴の中が砂だらけになったのはいうまでもない。




PB112729
後ろは海です。
このジェアの嬉しそうな顔。
傘とかなんでそんなに好きかなぁ。



da_nori at 22:34|PermalinkComments(2) ウリッセ幼稚園 

2012年11月07日

最近のウリ

私が普段晩ご飯を作っている時はウリは私と一緒にキッチンにいて
(二人で沢山喋れる私にとっては貴重な時間)ジェアはキッチンと
リビングの間に設けているゲートにへばり付いて
私達を見ているか、その近辺で一人で遊んでいる。

先日、ウリがいつも通り『お○っこーー!!』と叫んでお手洗いに行き
(どうして静かに行けないのか…)すぐにまたキッチンに戻ってきた。
で、暫くしてから、異常に静かだったので『あれ…ジェアは?!』と
リビングを見てみたけど、いない。大体子供が静かな時って
何か大人にとって良からぬことをしていることが多いので
探しに行ってみたら、やっぱりお手洗いにいた。で、まだ結構新しい
トイレットペーパーをクルクル引きだしてそこら中紙だらけにしてた。
(まぁいかにも楽しそうだ…とは、思うけど)

ジェアがまだ色々イタズラするので、お手洗いは必ずしっかり閉めておいてと
主人とウリには言っているのだけれど、まぁやはりなかなか徹底せず。
いつもは私が気をつけているけれど、たまーにこういうこともあります。
だからウリには『ね、お手洗いはちゃんと閉めてね!』と。
ジェアには『こういうことはしちゃいけないよ、ごめんなさい、だね?』と。

で、ご飯作ってる最中だったのでテキトウにざっと片づけている間
ジェアはたいして反省する様子もなくまたウロウロ遊んで
ビデのお水を出そうとしたりビデの中に入ろうとしたりしているので
『もージェアちょっとやめて!!』とかって大きな声を出してしまった。
そしたら、ウリが『そんな風に言ってもジェアにはわからないよ』と。
ヒジョーに冷静…4歳児に諭され…なんか恥ずかしくなってしまいました。

そのあとも、ウリは『ジェア、やっちゃったのは仕方ないよ。
でも、次やったらママは怒るよ?』とか優しく言っていたり。
私が山積みトイレットペーパーを片づけている間もジェアが端から引き裂いて
遊んだりしていて私がいらっとしていたら、ウリがちょっとだけ切って
それをジェアに渡して『はい、これで遊んでていいよ!』と言った。
その言い方とか、完全に普段の私の言い方コピーだったし
何か遊んでいいモノを代わりに渡したりするのも私のやってること見てるからで
良く見ているんだな~って感心すると同時に、そうやって私がいらっとしてる時に
フォローしてくれるところに感謝もするし感心したりもする。

もちろん、色々面倒くさいこともあるけれど4歳児って思ってたよりも
色々手伝ってくれて助けてくれるし、こんな田舎にいると
私の母国語での話し相手はウリしかいないし、ウリの存在に本当に助けられる。
あんまり頼り過ぎるとウリにとって重荷になるし
お互いあまり良くないとも思うし、その危険性は重々承知してるけれど
でもやっぱりウリがいてくれて私の生活は大違い。
あと数年したら、きっとジェアもこうやって私の生活と心を支えてくれるのだと思う。
(いや今だって十分支えてくれているけれど。)楽しみだね。





CIMG0791
パパがどこぞから持って帰ってきた
野生の梨…ママが生姜と一緒に煮ました。
なのにパパは食べない。なぜ!





CIMG9877 (1)
久々の餃子。これほとんどウリとジェアで食べました。
すごいね。




CIMG0785
仲良しルチアの家に遊びに行きました。
ルチアとは1対1ならすっごく沢山遊びます。
他の子がいるとルチア激しくなるので
ボクはちょっとひいてしまいます・・・。



CIMG0778
キレイな夕焼け。
怖いくらいです。











da_nori at 18:58|PermalinkComments(5) 息子【Ulisse】 

2012年11月01日

避難訓練

この夏、東京の幼稚園で日本の幼稚園ならではの
色々な経験をさせてもらったウリ。
その中でも、ウリの心にとっても残っているのは避難訓練です。

6月だったか7月だったか忘れちゃったけれど
貰っていた月の予定表で、避難訓練があることは私も知っていた。
でも、まぁ年少さんだし皆初めての経験であるはずだから
特にウリに私からどういうものなのか説明しなくていいと思って
何も言っていなかったんだけれど。

これは後から知ったことだけど、その日は13時にサイレンが鳴って
なんかみんなで防災頭巾を被ってなんだかんだする予定だったらしい。
(防災頭巾は園に入った時にレンタルさせてもらっていた)
で、お昼食べてわぃわぃしている時に、ウリッセが先生に
『う○ちしたい。お手洗いに行ってくる』と言ったそうだ。
先生はその時、『そろそろ避難訓練なんだけどな…』って思ったそうなんだが
やっぱり幼児が沢山いるわけでウリッセ一人にかまっているわけにもいかず
まぁ普段のウリの感じから言ったら平気だろうと判断して
(それに止められるものでもないしね…)『いってらっしゃい』と言ったそうだ。

で、ウリはひとりで個室にこもっていたわけなんだけど、そんな時に突然
あの大きなサイレンが鳴り響いたわけで、もうウリは大パニック。
もともと結構繊細な神経の持ち主だけに、相当相当ビビったんだと思う。
もう大泣きでお手洗いから飛び出してきてすごい慌てようだったらしい。
その日の午後お迎えに行った時、先生から一部始終を聞いて
先生も『私がもっとちゃんと見ておくべきでした、すみません』って。
別にそんなの仕方ないと思うけど、そりゃぁ怖かっただろうなと思う。
そうだと思うよ…そんなの、大人でもびっくりするよね。

で、もうそれ以降のウリと言ったら、『あぁトラウマってこういうことだな』
っていうくらいに、頭の中は避難訓練の時の恐怖で一杯で
もうずーーーっと毎日毎日、一日の中でも何度も何度も避難訓練の話ばかり。
何か話をしている時に、『クンレン』に似た響きの単語を使うと
『え!避難訓練のこと?!?!』とかって一人でびびってたり…。
何か被るもの見つけたりすると、『これって防災頭巾?』とか…。
甲子園が始まって、あの試合が始まる時のサイレン?合図みたいなのあるでしょ
あれがテレビから聞こえたりすると『うわぁーーん』って逃げたり。

もうあれから4か月くらいたつわけだけど、驚いたことに未だ避難訓練の話はする。
『イタリアでも避難訓練する?』って聞かれたので
『イタリアでは多分ないよ、大丈夫、それにあるとしたらママがちゃんと言うから』
と説明しているけど、イマイチ信用していない様子。(避難訓練なんてないよね?!)
来年も、できたら東京の幼稚園でお世話になりたいなと思っているけれど
また避難訓練はあるはず…うーん…きっと行きたがらないな、その日は。

いつかこのことをうまく消化できる日がきたらいいと思います。




CIMG0630
ただのベンチに見えるけど
これ、揺れるの。なんていうんだっけ。
ママは一緒に乗ってキモチ悪くなりました。




CIMG0645
ワタシたのしいーー!!





CIMG0652
たまーにジェアちゃんのベビーカーに載ってみます。
前までボクが使ってたんだからねっ!!





CIMG0654
今からこんな服着てて
真冬になったら何を着るんだろうと思う。





CIMG0655
でも周りのイタリア人たちも厚着してるから。
一応ママもそれにならって着せている。





CIMG0668
ジャコモ達のお家に遊びに来ました。右がジャコモ。
左は太ってたけど少し痩せたその弟のルドビーコです。





CIMG0675
ワタシお得意のお昼寝。
ちゅぱちゅぱ。




CIMG0760
ノンナのお家でママのお誕生日のお祝い。
ご飯はお魚。ワタシもがつがついきますよー。




CIMG0772
ママお誕生日おめでとー。



da_nori at 08:36|PermalinkComments(6) 息子【Ulisse】