2013年04月

2013年04月28日

ここ1カ月くらいの全然楽しくない話

多分、ことの始まりは1ヵ月くらい前かな…ちょっとだけ喉が痛いなって思った。
もちろん、その時は100人中100人がそう思うように、ちょっと風邪気味かな、と。
主人も風邪ひいてたし、うつったかな、と。

でも暫くたっても全然治る気配なし。というか、喉が痛いと思っていたけど
冷静によーく考えて感じてみたら、喉が痛いわけではなく、ただ異物感がある感じ。
常に何かが詰まっている感じがあって、その場所は喉と言うかもっと奥。下の方。
首の内部って感じ…喉が痛い時はもっと浅いところが痛いはず。

だんだんこの異物感が大きくなってくるとともに、常に猛烈に喉も乾き始めた。
これも、最初は鼻のアレルギーの薬を飲んでいたからそのせいだと思っていたけれど
飲まなくなってからも喉の渇きは治まらないし、その上いくらお茶やらお水やら
飲んでもこの喉の渇きは改善されることもなく、ただお手洗いが近くなるだけ。
喉に何かが使えているこの感じは、一日の中でも良くなったりひどくなったりで
良い時はまぁたいして気にならないけれど、ひどい時は呼吸するのも躊躇われる感じ。
食事をしている時は問題ないけれど、唾を飲んだりした時にはなんて言うんだろう
分厚い紙みたいなもので喉の奥を引っ掻かれるような(分かりづらい…?)
すごくイヤな感じがする。大体、午前中よりも夕方や夜の方が症状は出てくる。

別に痛いわけでもないし、日常生活に支障はないので暫く放置していたけれど
さすがにしつこいし気持ちが悪いので主人にこのことを話したら
『ものすごく典型的なストレス症状でしょ。僕はそういうのはなったことないけど』と。
え?そうなの…?と思って、ちょっとネットで検索してみたら、『ヒステリー球』とか
『咽喉頭異常感症 』とかっていうのが出て来て、まったく私の感じている症状と同じ。
同じ過ぎてびっくり…で、やっぱりストレスとかからきているとか、書いてある。

私はなんでもかんでもストレスのせいにするのは好きじゃないのに。
それに、ここのところの私の生活状況や精神状態を考えると
結婚してからここに住み始めた期間の中ではかなりいい状態だと
自己分析できるのだけれどな…もちろん、すごく前向きのいい状態って訳じゃなくて
イヤなこととかを回避する術もずいぶん学んだし、諦めることもできるようになって
何事も期待せずに、ちょっと感覚を鈍らせて毎日過ごしているだけだけど。
でももしかしたらこういう生活態度がまたストレスなのかもしれないし…。
もうなんだか良く分からなくなってきた。

もし、夏に東京に帰る時にまだこの症状が続いていたら
さすがに病院に行こうと思う。もしかしたら他の病気かもしれないし?
主人は『きっと日本行きのチケット取ったら治るんじゃない』って言うけど。
でもやっぱりかなり不快なので、早く治って欲しいな…。



da_nori at 08:50|PermalinkComments(10) 雑記 

2013年04月24日

アイスクリームの車

数日前だったか、ウリが『ママ、ジェラートの車描いて』と言ってきた。
ジェラートの車って何だ?ジェラート販売車?そんなん見たことあったっけ?と思って
『あの、代官山のコーヒーを売ってる車みたいな?あぁいうので
ジェラート売ってる車ってこと?』と聞いたら、『違うよ!こうでこうで…』と
説明されたら、どうもあのソフトクリームとかが出てくる、あの機械のこと言ってるみたい。
そこで、やっと『あぁ!機械って言いたかったんだ…』と私は気付いた。

イタリア語では、『車』も『機械』も、macchina(マッキナ)と言うのです。
なので、きっとウリッセはmacchina→機械、と流れず
macchina→車、と頭の中で流れてそう言ったのでしょう。

考えてみたらものすごくありがちな間違いなのだけれど
ウリッセがこういうのは初めてだったので気付くのに時間がかかったのと
それと同時にちょっとびっくりしました。
そして、その翌日にはシャワーのお湯を出したら

『この水、寒過ぎる!』と、言ったのです。ほぇ~。
(もっと突き詰めて言うならば、ここは『お水』ではなく『お湯』と
言うべきかもしれないけれど、ウリは本当に『水』と言った方がいいくらい
冷たい水でシャワーするんです…私はあの温度はちょっと無理だわ。)

これも、英語が母国語の外国人が日本語を学ぶ時によくやる間違いだと聞くけれど
イタリア語も英語と同様、『冷たい』も『寒い』同じfreddoで表現することができる。
元々別の言語が母国語で、後から日本語を勉強した人がこういう間違いをするのは
よくあることだろうなと容易に想像できるけれど、日本語もイタリア語も
同じペースで習得してきた子供が、ある日突然こういうことを言うという
ことがあるのだとは思ってなかったのでちょっとなんというか、ショックはショックだった。
ウリの脳内がイタリア語にシフトしてきているってこと、なのかな…。

その時に、『水は、寒くはないでしょう?』と言ったら
『あ、間違えた間違えた!水が冷たくって、ウリが寒いの。』と。
もちろん分かってはいるけど何気に出ちゃうんだね。
度々直していくしか、ないのかな。
これから増えるだろうな、母、本気の根気でいきます。




P1020283
おにぎり…涙。




P1020296
私に乗れ、と言うのだが。
乗ったらツマラナイでしょう。



P1020308
今日のランチからお箸で。
イマイチ食が進みません。




da_nori at 21:35|PermalinkComments(2)

2013年04月22日

私は全然まったく気にならないけれど

結構前のことなんだけれど、家の裏の山(家の敷地内ではない)
まぁ距離は結構あるけど、そこに携帯電話の基地局が立ったのです。


P1020285
見えんね。



P1020286
見えた?


良く分かんないんだけれど、複数の事業者が共有してるモノ?らしくて
私達がいつだったか日本にいっている間にあっという間にできていた。

私的にははっきり言ってぜーんぜん気にならない。
そりゃ、こういうのが平地にどっかーんと立ったら気になるっちゃなるけれど
こんな風に同じような高さの木と並んでいるし、そもそも
必要なものなのだから、どこかには立てなきゃいけないんだし
そんなん仕方ないんじゃない?と、思うわけです。

でも、主人は違います。もともと外観が気になるタイプの人なので
自分の愛する家の、せっかくの美しい景色がこの建設物のせいで台無しだと
なんか憤慨しているの…なにもここじゃなくてもいいじゃないかっ!とか。
別にそうでもないと思うけど…それに、家の敷地じゃないわけだし。

気のせいかもしれないけど、この基地局が立ったせいか(気のせい…?)
ネットが以前より格段に安定しているしそっちの方が全然いいんじゃなーいと
私が言っていたら、なんかさすがの主人もいらっとしたみたいで
『あんなに電柱がぼこぼこ立っていても、電線がぶらぶらしていても
なんとも感じない国の人間には僕らの気持ちなんてわからん』と言われた。
イヤ、私だってあの電柱は美しくないなぁとは思うけど…
でもあれも含めてなんか東京の住宅地の風景なわけで…
その風情がわからんかなぁ。わからんか。

でもさ、ふと思ったんだけれど、もしこれが家の敷地内に
設置されていたとしたら事業者から結構な地代が入ったんじゃないの…?
うわーんなんで家に打診してくれなかったんだろ。
こんなに沢山(私に言わせれば)余ってる土地あるのに…。
そういう問題じゃないか。というか、主人絶対うんとは言わないね。



P1020275
僕たちにはようわからんです。



da_nori at 22:06|PermalinkComments(2) 雑記 

2013年04月20日

舅とジェア

例の群発頭痛もとりあえず落ち着いて(また何年後かに出るんだろうけれど)
体調もよさそうな、舅。天気も良くなってきたせいか気持ちも上がってるようにみえて
私もとても嬉しい…やっぱり家族が辛そうなのは見ていてこっちも辛いものね。

そんな舅は、もうホントーーーにジェアが可愛くて仕方がない様子。
ウリや、他の孫たちが遊びに行ってもそれなりに相手をするのは最初だけで
(おじいちゃんなんてそんなもんか?)途中からはテレビ観はじめたり
昼寝しちゃったりで多少メンドクサクなってくる感ありありなんだけれど
ジェアにだけは、違います。今日もジェアを食卓の上に座らせて
(もちろん靴履いたまま…私こういうのホントイヤだけど)ずーっとずーっと
話をしながらいじくり回してたし、今日はジェアにと言ってなんか子供用の
シャンプーとボディーソープのセットを買って来てた。

『やっぱり、男の子の孫と女の子の孫って、違う?』と聞いたら
『45年待ったんだよ!そりゃぁ違うよ…僕は女の子が欲しかったんだ』って。
主人は男二人兄弟だし、5人いる孫のうち女の子はジェアだけだものね。
『私のパパも、ジェアが産まれてからはウリッセのことよりジェアのことばっかり話すよ』
と言ったら、『そりゃぁ普段会えないからそうだろうなぁ…わかるよ』と言っていた。
(とか言いつつ、冷静に考えたら年の半分近く日本にいるのだけれど。
しかも、日本にいる間は同じ家に暮らしているし、密接度で言ったら私の父の方が高い。)

こんなに可愛がってもらえて、ジェアもきっと嬉しいだろうし
私もとってもとっても嬉しい。これからも、舅のところに行く時は
ジェアにはなるべくピンクだの白だののお洋服を着せて(そう言うのが好み…ぷぷ)
女の子らしく可愛らしくして、行きたいと思います。
ちなみに、『今度髪の毛二つに結んだのを見せてくれ!』ってことだったので
リクエストにお答えしたいと思います。でもジェア前髪ないから
まさにトトロのメイちゃんみたいになっちゃうんだよね…でもやってみます。





P1020091
お天気が良くなってきたので

外にいることが増えました。
太陽が眩しいです。





P1020167
先週末、ボローニャのママのお友達の家にお邪魔しました。

美味しい日本食をたーーーくさん食べて
沢山お喋りして私も私も子供達も幸せ。
主人は仕事が入ってしまい来られませんでした。
あー美味しかったのに、残念です。





P1020199
今季初のジェラート。

二人のがっつき方と言ったらすごかった。





P1020204
ジェラート食べた後って、水が10倍美味しいと思う





P1020229
ウリ、必死でジェアにしがみ付いてる…。

そしてこのジェアのヨユーな感じ。
兄さん、情けないです。





P1020249
最近外で遊ぶことが増えたので、疲れてるみたい。

久々の、床でのお昼寝。






P1020254
微妙にカメラ位置がずれてるのは

ジェアがアヒルのう○ちを踏んで
私が一瞬パニックになったから。





P1020261
本日比較的大量です。
あ、これは家じゃなくて姑の家です。





P1020266
夕食前にちょっと運動。

なかなかいい動きします。





P1020269
修行僧みたい。

夏に向けてのシュミレーションでしょうか。



da_nori at 07:50|PermalinkComments(2) 娘【GEA】 

2013年04月08日

ここのところのもろもろ

久々の更新です。
この間、主人の誕生日あり、パスクワあり、妹みきつんがイタリアに来たりと
色々とイベントはあったのですが、日々の日常(+ちょっとメンドクサイこと)
に追われて普段の生活です。子供達は二人とも元気。
私はジェア妊娠中からの腰痛が一旦良くはなったものの、また悪化したのか
ちょっと無理をすると結構辛くなったり、右目の調子がずっと悪かったり
(東京でもたまになった、アレルギー性結膜炎の感じ。)
子供の頃からたまに出る耳が痛いのがずっと続いたり
頻繁にお腹が痛くなったり(これは軽い胃腸炎かと)
…とマイナー体調不良がちょこちょこ出てるけど
まぁ、まぁ、元気。一番厄介な副鼻腔炎は今現在ちょっと落ち着いているし。
主人も腰痛が相当辛そうだけれど、まぁ彼の場合
気持ちの問題がほとんどなので、天気が良くなれば治るだろうと思う。

さて、そんなわけで昨日は私達の結婚記念日でした。
ここのところ、毎年結婚記念日を思い出すパターンと言ったら
『あ、明日は○○(←東京の友人)の誕生日だ』と思いだし
『ってことは結婚記念日だね』と思いだす、といった哀しいパターン。
子供が産まれるとそんなものでしょう。

で、結婚記念日とかそんなのは関係なく、昨日から主人が隣町の美術館に行きたいと
言っていたので(主人が行きたいところなんて大抵ここ…子連れには向きません)
行く予定だったんだけど、なんか朝から天気は悪いは主人が腰が痛くて
あまりジェアを抱っこできないかもと言うのでちょっと私達のテンションは落ちていた。
(きっとあぁいう走り回ったり騒いではいけないところでは抱っこせざるを得ない
状況になると思われます。そして、私も腰痛があるので抱っこしません)
そんなところにまたいつも通り姑から電話があり、『お昼食べにこない?』と。

ウリとジェアも『ノンナのところ行く!!』と喜んでいるし
もしかしたら結婚記念日だから誘ってくれてるのかしらとも思い
そしてもちろん美味しいので『じゃぁ行きます』と言うことにする。

で、行ってみたら別にいつも通りのフツーのランチで、記念日のこととか何も触れないので
一応こっちから『今日結婚記念日なんです』って言ってみたら
『あら~そうだった?オメデトウ』とかってかなりあっさり言われた。
自分では忘れてるくせに、親に(私の親じゃないけど)ここまであっさり
さらっと流されるとちょっとなんか、…って、思うのは、私が自分勝手なんでしょうか。
でも、冷静に考えれば、結婚記念日だからって誘う親はあんまりいないか。




P1010660
お絵描きブームは去る気配なし。
家に帰ってくるなり、手を洗ってから
すぐに始めます。もちろんジェアも。




P1010776
主人が買ってきたイチゴのブローチ。
ビミョーですが、ジェアは大のお気に入り。




P1010808
自分も読んでるのに、どうしても兄さんの本が気になるジェア。
ウリが真剣に読んでいるのは『お茶のじかんにきたとら』。
最近のお気に入り。



P1010839
今年のパスクワ(復活祭)は義理兄夫婦の家で。
義理姉は子供が3人もいて、パンから手作り。
尊敬します。




P1010843
でも子供たちは早く遊びたくてうずうず。
あんまり食べません。もったいない。




P1010855
みんなでワイワイ。
いつまでもこうやって楽しく集まれたらいいなと思います。
異国で結婚し、こうやってこの地でもいい家族に恵まれたことに
心から感謝です。(←今日は謙虚。でもホント)



P1010861
義理姉はイースターの定番羊に加えて
羊嫌いの姑のためにウサギまで料理で準備万端。
嫁の鏡です、私にはできない。
(というかそもそも姑は私の作る日本食なんて
イヤ~な顔して、絶対食べないでしょう)




P1010977
お休みの日のブランチは流行りの?
(まだ流行ってる?)パンケーキを焼きます。
子供たち大好き。



P1020007
ノンナのタリアテッレは絶品です!



da_nori at 18:09|PermalinkComments(0) イタリア生活