2014年03月

2014年03月28日

馬の匂い

主人と私は、もんのすごーーーい胡椒が好きなんです。
なので我が家の胡椒消費量ハンパなし。
ミルも、その時のお料理によって挽き具合を調整して
ゴリゴリ度を替えてみたり…主人は、ちょっと使いすぎじゃないかなって
言うくらいゴリゴリ使う、心配しちゃう。

で、主人は結構食いしん坊ですが、なんていうのかな
美味しいレストランに行くのとかも好きだけれど
調味料とか素材とかそういうのを見たり選んだりするのも好きみたいで
もちろんオリーブオイルとかお酢とかその辺は自分で作っちゃうのだけど
例えば、小麦粉だの塩だの調味料とかたまによさそうなのあると買ってくる。

で、去年位から我が家でずっと買い続けている胡椒が、これ。


P1060625
袋もカワイイ。


Marichaっていうイタリアのメーカーの胡椒(原産はマレーシア)なのですが
もぅ、すごく香りがいいのです。でも、ただの胡椒の香りじゃなくて
本当に色んなハーブ混ぜたのにガツンとパンチ利いてます!みたいな感じ…。
なのに、かなりの粗挽きにしても辛過ぎずとても美味しい。
他にも、色々と商品があるんだけれど、主人は真っ黒胡椒じゃなくて
緑とか黄色とか、ちょっと混ざった感じのを買ってくる。
その辺りも彼のこだわりかな…?それともあまり考えてないのか?

そして、私は確かに胡椒は好きですが、基本使うのは黒胡椒で
レストランとかで赤胡椒とかお肉についてたりすると嬉しいけど
どうしても苦手なのが、白胡椒…もうとにかくあの匂いがダメ。
黒胡椒のは、『香り』だけど、白胡椒のは『匂い』…クサイ…。
外国で、オリエンタルマーケットとかアフリカンマーケット的な
お店に入ると、どこのお店でも同じ系統の匂いがむんむんするよね?
あれって、この白胡椒の匂いなんじゃないかと私は思っているんだけど…。

そして、ちょっと前に主人が『のり!美味しい胡椒を手に入れてきた!』と言うので
見てみたら…白胡椒…『好きじゃないって言ってるのに。使わないよ?』と言ったら
『いや、これは●●(主人の親友、イタリア料理コック)のすごいおススメで
カメルーンのペンジャ産の胡椒って知ってるでしょ?希少価値も価格も高くて
なかなか普通のレストランとかでも使ってないものだよ。とりあえず開けてみて!』と。
いやいやいやいや開けなくてもなんか既にものすごい匂いしてますけど。

とにかくクサいので、ジップロックに入れて棚にしまっておいたけど
(それでも棚開けるたびにクサイ。スゴイな。)でも『開けた?』『使った?』と
何度もしつこく聞かれるので…先日初めて開けてみた。
もぅぅぅーーくっさい。くっさい。今までの白胡椒なんて全然平気だったよってくらい。
少しでも匂いを消すことができたら…と思って結構味の濃い中華風の炒めものに
ちょっと(自動ミルで3秒位)入れてみたのだけれど、それを一口食べたウリッセが
涙を流すくらい臭かったらしい…そして本当に、初めて私の料理を食べて
『うげぇぇぇーーぐぅぇぇぇーーー』って変な音出して吐きそうになってた。
(私だって哀しいわ…)

そして、そのあと泣きそうになりながら『うううううまっ!ウマの匂いがするぅ!
なんでっ???臭いー臭いーママナニ入れたのっ!!』と言ってうがいをしに行った。
そうだぁ!今まで気付かなかったけど、確かに白胡椒はウマの匂い…。
ウリッセなかなかいい嗅覚と表現力をしているな、と思った。
ジェアはちょっとイヤな顔をしながら、頑張って食べていた。エライエライ。




P1060626
コレがその白胡椒。
見るだけでクサイ。

で、ちょっと気になったのでこのペンジャ産の胡椒っていうのについて調べてみたら
もちろん日本にも流通していて、なんか色々とウンチクが書いてあるのを見つけたり。
で、価格を見てみたら、80グラムで2100円だって…うわーーんなんだこれ!!
メーカー?とかが違うだろうし(原産国はカメルーンなんだけれど、両商品とも
販売会社はフランスでした。やはり!)一概には言えないけれど、家にあるのは
400グラム…ざっと日本円で10000円超えてる…使えないけど…。
主人はいったい幾らで購入してきたんだろう、と気になるところですが
そういうことは聞かないようにしているので聞きません。

もし欲しい方いらっしゃったらお裾分けします。いらないか。





※胡椒とはまったく関係ないけれど…昨日は主人の44歳の誕生日でした。
44歳。わぁ…44歳…なんか改めてびっくり。そして今日は私の父の誕生日。
毎年これを思うけど、父が44歳の時…私もう18だ19だかその位になっていた。
ひゃぁーー主人の体力も持たないわけだな。
オメデトウ、これからもヨロシク。



お誕生日のメインはチラシ寿司。
エビ、ホタテ、マグロ、カンパチ
サーモンのお刺身ものってます!!
泣ける…。これで6月の帰国まで頑張れます。





ちょっとしたトラブル発生により
(ただ朝からジェアが荒れていただけだけど)
クリームの泡立て完全に失敗したけれど
味はサイコーに美味しかったケーキ。
チョコが初チャレンジにしては上手く出来てて自己満足。




『パパおめでとう』 byウリ
『写真撮んないで~(怒)!!』 byジェア




114
中身は、ママには内緒なんですと。



da_nori at 07:07|PermalinkComments(3) 食べ物 

2014年03月24日

ブラバジェア

自分の娘なんだけど、ジェアに関してエライなぁ…っていうか
スゴイなぁ…って思うことの一つが、非常に寝起きがいいことです。
朝起きる時とか昼寝から覚めた時とか、そういう、沢山寝て
自分から起きてくる時はまぁ寝起きいい子は沢山いるかもしれないけれど
(そう言ったらウリもそうだな)ジェアの場合は違います。

平日、お昼を食べてその後ちょっとお昼寝に入るのが遅くなってしまうと
ウリッセのお迎えに行く時間になってもまだ寝ているということがあるので
そういう時は仕方ないけど、起こす。起こすしかないしね。
そうすると、一瞬『え!?』って顔をするけれど、すぐにさっと起きて
まるで今まで寝ていたことはウソのように…ささっと行動に移せる。
これはなかなかできないことだと思う。

私もかなり寝起きはいい方なので、まぁ分からなくもないのだけれど
主人が、本当に寝起きが悪くて…(しかも沢山寝てるくせに)
なんだか、すごく私は理解できないしイライラするのでそこのところは
ジェアのことを少しは見習ってほしいもんだと思います。

ずっとこのままでいてくれたらいいんだけどな。


P1060728
お友達の家のブランコ。
絶対設置方法間違えてると思う。
乗るところが高すぎ。



P1060738
こういうオモチャ、あれば遊ぶのかしら…。



P1060745
友人のところの姉妹。
上の2人の誕生日も下の2人の誕生日も
それぞれ1カ月違いで、それこそ
生後0か月の頃から一緒にいる子供たち。
こういうお友達がいるのは母にとっても
とっても助かるし嬉しいことです。



da_nori at 06:54|PermalinkComments(2) 娘【GEA】 

2014年03月20日

アンナとひらがな

数週間前、ウリがひらがなのワークブックを幼稚園に持っていくと言いだした。
家のモノは基本的に幼稚園には持って行かないようにしているし(そう言われているし)
特に日本のもの、日本で買って来たもの、ここでは手に入らないものに関しては
無くなったり壊れたりしたら本当に哀しいので…ウリにはそれはちょっとダメだな、と。
そしたら『だってアンナにみせてあげるって約束したんだもん!』と言う。
アンナというのは、幼稚園でのウリの一番の仲良し。大人っぽくて…背も高くて
賢くて、お行儀もよく、かつ結構センシティブなとっても感じのよい女の子です。

『アンナが、ひらがな見たいって。教えてあげるって約束したもん…』と…。
まぁ…アンナはいつもウリにアルファベットを教えてくれてるし
(ウリが結構書けるようになったのはかなりアンナのおかげかもしれない)
オモチャとかでもないので…持っていってちょっと見せるくらい、いいかな、とも思い。
『じゃぁ、ちゃんと名前を書いてね。使わない時は必ずウリのロッカーに入れておいて』
と念には念を押して、翌日ウリは張り切ってワークブックを一冊持っていった。

こんなに念押ししたにも関わらず…私もその日のうちにそのことを忘れていたのだけど
2日後くらいかな、アンナのママに呼び止められて『あのね、アンナがウリッセから
貰ったって、日本語のワークブックを持って帰って来たんだけれど…』と。
え…あげちゃったの?!と思ったけど、でも今さら『そういうつもりじゃなかったから
返してください』とも言いづらいなと思っていたら、向こうから
『大切なものなんじゃないの?貰ってしまってよかったの?』と。なので
『実は、ウリッセがアンナに見せたいって言うから持たせたんだけれど…』と言うと
『そうじゃないかと思ったの。ごめんなさい、明日、持ってくるから。でも、アンナも
すごく喜んでいたから…お返しする前に、コピー取ってもいいかな?』と言う…。

もちろんいいよ!コピーなんてどんどん取ってもらっていいよ。
差し上げられなくて残念だけれど…でも本当にこういう常識のあるお母さんでよかった。
まぁこういうお母さんの娘だからウリが仲良くなったのかもしれないけど。
で、アンナには『ごめんねアンナ、ウリッセが一度あげるって言ったのに…』と
私とアンナのママで話したら、アンナもあっさり納得。(2歳児だったらそうはいかない)
ウリには、家に帰ってから『ねぇ、あれはアンナに見せるだけっていうから
ママは持っていっていいって言ったんだよね?ウリがアンナにあげたいなと思ったのは
まぁ気持ち分からないでもないけど、今、ウリが持っているものは全部パパやママや
他の誰かが買ったものだから、勝手に誰かにあげたりしてはいけない。
それに、あのワークブックはみきつんがウリにってわざわざ日本から
持ってきてくれたんだし、ママとの約束はちゃんと守ろう?』と言うと
ちょっとだけ悲しそうな顔していたけれど…『ごめんね…わかったよ』と。

まぁこの件はこれで一段落したのだけど、数日前に今度はアンナに呼び止められる。
『ねぇ…これ、見てくれる?』と言って差し出されたものは、ウリのワークブックのコピーと
どこかの英語サイトからプリントアウトした平仮名の初歩テキストブックみたいな…。
ちゃんと【あいうえお】の横に【a/i/u/e/o】と発音が全て表記されているようなもので
それがちゃんとファイルされてる纏めてある…スゴイ…そうだよね、確かに
ウリのワークブックじゃ何て読むかなんて書いてないしね…読めないよね。

これどうしたの?と聞いたら『パパがね、ネットで探して印刷してくれたの。
でも、パパとママには日本語がわからないから、ウリッセのママに会ったら
ちゃんと書けてるか聞いてみなさいって…』と言うので、中を見せてもらったら
まぁ~多少にょろにょろはしている感じだけれど、平仮名がほぼ全部上手に書けていて
一生懸命やったんだな~って言うのが分かって、なんだか私は自分の子供でもないのに
涙が出そうになった…(ウソかも…そんなことでは涙は出ないか。)

『すごい上手に書けてる。幼稚園の後にいつもやってたの?すごいね、よく頑張ったね』
と言ったら、なんか顔を真っ赤にして嬉しそうな…か、か、か、カワイイーー!
そしてなぜか横にいるウリまで誇らしげ…いやいや頑張ったのはアンナだから!と思ったけれど
幼稚園で色々単語も教えてるみたいだし自分が先生になったつもりにでもなっているのかな?

近しい外国人が日本語とか日本食とかに興味持っているとそれだけで結構嬉しいものだけれど
(私としては日本食好きの方が断然いいけど)こうやってアンナがここまでやるっていうのは
きっとウリッセと仲良くできていて信頼関係が築けていてそういう気持ちが
ベースにあるからこそだろうなぁ…って思うと、なんだかとっても嬉しい。
ウリッセ、とってもいい経験が出来ていると思います。それにしてもアンナ、すごい。
もしかしたらウリよりも平仮名に関してはすごいペースで学んでいるかもしれない。
ちなみに、小学生のお姉さんは、アンナがやるのを一緒にやっていたらもう全部
読めるようになってしまったそうで…。やるな、アンナ姉妹。



__ 2
カレンドゥラ。マリーゴールドと一緒ってこと?
私知りませんでした。





__ 1
たんぽぽ、ママにどうぞ。




__ 3
お庭の芝刈り始めました。
幼稚園から帰ってまずこれ。
なんでそんなに楽しいのかな?




__ 4
スポンジケーキが上手に焼ける。
とっても嬉しい。






__ 5
スピログラフ…ジェアにせがまれていつも描く。
で、ジェアがちまちまちまちま塗る。
で、ウリが名前を書く。
親子共同作業。



da_nori at 17:46|PermalinkComments(6) ウリッセ幼稚園 

2014年03月16日

相当なおばあさん

先日、スーパーに買い物に行ったら相当なおばあさんが一人で買い物中。
かりっかりに細くて、小さくて、まぁイタリア人のおばあさんなので
腰とかが曲がっているわけじゃないけれど、もう全体重を
買い物カートにかけてそれでどうにか進んでる感じ…ゆっくり、ゆーっくり。
どう見ても軽く95歳は超えていらっしゃるし、正直これだけのおばあさんが
外を一人で歩いているのを私は東京では見たことがない…危ないよ。
(あ、でも私の祖母は90超えても背筋ぴしっ!低いヒール履いてすたすた歩いてた…)
『誰か買い物に行ってくれる人はいないんだろうか?』とか
『一緒に来てくれる人はいないのかな…』と思いつつ
(このあたりだと、ご老人に住み込みとかで日常生活を助ける外国人の存在が
結構一般的だったりするので…でもやはりお金はかかるらしいけど)
私もジェアの邪魔を阻止しつつ自分の買い物に没頭する。

レジで私の前の前だったので、見ていたらもう全ての動作がありえないスローで
支払いの時もお財布の中身をテキトウにばらばら出して、レジの人が取るシステム…。
多分いつも来ているお客さんなのでしょう、レジの人も慣れてる感じで
『○○さん、体調はどう?』とかって聞いていたりしたし…でも答えてなかったし
多分ほとんど聞こえていないのだろうな…と、想像する。
(でも私が今までその人を一度も見かけたことがないというのも不思議な感じがするけど)
で、まぁどうにかこうにか彼女は支払いを終え、お店を出て行った。

で、私も自分の買い物を終わらせて外に出たら、そのおばあさんはまだ
駐車場内をカートを押して(寄りかかって?)ゆっくり歩いていて…。
『きっとあのまま家まで帰っちゃうんだろうな…スーパーの人も黙認なんだろう』
とかって思ってたら…びびびびっくりーーー!!おばあさん、なんと!
車で来ていました…うそーびっくり、というかコワイ。コワすぎる。

車を開けて、荷物を入れて…という作業もかなり大変そうだったので
手伝いたいとは思ったのだけれど、ちょろちょろ動くジェアを駐車場で
放っておけないし、チャイルドシート乗せちゃったら車離れられないしで
どうしたもんかな、と思って見守っていたら(←ただの役立たず)
70歳位のシニョーラが通りかかって荷物入れて、カートを返すところまで
やってあげていた…よかった…これが老老介護ってやつだ。
そしておばあさんは、普通よりはかなりゆっくりではあるけれど
普通にぶーんとバックしてから駐車場を曲がって出て行った…スゴイな…。

色々事情があるのは分かるんだけれど…やっぱり…相当危ないと思う。
あのスーパーでの様子を見ていたら、とても車の運転ができる能力を
持ち合わせているとは私には思えないし…日本だと、70歳?75歳?以上の場合
検査とか講習があるよね?主人曰く、イタリアにはそういうのはないらしく
(本当かどうかはわからないけど)主人もそういう人からは免許ははく奪すべきだと
考えているみたいだけれど、でも実際はく奪しちゃったら都市ならまだしも
こんな田舎じゃ生きていけないのだろうし…うーーーんどうなんだろうこれって。

前に友人Mが(←運転苦手。というか、しない。)が
『イタリアでさ~かなりのおばあさんとかが、マニュアル運転してるの見ると
私にできないわけがないって思うんだけど、できないんだよね~。』って
言っていたのを思い出した。いやいや、このおばあさんを見せてあげたかったな。
多分自信喪失しちゃうと思う。

とりあえず、こういう人がいるっていうことで、周りの運転している人が
大体において『普通』レベルの判断力やら運転技術を持っていると思うのは
やめよう、と思った。『この車はこう動くだろう』とかそう考えるのもキケン。
(まぁ考えてはないけれど…)本当に怖い。
でも、年をとっても、車の運転って言うのは忘れないものなんだね…。
それともただあのおばあさんがスーパーおばあさんなのかな。



P1060711
ウリの新しいパスポート、本日受領。
出張領事ってホント便利だ。
今回タイミングがあって本当にラッキー。
戸籍謄本持ってきてくれたみのりにも感謝。




hhhhh
素人が切ると、伸びてきた時が悲惨なことになるわけで
本当に、ウリの頭は悲惨なことになっていたので
今日思いたって切りに行ってきました!!
ずいぶんすっきーーり。本人も満足。




image
私と母がスカイプをしていると、なぜかジェアは
塗り絵を持ってきて私の横でずっとやってる。
なぜわざわざ今…?と思うのだけれど、恥ずかしいのかな。
それともバーバに見せたいだけ?わからないけど。
本当に、ずっとやっている…母は『なかなかの集中力』と言う。
欲しいわその集中力。



da_nori at 06:02|PermalinkComments(3) イタリア生活 

2014年03月13日

母、2度も早とちり

前回ウリッセの副鼻腔炎の記事で、ウリッセが『歯が痛い』と言いだし
これをきっかけに私は小児科医に電話をした、と書いたのだけれど…。
アエロソルは一日2回続け(あ、今朝は時間がなく飛ばした…ダメじゃない)
その成果か、痛みや不快な臭いについてはまったく訴えなくなったけれど
(でも、痛い?と聞くと、うん、と言う…怪しいもんだ)
歯については痛い痛いとしつこく言う。特に食事中と歯磨きの時。

実はあの記事を書いた翌日、ウリの左頬がよーく見ると腫れていて
口の中を無理やり覗いたら…左奥の歯茎がかなり腫れてなんかぽつんと
赤いデキモノっぽいのがある。わぁ痛そうな口内炎だね…でも
こんなところにできるもん?ビタミン不足?ちゃんと野菜食べてるけどね…
なんて思っていて、じゃぁ副鼻腔炎からくる痛みではなかったの?
とんだ早とちりだったわ…と考えていた。ウリには
『ママもよくそういうのできるよ、放っておけば治るから大丈夫!』と。

で、すぐに頬の腫れはひいたけど、今日もまた大げさに痛がるので
(ホント、大げさなんです…笑えるくらい。よくフツーに抜歯が出来たもんだ)
もう一度口の中見てみたら…かなり腫れあがった歯茎のところ、私が勝手に
口内炎だと思っていたところから…歯が生えて来てた。6歳臼歯ってやつだ。
(正式には、第一大臼歯というらしいけど)
そうか、もうそんなのが生えてくる時期か…すっかりそんなこと頭になかったので
勝手に副鼻腔炎と結びつけた上に、口内炎だと思ってた…。
(だって本当に数日前までまさに口内炎みたいになってたんだもん)

主人に『ウリ、歯が生えて来てるよ』と言ったらまた例の過剰歯と結びつけ
『歯医者に行こうっ!!』とかって…過剰反応しすぎ、夫婦そろって早とちり。
『それはみんな生えてくるのか??』とかって…いやいや生えます。
でも、『大人の歯が生えてきたんだよ~』と言ったら、ウリッセ大喜び。
なんで歯が生えるだけでそんなに嬉しいのか…って思うけどカワイイもんだ。
今後、母はもっと冷静にならないといけません…気をつけます。


2
最近お天気よくなってきたからか
料理熱もまた上がってきました。単純。
ちょっと紐きつく巻き過ぎました。
母の得意料理煮豚。母のが食べたい。



__
中華麺を打ちます。がっ!
パスタマシンのハンドルが行方不明で!
急遽全行程足踏み手打ち。
多分犯人は…ジェア。



P1060705
煮豚のツユも利用して
醤油ラーメン。




image
翌日には蒸し麺にして焼きそば。ジェアがっつく。



3
チャーシュー炒飯にもなりました。



image1
豆腐入りチキンナゲット。
これも手作業でやったので結構キツイ…。
そろそろFP購入を考えます。
後ろは大好きなほうれん草の白和え。
盛りが雑。




4
これを焼いてあっついうちに四角く切ると
あら不思議、イタリアでもあの
オールレーズンが食べられます。
子供たちの朝食に。




P1060686
クリームパン。
初めて作ったけど美味しくできた。
日本のレシピのカスタードは美味しいなぁ。
なんでイタリアのカスタードはあぁなんだろう。




P1060701
よく食べる元気な子供たちがいるので
作り甲斐もあります。必ず家にいて食べるし。
なんて…自分が食べたいから作ってるだけ。




da_nori at 07:41|PermalinkComments(4) 息子【Ulisse】