M夫妻イタリア到着→主人テンション↑2010年クリスマス食卓

2010年12月23日

義理兄とGさん

イタリア人には珍しく結構仕事人間であり、自転車野郎であり
子供たちにもとても優しく、母親思いで好き嫌いが多くて頭痛持ち
いつもしかめっ面だけど本当はとっても人情深い義理兄(主人の兄です)43歳。
彼の本業は、共同経営者と二人で事務所を構える建築家です。
(そして、私が思うにこのご時世ながら結構儲けている気配。)
 
で、この共同経営者のGさんと義理兄。
建築家、という志を同じくして高校の同級生として出会った二人は
その時で既にむちゃくちゃ意気投合したらしい。んで、高校卒業後は
二人でフィレンツェの同じ大学に進み、その間ずっとアパートをシェアし
慣れない土地で(姑曰く…慣れないったってすぐそこ…はぁー?って感じ)
二人で助け合いやってきたそうな。
 
んで、卒業後はそれぞれお互い就職して経験をつんで勉強して
資金をため、その間も二人の友情はもちろん耐えることなくお互いを高めあい(?)
そしてちょっとした月日が流れて、いいタイミングでふたりは共同経営者として
一緒に事務所を構えずっと一緒にやってきたんだと。
(そしてこれからも一緒にやっていくんだろう。)
 
私が思うに、職場で親友になりうる人を見つけることは比較的容易だけど
(あーでも職場が大所帯であることが条件かもしれないな)
親友と一緒に仕事をすることは難しいと思うんだけど…どうでしょう。
あと、仲の良い友達でも一緒に住むのってとっても大変なことだし…
きっとあの二人はそういうことも全て乗り越えたうえで
私には想像もつかないものすごいふっかい絆で結ばれているんだろうね。
 
って、私にしてみればこれだけでも十分『スゴイなーこの二人』と思うのだが
これだけで驚いていてはいけません…なんとこの二人…驚くなかれ
奥さん同士が姉妹なんですよ!!なぜそこまで仲良し…って感じです。
私、この事実を知った時にはもうそれこそ本当に驚いて
『なんで?!なんで?!』を連発してしまいました。まだここに来たばかりで
親族とか友達とかそういうことをまったく把握してない時は
『Gさんの奥さんとマルタ(義理姉)のお姉さんって似てるな』
とかって思ってたし…似てるに決まってるよ、同一人物だってば。
(ここに来た当初はなんかイタリア人みんなおんなじ顔に見えたもんです。)
 
 
親友で、仕事のパートナーで、義理の兄弟で…すごいよねこりゃ。
どれかひとつかうまくいかなくなったら他にも影響がないもんかね、とか
相当ヨケーなお世話だけどたまーに考えちゃう。思うよね??
 





CIMG6182
お外は寒いけど建物の中はあっついね。
ボクは暑がりだからねー。
ママはほかろん貼ってるけどね。






CIMG6240
賞味期限切れの小豆を発見。
おはぎを作ったら、美味しいんだけど
絶対消費しきれないくらいできちゃった。
この間の日本人会のクリスマス会の時に
作ればよかったのに…私ってばアホ。
(ってか賞味期限切れてたら人にはあげられんか)


da_nori at 03:33│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
M夫妻イタリア到着→主人テンション↑2010年クリスマス食卓