雑記

2014年01月03日

1Q84

ヒジョーに今さらなのですが、1Q84読んでいます。今、BOOK3に入ったところ。
前から実家に帰るたびに、母の本棚にあるなぁ…とは思っていたのだけれど
単行本で重いし…それに、なんと言っても、村上春樹作品は
私にとっては結構読むのにパワーがいるというか
いつでもどんなテンションでも読めるものではなくて
あの独自の世界観に躊躇なく入れる時と、メンドクサクなる時とどちらか。
かなりタイミングを見計らわないと絶対読まないまま放置されてしまう。
特に、長いお話だから放っておくわけにもいかない。
そして、あまりに流行っていたからイマイチ気のりがしなかったのです。

でも、前回の日本からイタリアに戻ってくる時の荷づくりで
嵩は結構いっぱいいっぱいなんだけど重量に余裕があって
とにかく重いものを入れないと損!!と貧乏性魂が顔を出し
実家にある重そうで、持っていってもいいと言われたものを
色々色々段ボールに詰めていた時(お歳暮の瓶モノとかも持ってきちゃった)
『今回こそあの本持って帰ろう!』と持って帰って来たのです。

暫くちょっとやっぱり気持ちが乗らなかったのでしまってあったけど
ちょっと前から、読み始めました。もうそれこそ止まらなくて
結構2時3時まで読んでたりもします。そして、ふと思いついたのだけれど
普段なかなか主人と同じ本を読める機会ってないから(主人は読書オタク)
主人にプレゼントしてみようかなと思ったのです。これならイタリア語翻訳あるから。
(翻訳と原文じゃ全然違うでしょ~っていうのはこの際おいておいて)

でも、本みたいに非常に好みがあるものを一方的に差し出すのはどうかと思うので
主人に『Haruki Murakamiの1Q84って知ってるでしょ?読もうとか思う?』
と聞いてみたら、すっごい難しい顔して、『うーーーーん…どうだろう?』と。
主人は大量の本を買い、結構な時間をかけてしっかり本を読みますが
ジャンルはほぼ歴史・哲学・政治のものが主で、小説はまったく読まない。
何年の前に、ワイルドスワンをプレゼントしたことがあって、それは読んでたけど
あれは小説だけどかなり歴史寄りだし…いや、1Q84だって背景には歴史があるけど
主人の中の歴史のカテゴリーには入らないし…多分村上春樹ワールドは主人には
お手上げと判断し無駄になってももったいないから主人に買うのはやめにしました。
残念だなぁ…読んでもらいたいなぁ…でも、読んだらもう難解で考えすぎちゃって
また悩んじゃったり禿げちゃったりしそうだからいいか。

それにしてもイタリア版の装丁、相当イマイチな気がするけど
イタリア人感覚としては、これはステキなのかしら。わかんない。



P1060590
お正月らしいことはお雑煮のみ。
我が家の工作マン(ウリッセ)は
『ママ!このお花はどうやって作ったの?!?!』と
そこに興味津々。そして、ものすごい沢山食べた。
お雑煮って本当に美味しいものね。私毎日でもいい。



P1060591
そしてお餅はこれで焼いてます。
スゴイでしょ~こんなのが
家にあったことさえ忘れてた。
暖炉の炭が使えるので、よし。



da_nori at 08:37|PermalinkComments(4)

2013年04月28日

ここ1カ月くらいの全然楽しくない話

多分、ことの始まりは1ヵ月くらい前かな…ちょっとだけ喉が痛いなって思った。
もちろん、その時は100人中100人がそう思うように、ちょっと風邪気味かな、と。
主人も風邪ひいてたし、うつったかな、と。

でも暫くたっても全然治る気配なし。というか、喉が痛いと思っていたけど
冷静によーく考えて感じてみたら、喉が痛いわけではなく、ただ異物感がある感じ。
常に何かが詰まっている感じがあって、その場所は喉と言うかもっと奥。下の方。
首の内部って感じ…喉が痛い時はもっと浅いところが痛いはず。

だんだんこの異物感が大きくなってくるとともに、常に猛烈に喉も乾き始めた。
これも、最初は鼻のアレルギーの薬を飲んでいたからそのせいだと思っていたけれど
飲まなくなってからも喉の渇きは治まらないし、その上いくらお茶やらお水やら
飲んでもこの喉の渇きは改善されることもなく、ただお手洗いが近くなるだけ。
喉に何かが使えているこの感じは、一日の中でも良くなったりひどくなったりで
良い時はまぁたいして気にならないけれど、ひどい時は呼吸するのも躊躇われる感じ。
食事をしている時は問題ないけれど、唾を飲んだりした時にはなんて言うんだろう
分厚い紙みたいなもので喉の奥を引っ掻かれるような(分かりづらい…?)
すごくイヤな感じがする。大体、午前中よりも夕方や夜の方が症状は出てくる。

別に痛いわけでもないし、日常生活に支障はないので暫く放置していたけれど
さすがにしつこいし気持ちが悪いので主人にこのことを話したら
『ものすごく典型的なストレス症状でしょ。僕はそういうのはなったことないけど』と。
え?そうなの…?と思って、ちょっとネットで検索してみたら、『ヒステリー球』とか
『咽喉頭異常感症 』とかっていうのが出て来て、まったく私の感じている症状と同じ。
同じ過ぎてびっくり…で、やっぱりストレスとかからきているとか、書いてある。

私はなんでもかんでもストレスのせいにするのは好きじゃないのに。
それに、ここのところの私の生活状況や精神状態を考えると
結婚してからここに住み始めた期間の中ではかなりいい状態だと
自己分析できるのだけれどな…もちろん、すごく前向きのいい状態って訳じゃなくて
イヤなこととかを回避する術もずいぶん学んだし、諦めることもできるようになって
何事も期待せずに、ちょっと感覚を鈍らせて毎日過ごしているだけだけど。
でももしかしたらこういう生活態度がまたストレスなのかもしれないし…。
もうなんだか良く分からなくなってきた。

もし、夏に東京に帰る時にまだこの症状が続いていたら
さすがに病院に行こうと思う。もしかしたら他の病気かもしれないし?
主人は『きっと日本行きのチケット取ったら治るんじゃない』って言うけど。
でもやっぱりかなり不快なので、早く治って欲しいな…。



da_nori at 08:50|PermalinkComments(10)

2013年04月22日

私は全然まったく気にならないけれど

結構前のことなんだけれど、家の裏の山(家の敷地内ではない)
まぁ距離は結構あるけど、そこに携帯電話の基地局が立ったのです。


P1020285
見えんね。



P1020286
見えた?


良く分かんないんだけれど、複数の事業者が共有してるモノ?らしくて
私達がいつだったか日本にいっている間にあっという間にできていた。

私的にははっきり言ってぜーんぜん気にならない。
そりゃ、こういうのが平地にどっかーんと立ったら気になるっちゃなるけれど
こんな風に同じような高さの木と並んでいるし、そもそも
必要なものなのだから、どこかには立てなきゃいけないんだし
そんなん仕方ないんじゃない?と、思うわけです。

でも、主人は違います。もともと外観が気になるタイプの人なので
自分の愛する家の、せっかくの美しい景色がこの建設物のせいで台無しだと
なんか憤慨しているの…なにもここじゃなくてもいいじゃないかっ!とか。
別にそうでもないと思うけど…それに、家の敷地じゃないわけだし。

気のせいかもしれないけど、この基地局が立ったせいか(気のせい…?)
ネットが以前より格段に安定しているしそっちの方が全然いいんじゃなーいと
私が言っていたら、なんかさすがの主人もいらっとしたみたいで
『あんなに電柱がぼこぼこ立っていても、電線がぶらぶらしていても
なんとも感じない国の人間には僕らの気持ちなんてわからん』と言われた。
イヤ、私だってあの電柱は美しくないなぁとは思うけど…
でもあれも含めてなんか東京の住宅地の風景なわけで…
その風情がわからんかなぁ。わからんか。

でもさ、ふと思ったんだけれど、もしこれが家の敷地内に
設置されていたとしたら事業者から結構な地代が入ったんじゃないの…?
うわーんなんで家に打診してくれなかったんだろ。
こんなに沢山(私に言わせれば)余ってる土地あるのに…。
そういう問題じゃないか。というか、主人絶対うんとは言わないね。



P1020275
僕たちにはようわからんです。



da_nori at 22:06|PermalinkComments(2)

2011年03月30日

近況

イタリアに戻ってからすでに1週間が過ぎてしまった。
あの11日からはもうとっくに2週間が過ぎていてここも放置しっぱなし。
心配して色々メッセージをくださった皆さん、返信もまともにしていなくて
本当にごめんなさい、色々あったけれど先週の月曜日に無事到着しています。
なんだか、いまさらどうここの更新をしたらいいものかと思ったんだけれど…。

本当だったら、今回の件は、もっともっと大きな視点で考えて情報を見極めて
そして行動してなくていけないのに、今の私は身体が辛くて自分のことで
精一杯であまり色々考えることもできない状態にありました。
今回、東京でこの地震を体験し、もちろん実際に被災地にいらっしゃる方とか
そのご家族とか現地で色々な処理にあたっていらっしゃる方とか、そういう方のことを
思ったら簡単に言うべきじゃないのかもしれないけど、主人と東京で合流してからの
1週間は色々な意味で身体も心も限界の感じで正直本当に辛かった。
やっぱり妊婦っていうのは普通の精神状態じゃないんだな、としみじみ感じた。
でも、今はかなり落ち着いています。

自分でもなんでだかわからず、(多分周りも驚いている)苛立つくらい体調が悪く
今は日常生活もまともに送れず、ウリもなんとなくそんな私を間違いなく察しているし
二人の子供のためとはいえ、主人に負担がものすごくかかってしまっている。
ただ、昨日こちらに戻ってから初めての検診に行って来たのだけれど
早産の兆候や異常は全く見られず妊娠経過は極めて順調で、(日本でもそう言われた)
ただお腹の張りがこれだけ強く頻繁に来るのはあまり良くないというだけで
逆に先生もなぜこんなに体調が優れないのか分からないそうで…とにかくもう今は
横になっているしかないということ。まぁ何かしたくてもとにかく身体が動かないので
言われなくてもそうしているけど…。

日本の先生は『きっとあなたの体は妊娠向きじゃないんでしょう』なんて
さらっと言ってたけど、実際本当にそうなんだろうと思う。
でももう妊娠しちゃったんだしとにかくあと2カ月ちょっと
この子が無事に産まれるまで辛いけれど耐えるしかない。
そうしたら、またこんな愛おしい存在がもうイッコ増えるんだもんね。

 

今日の記事は敢えて震災のことにはあまり触れず自分の近況を記しました。
もしなにか、不快に感じられた方がいらっしゃったら申し訳ないです。
それからボローニャ在住の日本人の皆さん、2日3日のイベントのこと
色々な方のブログで拝見しました。こんな状態なのでなにもお手伝いできなくて
本当に心苦しく、もどかしい思いでいます、申し訳ないです。







CIMG6641
今度からは普通にいつものブログにしたいって
ママは思っているみたいなのでよろしくお願いします。



da_nori at 06:53|PermalinkComments(10)

2011年01月22日

東京へ帰ります

明日の朝、ここを出て日本へ向かう。相当心配していた雪も大丈夫そうだし
(高速とか空港とか飛行機の問題でなく、雪で家から山を降りられるかって話…)
ウリも体調いいし(いつもいいが)私は相変わらず腰痛とお腹の張りはあるけど
それ以外の体調はまったくもっていいいので、まぁ…とにかく、問題は
重いものが全く持てないしウリを抱っこも出来ないこと…どうにかなるかな?
なんだかすっごい長くなったので…今日はこれを。続き読む方はどうぞ。

続きを読む

da_nori at 08:39|PermalinkComments(10)