妊娠出産育児全般

2014年02月23日

夕方の過ごし方

ここのところの我が家の夕方のペースは

・16:15頃ウリジェアと幼稚園お迎えから帰宅
・それから絵描いたり何か作ったり幼稚園で作ったものを見せてくれたり…
・その後ウリはひらがなの練習、ジェアはその邪魔に勤しむ…(涙)
・17:30頃ウリジェアお風呂
・それ以降は二人でテキトウに遊んだり揉めたり、その間私は夕食用意
・18:30~19:00の間に夕食
・19:30頃ベッドに行き、本を一冊読んで就寝

多少のズレや前後はあるものの、大体こんな感じ。
夕食準備についてはお昼御飯の時に結構下ごしらえはしてあるので
そんなに大変ではないのだけれど、できればもうちょっと
余裕を持って過ごしたいなと思う気持ちもあるし
子供達と、特にウリとゆっくりする時間を取りたいと思う。

幼稚園のお迎えは15:30~16:00の間に行けばいいので
15:30きっかりに行けば30分早く帰って来られる。
でも、車に乗ってから降りるまでは10分(山降りるけど…)だけど
あのジェアに出かける準備をさせ、家を出て、車に乗せて(←ここネック)
運転してパーキング探して(まぁ大抵あるけど)降ろして迎えに行って
ヘタするとお喋りなママに掴まってダラダラ話したりもするし
車戻って二人乗せて(←しつこいようだがジェアがネック…)
また戻ってきて二人を家に入れて…っていうの、1時間は軽くかかる。
そして、ちょうど昼食後にジェアが昼寝するのでなかなか早い時間に
お迎えに行くと言うのは難しい…。

と、こんな風になんでもかんでもジェアのせいにしているけれど
とにかくお迎えの時間は決まっているので仕方がないこと。
寝るのが早すぎるんじゃないのかって言う意見もあるかもしれないけど
この時間に寝て、二人とも翌朝7:30までぐっすり眠るし(寝起きスゴイいい)
別にもうちょっと遅くまで全然起きていられるけれど、そうするとやっぱり
朝の寝起きは悪くなるし、まぁ子供が早く寝るのはいいことかしら?と思い。
それに何よりも、子供達早く寝れば私の自由時間も増えるわけです。
(↑結局これ。でも実は、今子供たちの就寝時間については考え中。このことはまた。)

で、前も書いた気がするけれどウリは幼稚園後かなり疲れていて
体力の限界っ!!っていう感じの時が多く(機嫌が悪い…)
私としては、たまに給食の後にお迎えに行って午後を家で
ゆっくり過ごした方がいいのでは…っていう気持ちが、実はあります。
(こちらの幼稚園にはそう言う選択肢があります。)
日本の幼稚園だったらさ、毎日14時には終わるわけだし…
その上水曜日午前保育でしょ…?ちょっとスケジュール的にかなり違う。

でも、なんだか主人はいつも16時まで幼稚園にいるわけだし
ウリも楽しそうだしお友達ともうまく言っているんだから
このペースを崩す必要はないんじゃないか?なぜわざわざお昼に迎えに?
っていう考えみたいで…でも主人は、夕方帰って来た後のウリが
どんなに荒れて(いつもいつもじゃないけど)大変だか知らないからね。
そこのところはウリの意見を確認し、私の意見を尊重させてもらいます。

もちろん、お昼に(ジェア連れて)お迎えに行くと言うのは
タイミング的にもちょっと大変なんだけれど、昨日はちょうどお昼時に
幼稚園近辺を通る予定があったので、ちょっと試してみたく…。ウリに
『ちょっと毎日夕方までいるのも大変そうに、ママには見えるよ。
今日、お昼終わったらお迎えに行こうか。ウリがいいならそうしよう、どうする?』
と聞いたら、『今日、お昼の後に何にもやらないのならそうする!』と。
(最近、陶芸教室やったりパスタ作ったりピアディーナ作ったり
何かとウリの好きそうなイベントがちょくちょくあるので)で、朝先生に確認したら
今日は特に何もする予定はない、とのことだったので『じゃぁ今日は早くお迎え行くね』と。
そうしたら、『わーいわーい』とかってぴょんぴょん飛び跳ねていたので
まぁ早く家に帰るのも、幼稚園に夕方までいるのも、どちらも彼にとっては
そう悪いことでもないのだな、と思った。

で、その日家に帰ってきてもまだ13:30。タイミングを逃して私もジェアも
まだお昼食べていなかったので、お昼を作って私とジェアで食べて片づけて
ちょっと一緒に遊んだりしていたら、あっという間にいつもの16時過ぎに…。
『あれ?なんか別にそんなにのんびりもゆったりもしていない…』と思ったけれど
ウリはどう考えてもいつもよりは心も体も安定していたように見えたし
ジェアもウリと沢山遊べて楽しそうだったし、お昼ご飯の問題があるけれど
ちょっと週に一回くらいはこういう日を作ってもいいかな~?と、思った。

今年の9月からはジェアも幼稚園に行きはじめるし、その時にはもう下の子がいないので
私も自由に時間が使えるようになるので、たまにはジェアにもこうやって早めにお迎え行ったり
一緒にのんびりできる時間を作りたいなと思います。
ジェアが幼稚園か…なんかスゴソウ。先生スミマセン。



P1060647
早く帰ってきたらこういうこともできるね。
(まぁ週末にやれって話もありますが)
兄さん、妹におせっかいに指導中。
妹、『自分でー!』とイライラ。



P1060650
このウリの楽しそうな顔。
トマトソース、事前に玉ねぎ炒めて
ローリエオレガノ塩コショウで味付けてます。



!cid_75874786-FD83-4AC8-98C9-96C7818B31C3
とっても美味しくできました。
ジェアは今日の昼食の時も夕食の時も
『ピザがよかったぁぁ』と文句たらたら。
お食事に文句をつけてはいけません。




!cid_C5D61C17-C611-44DB-9765-1B434946433C
雨の本日はニョッキ制作。
いやぁ時間かかったかかった。




!cid_CDFF5CB2-9988-4582-92B5-695709454E94
またトマトソースだけど…。
子供たちがっつく。
家の中がなんだか粉っぽいです。



da_nori at 07:05|PermalinkComments(2)

2013年05月18日

ジェアの頭と私の顎と、そしてウリ

今日、お風呂上がりのジェアの髪を乾かしている時に
ジェアが下を向いていて、私が上からドライヤーをあてている状態で
ジェアが突然立ち上がったのか頭を上げただけなのかどうかも良く分からないけれど
とにかく突然すごいスピードでジェアの頭が真下から私の下顎に直撃したのです。

『ただ1歳児の頭が顎に当たっただけでしょ』と思われるかもしれませんが
油断している状態で、動きの速いジェアの頭蓋骨が下顎に直撃したら結構痛い。
でも、私の場合本当に痛いのは実際にぶつかったその下顎ではなく、左顎。
私は小学生の頃から顎関節症を持っています。

普段はもう日常生活に支障をきたすことはないけれど、数年に一回は
数週間~数カ月のスパンで痛みがあったり口があまり開かなくなる状態になったり。
今でもあんまり大きく口を開けると、『がっくん』と音がして鈍痛がする。
あまり大きさのある噛みしめなければいけないような食品は厳しい。(ぶつ切りタコとか?)
でもこの顎関節症とももう25年くらいの付き合いになるので、なんていうのだろう
普段から食事の際にはそれなりに注意を払いつつ咀嚼しているし
何かハードルの高そうな食べ物を食べる時にはかなり注意してる。

そんな状態のところに、なんの心構えもなくジェア頭突撃だったので左顎に激痛が。
と、ともにもちろん暫く口が全然開かなくて=喋ることもできないので
私はただひたすら左顎を押さえて痛みが去るのをじっと待つしかなかった。

そしたら、さすがにジェアは私の様子がいつもと違う、これはマズイと思ったのか
『ママごめんねぇ、ママごめんねぇ、いたい?いたい?ごめんねぇ』と言って
(あのちょっとハスキーな鼻声で)私の横にすり寄って顔を覗き込んでくる。
その時、ウリがどうしていたのかは見てない…痛くて顔あげられなかったから。
ちょっと暫く固まっていて、ちょっと痛みが去ってからジェアに
『いいよ、わざとじゃないから、大丈夫。ただ、周りに人がいる時は
もうちょっと注意して動こうね』と言ったら『はぁーい、ごめんね』と。

かなり痛くてまた数週間とか口が開かなくなるんじゃないかと思ったけれど
そこまでひどくはならなさそうな感じ…今も違和感は残っているけれど。
でも、今回のことで、普段は『のぉー!のぉー!』と言って反抗期まっただ中の
ジェアも、ここぞと言った時にはちゃんと状況を見て空気を読むことができるのだと
再確認できたから、よかった。かな。うん、たぶんよかった。

で、ちょっと反省してしおらしいところを見せたジェアも、暫くしたらいつも通り
『のぉー!ジェアー!!みおーー!!のぉーー!!』と何かするたび何かあるたびに
大騒ぎで私はちょっと苦笑い。そして、夕飯の頃からは結構ジェアに手がかかって
やっと(って言っても19時半)二人の寝る準備が完了してベッドに連れて行って
本一冊読んで、ジェアとちょっと話をしてたら(『ジェアさぁ、ちょっとくらいイヤだとか
言ってもいいけどさ、でもやらなくちゃいけないことはやらなくちゃいけないんだし
ある程度のところでちゃんとしようよ』とかそういう話。)横からウリが

『ママ、ウリのことも見て』と、言った。わぉ。
『ママはウリのこともちゃんと見てるよ?そう言う風に感じない?』と聞いたら
『感じるけど…ちょっとだけそう思っちゃったんだもん』と。
結構ウリも敏感で繊細だということを、ぎゃぁぎゃぁジェアに気を取られて
うっかり失念してしまっていました。すまんすまんです。

『明日は幼稚園もないし、パパもいないから、一緒に沢山遊ぼう』と言ったら
『うん、ママ好きだよ、おやすみ。』と言って、すぐに寝た。(←相変わらず平日は疲れてる)
もしかしたら、これくらいの歳で下の子が産まれたりした方が大変なのかもな、と思った。

でも、そう言う風に素直に口にできるってところはまぁ信頼関係築けてるってことかな
とか、自分の都合のいいように解釈して、もう一度気持ちを切り替えてやっていきます。




P1020521
ノンノが買ってくれた上下セット。
お友達から『カワイイ』と好評だったそうです。




P1020524
ジェアはひたすらお絵描きが好き。
このペンはお洗濯であっという間に消えるので
なかなかの優れもの。




P1020539
パンが好き。



P1020559
初めて消防車に乗せてもらいました。



P1020570
お気に入りのスタイル。
リュック&水中メガネ。



P1020590
男子たちはテレビに夢中。
ジェアは筋トレ。



da_nori at 07:00|PermalinkComments(3)

2013年03月12日

本と主人と子供たち

私の主人は非常に読書家。冬なんて、全然ホント、驚くくらいずーっと
ソファに横になって本ばっかり読んでる…多少カテゴリーは偏ってるかな?って
思うけれど、でもそのせいかすごい物知りで、たまに
『その知識他に何かにいかせないのか?』って思うくらい。

主人の友達も皆、主人が読書家だと知っているので
街で久々に偶然会ったときなんか『最近読んだいい本ある?』とか
『今は何読んでるの?』とか挨拶みたいに言われたりしていて
主人の家族(親や兄)から主人へのプレゼントは大抵、本。

なのに、これはすっごい不思議なんだけれど、子供たちが読む本に関しては
まったく興味なし。日本の本に関しては私が私の好み(たまにウリの好み)で色々探して
帰国の度に結構持って帰ってきていて、こちらでもたまにイタリア語の本買うけど
でもやっぱり、イタリア語の本はイタリア人である主人に
選んでもらいたいなと思ったりする…けれど、その気は殆どないみたい。
『たまには選んで』と言っても、『子供の本のことはわからない。のりが選んで』と。

で、子供達は二人とも本が好きなので『読んで読んで』としょっちゅう言ってくる。
(この間、ジェアが本持ってきて『ママ、よもー』って言った!めっちゃカワイイ!)
正直疲れてる時とかあまり気分がノラナイこともあるけれど
やっぱりソファに一緒に座ってくっついて本見てるのはとっても幸せな気分になるし
子供達もとっても楽しそうだし、それに私が小さかった頃母が色々読んでくれたのを
私もよく覚えているし、一緒に読む。かなり、読む。

で、もちろん子供たちにイタリア語の本を読むのは主人の役割なのだけど
これがまぁーーーびっくりするくらいに、感情も何もなく
ただ早く終わらせたい一心でものすごいスピードで読む…。
つまらないのかなぁ…あんなに自分は本が好きで、子供たちのことも好きなのに
二つとも好きなことのはずなのに、どうしてかさっぱり分からない。
ウリッセも『パパ早くて何言ってるかあんまりわかんないー』とか言ってるし
『もうちょっと、ゆっくり、子供たちに分かるように読んであげて?』と言ったら
どうも自分でもあんまり意識していないけど自然にそうなってしまうみたいで
『はっ!』と気付いて頑張ってゆっくり読んでてオカシかった…。

早く子供たちがイタリア語の本、自分で読めるようになればいいんだけどね。
でももっと大きくなっても日本語の本は私も一緒に読みたいな。



P1010587
主人は『お話の本』は好きじゃないです。
『事実が書いてある本』が好き。
それもいいんだけどね。
(あ。でもギリシャ神話も詳しいな…)





P1010583
今日はウリ兄さんにアリスのお話買いに来ましたよ。





P1010576
アリスの話もパパは超特急で読んでて
ママは笑ってた。



da_nori at 08:38|PermalinkComments(5)

2012年04月23日

ちょうど前から思ってたことだった

先日、今日本から遊びに来ている学生時代からの友人が
『今のおばあさん世代の人から見ると、今の日本の人の育児って
すごい子供にお伺いを立てていて、気になるらしいよ』と言っていた。
わぉ、びっくり。なぜなら、まさしく私が前々から思っていたことだから。
私はおばあさん世代でもないのに…まぁそれはいいけど。

もしかしたら、私もたまにやってしまっているのかもしれないけど
皆やたら子供に聞いていると思う、『○○行く?』『○○食べる?』
『○○する?』とかなんとか…で、子供が『ヤダぁ~』とか何とか言うと
それに付き合ってウダウダウダウダやってる…(ように、私には見える)。
いちいち聞いてないで、『行くよ』『これを食べよう』で親が決定して
親が率先して行動を起こさせちゃえばイイんじゃないのと思うんだけど。
(『オムツ替える?』で何十分もあーだこーだやってる人もいてちょっと驚いた)

なんか、子供の言いなりになって、ご機嫌伺って、振り回されて、大変そう。
そりゃぁティーンエイジャーとかだったら話も別だが、幼児だったら
そんなの決定権は親にあるわけだしさ…食べ物は用意されたもの食べるべきだし
行かなきゃいけない時は何があったって行くんだし…違うかな。

私の主人も、比較的ウリに色々聞くタイプ。
本人の自主性に任せて、選択させる必要があるとかっていうけど
なんかただ我儘助長させてるだけのようにも見えないでもない。
でもまぁ前も書いたけど、ウリもその辺はちゃんと分かってると思うけど。

そしてついでにもう一つ言うと、最近お母さんたちがよく使う
『○○してくれる、してくれない』と言う言い方、あまり好きじゃない。

『食べてくれる』『食べてくれない』
『寝てくれる』『寝てくれない』
『座ってくれる』『座ってくれない』
『静かにしてくれる』『静かにしてくれない』などなど。

子供は食べてあげてるわけでも、私たちは食べてもらってるわけでもなければ
親子の関係はしてあげるしてくれるで成り立っているわけでもなく
『○○してくれない』っていう考え方がある時点ですでに
自ら子供を優位に立たせちゃってる気もするけど…私の考え過ぎかな。

うまい具合にやっていくのは難しいものです。




CIMG8970
とかって、ママ分かった風なこと言っちゃって…。
笑わせるわぷぷ。





CIMG8967
べーーー。





CIMG8973
ジェアちゃんの真似。ハイハイ。



da_nori at 21:03|PermalinkComments(4)

2012年04月22日

なんか言われてたことと全然違うけど

確か、私が妊娠してお腹の中の子供が女の子だと分かった時
私の周りの子育て経験者達は、皆こう言った。

『よかったね、二人目が女の子で』
『男の子の次の女の子は、ラクだよ~』
『やっぱりね、男の子と女の子は大変さが違うよ』

だからって、それを鵜呑みにしてよっしゃ!とか思ってたわけでは
全然ないけれども、なんか、今皆がそう言ってたな~って
しょっちゅう思いだしては『全然違うし!』とひとりで苦笑いしている。

我が家に関しては、そして生後約11カ月までに関しては
まったくもって『女の子の方がラク』ってことは、ない。
まったくない。もう全然ジェアの方がワケわかんない。

ウリだって、色んなもの触ったりイタズラしたりとかもちろんしたけど
なんていうか、程度が違うっていうか、ジェアの方がまさしく
『手当たり次第』って感じでもうメチャクチャ…。
で、彼女のやりたいことを禁止したり阻止したりした時の
癇癪の起こし方とか結構こっちがヒクくらいすごくて
ものすごいコワイ眼で私を睨んで変な声をあげたりする。
怒るとモノを思いっきり投げたり、暴れたりも。

そして、なんていうか、悪いこととか企んでいる時の表情といったら…。
もう1歳前の子供とは思えない!すっごいキケンな顔してます。
スカイプで母と話している時だけでも、もうその性格というか
性質の違いは明らかなので、母も思わず
『ジェアちゃん2歳くらいになったら大変ね~きっと』
と笑っていた…笑ってる場合じゃないよ、もう。
所謂2歳児の大変さを、ウリでは経験していないからな…どんなんかな?
でも、この先ジェアがとっても穏やかな女の子に育っちゃったりして
『あの時あんな風に思ってたな~』なんて今を思い返すことができたら、いいけど。
(なんかムリな気がするけど?)

主人は、『ウリはボク似でジェアはのり似』と言っている。
そうかも?あ、でも、決して二人を比べてはイケナイのね。
それは鉄則。気をつけます。




CIMG8966
この、ちょっとした力士バリの足首が笑える。
落っこちると痛いので(家の床はレンガ)
一応私、後ろから見守ってますけど…
でも何度も頭もおでこも打ちつけてます。
左下のは今お気に入りのカナヅチ?(ウリの)
これで手当たり次第色んなところ叩いて
音の違いを楽しんでいる様子。




CIMG8964
パパ狭いんですけどね…。




DSCF0389
同じく11カ月ちょっと前の頃のウリ。
東京にいたんだな、オヤツ待ってるところ。
笑った表情が全然違うな。



da_nori at 06:37|PermalinkComments(2)