ウリッセ幼稚園

2014年03月20日

アンナとひらがな

数週間前、ウリがひらがなのワークブックを幼稚園に持っていくと言いだした。
家のモノは基本的に幼稚園には持って行かないようにしているし(そう言われているし)
特に日本のもの、日本で買って来たもの、ここでは手に入らないものに関しては
無くなったり壊れたりしたら本当に哀しいので…ウリにはそれはちょっとダメだな、と。
そしたら『だってアンナにみせてあげるって約束したんだもん!』と言う。
アンナというのは、幼稚園でのウリの一番の仲良し。大人っぽくて…背も高くて
賢くて、お行儀もよく、かつ結構センシティブなとっても感じのよい女の子です。

『アンナが、ひらがな見たいって。教えてあげるって約束したもん…』と…。
まぁ…アンナはいつもウリにアルファベットを教えてくれてるし
(ウリが結構書けるようになったのはかなりアンナのおかげかもしれない)
オモチャとかでもないので…持っていってちょっと見せるくらい、いいかな、とも思い。
『じゃぁ、ちゃんと名前を書いてね。使わない時は必ずウリのロッカーに入れておいて』
と念には念を押して、翌日ウリは張り切ってワークブックを一冊持っていった。

こんなに念押ししたにも関わらず…私もその日のうちにそのことを忘れていたのだけど
2日後くらいかな、アンナのママに呼び止められて『あのね、アンナがウリッセから
貰ったって、日本語のワークブックを持って帰って来たんだけれど…』と。
え…あげちゃったの?!と思ったけど、でも今さら『そういうつもりじゃなかったから
返してください』とも言いづらいなと思っていたら、向こうから
『大切なものなんじゃないの?貰ってしまってよかったの?』と。なので
『実は、ウリッセがアンナに見せたいって言うから持たせたんだけれど…』と言うと
『そうじゃないかと思ったの。ごめんなさい、明日、持ってくるから。でも、アンナも
すごく喜んでいたから…お返しする前に、コピー取ってもいいかな?』と言う…。

もちろんいいよ!コピーなんてどんどん取ってもらっていいよ。
差し上げられなくて残念だけれど…でも本当にこういう常識のあるお母さんでよかった。
まぁこういうお母さんの娘だからウリが仲良くなったのかもしれないけど。
で、アンナには『ごめんねアンナ、ウリッセが一度あげるって言ったのに…』と
私とアンナのママで話したら、アンナもあっさり納得。(2歳児だったらそうはいかない)
ウリには、家に帰ってから『ねぇ、あれはアンナに見せるだけっていうから
ママは持っていっていいって言ったんだよね?ウリがアンナにあげたいなと思ったのは
まぁ気持ち分からないでもないけど、今、ウリが持っているものは全部パパやママや
他の誰かが買ったものだから、勝手に誰かにあげたりしてはいけない。
それに、あのワークブックはみきつんがウリにってわざわざ日本から
持ってきてくれたんだし、ママとの約束はちゃんと守ろう?』と言うと
ちょっとだけ悲しそうな顔していたけれど…『ごめんね…わかったよ』と。

まぁこの件はこれで一段落したのだけど、数日前に今度はアンナに呼び止められる。
『ねぇ…これ、見てくれる?』と言って差し出されたものは、ウリのワークブックのコピーと
どこかの英語サイトからプリントアウトした平仮名の初歩テキストブックみたいな…。
ちゃんと【あいうえお】の横に【a/i/u/e/o】と発音が全て表記されているようなもので
それがちゃんとファイルされてる纏めてある…スゴイ…そうだよね、確かに
ウリのワークブックじゃ何て読むかなんて書いてないしね…読めないよね。

これどうしたの?と聞いたら『パパがね、ネットで探して印刷してくれたの。
でも、パパとママには日本語がわからないから、ウリッセのママに会ったら
ちゃんと書けてるか聞いてみなさいって…』と言うので、中を見せてもらったら
まぁ~多少にょろにょろはしている感じだけれど、平仮名がほぼ全部上手に書けていて
一生懸命やったんだな~って言うのが分かって、なんだか私は自分の子供でもないのに
涙が出そうになった…(ウソかも…そんなことでは涙は出ないか。)

『すごい上手に書けてる。幼稚園の後にいつもやってたの?すごいね、よく頑張ったね』
と言ったら、なんか顔を真っ赤にして嬉しそうな…か、か、か、カワイイーー!
そしてなぜか横にいるウリまで誇らしげ…いやいや頑張ったのはアンナだから!と思ったけれど
幼稚園で色々単語も教えてるみたいだし自分が先生になったつもりにでもなっているのかな?

近しい外国人が日本語とか日本食とかに興味持っているとそれだけで結構嬉しいものだけれど
(私としては日本食好きの方が断然いいけど)こうやってアンナがここまでやるっていうのは
きっとウリッセと仲良くできていて信頼関係が築けていてそういう気持ちが
ベースにあるからこそだろうなぁ…って思うと、なんだかとっても嬉しい。
ウリッセ、とってもいい経験が出来ていると思います。それにしてもアンナ、すごい。
もしかしたらウリよりも平仮名に関してはすごいペースで学んでいるかもしれない。
ちなみに、小学生のお姉さんは、アンナがやるのを一緒にやっていたらもう全部
読めるようになってしまったそうで…。やるな、アンナ姉妹。



__ 2
カレンドゥラ。マリーゴールドと一緒ってこと?
私知りませんでした。





__ 1
たんぽぽ、ママにどうぞ。




__ 3
お庭の芝刈り始めました。
幼稚園から帰ってまずこれ。
なんでそんなに楽しいのかな?




__ 4
スポンジケーキが上手に焼ける。
とっても嬉しい。






__ 5
スピログラフ…ジェアにせがまれていつも描く。
で、ジェアがちまちまちまちま塗る。
で、ウリが名前を書く。
親子共同作業。



da_nori at 17:46|PermalinkComments(6)

2013年12月17日

チュニジアへ帰ってしまった友達

ウリの幼稚園も早いものでもう3年目、日本で言う年長さんの歳。
クラス替えみたいなものもないので、ウリの友達はまぁ出て行く子
入ってくる子もいるけれど基本的に3年間変わらず、色々あるだろうけれど
みんな基本的に仲良し、なんだろうと思う。

年少の頃からずっと一緒だったチュニジア人の女の子がいたのです。
送り迎えの時間があまり重ならなかったから、(ここの幼稚園は
日本で行っていた幼稚園と比べると、送り迎えの時間にすごく幅がある。)
ご両親と会ったことはあまりないんだけれど、なんていうか、すごくいい意味で
子供らしくて、明るくて、わきまえていて、賢そうな女の子だった。
きっとご両親からとっても愛されて、お家でも沢山会話があって
そんな家庭で育っているんだろうなと思わせるクリクリ眼とクリクリ髪の子。
いつもジェアが行くと、『ジェア!こっちこっち!』って可愛がってくれてたし
なんか子生意気そうな子も結構いる中で、私は好感を持っていた。

が、半年以上ぶりに今回ここの幼稚園に戻ってみたら、その子を見かけない。
ロッカーとか名簿的なものに名前はあるものの、ウリも『全然来てない』
と言っているし、まったく見かけないので…どうしたのかな、私たちみたいに
里帰りしてるのかな、それにしても結構長いんでないのかしらとか思ってた。

そんなところ、先日街で彼女のお父さんを見かけたので『彼女はどうしたの?』
と聞いたら、なんかちょっと投げやりな感じで『チュニジアに行ってるよ』と。
『いつ帰るの?』って聞いたら…『さぁ、もう戻ってこないんじゃないかな』と。
なんでも、奥さんが、どうしてもここでの暮らしが好きになれなくて
ずっと我慢してたけどもう耐えきれなくて、娘を連れて国に帰ってしまったんだと。

『誰かが働かないといけないし、僕には運よくここで仕事があるから』と彼。
そうだよね、イタリア人でさえ仕事がなくなってしまっているこの不況の最中。
ふむ…私みたいに日本みたいな国から来て、イタリア人の主人と
結婚しているのとはわけが違うし、それでも娘連れて国に帰ってしまうなんて
きっと色々色々色々色々あったんだろうなぁ…と思って、色々色々考えてしまった。
その彼にはなんて言っていいかわからなかったから、何も言わなかったけど。

5歳の女の子にとっては、きっとお母さんが精神的に穏やかで
平穏でいられる場所の方が、今は幸せなんじゃないかなぁとも、思うけど…。
難しいなぁこれは。


P1060403
ノンニ(おじいちゃんおばあちゃん)の家の
クリスマスツリーを飾りつけしています。
このツリー、40年くらい使ってるんだって。
姑は、飾りがあんまりごっちゃごっちゃしてるので
イヤそうだけど、孫たちがやってるとなると文句も言えない。



P1060404
こんなんとか。



da_nori at 05:10|PermalinkComments(2)

2013年02月14日

東京の写真を

先日、現像した写真をそれぞれのアルバム用に仕分けする作業をしていたら
ウリがやってきて、『幼稚園に東京の写真を持っていきたい』と言う。
幼稚園に写真なんか持って行ったらぐしゃぐしゃになるか
無くなっちゃったりしちゃうだろうし、せっかく纏めて現像したのにな…
と思ったりもしたけれど、まぁウリが持っていきたいならと思って
『じゃぁ好きなの一枚選んだら?』と、言った。

ウリはなんだかとっても嬉しそうに
『これはぁ~うーん、なんちゃらかんちゃら』とか言いながら
色々思い出も甦っちゃったりしてるみたいで楽しそう。
で、結局選んだのが、去年の夏に東京で通っていた幼稚園で
最後の日に先生たちと撮った写真。

でも、この写真本当に帰り際に事務所みたいなところの前で撮ってもので
後ろに段ボールとか写ってるし…あんまり、こう、いい写真というか
もちろん私やウリにとってはとっても思い出の写真なんだけど。
だから、『せっかく東京の写真持っていくなら、スカイツリーとか
本門寺とか、そういう東京っぽい日本っぽい写真にしたら?』と言ったら
『これがいい!皆にウリが日本で行ってた幼稚園だよって見せるの!』
と…なのでこれを持っていくことにした。

それからすっかり、私は写真のことはすっかり忘れていた。
でも昨日、お迎えに行った時に気付いたんだけど…先生が、ウリのクラスの壁に
画用紙に貼ってコメントも書いてキレイに貼ってくれてた。
『ウリッセの東京の幼稚園です。日本語で、マエストラはSENSEと言います』とか。
そして、その下にはウリッセが描いたアリタリアの飛行機だとか
東京の絵(もちろん本門寺)だとかも一緒に貼ってあってウリッセ嬉しそう。

こちらの都合で度々結構長い期間お休みさせたり
色々勝手させてもらっているのに、こうやってウリの気持ちも酌んでくれて
改めてここの先生方にも感謝だな~って、思った。
どうせぐしゃぐしゃになるか無くなるかだなんて思った自分を、反省。
ここでも東京でもよい先生方に巡り会えていて私達本当に幸運です。





P1010170
これがその写真。
このウリ、とっても嬉し恥ずかしの顔してて
なかなかカワイイのです。




P1010168
このウリのシャツ、服とかどーでもいいタイプの主人が
『ウリにすごく似あうと思う』と言って買った。
似あう…かな?そうだろうか…マルチカラー…。




P1010197
左からイトコ1ジャコモ6歳、ウリ4歳、イトコ2ルドビーコ3歳、
そしてジェア1歳。イトコ3グレゴリオ1歳は写ってない…残念。
孫たち、皆どんどん大きくなってます。
ちなみにルドはウリより1学年下だけれど
体重も身長も越されてる。
ジェアさん紅一点です!



P1010229
出ないっす。




P1010234
先日降った雪はこんなに積もった。
でもその後気温が上がったからかな
かなりの勢いで溶けました。
あぁよかった。



da_nori at 07:10|PermalinkComments(2)

2013年02月05日

延長保育…

先週、こちらに戻ってきて久しぶりにウリの幼稚園に行ってみたら、来週から
幼稚園の建物の中の空いている所を利用して預かり保育的なものが始まるらしい。
対象は1歳から6歳までのこの町に住民登録している子供で
時間は16:00~17:30の1時間半。30分3ユーロ、1時間5ユーロ。
というわけで一時間半だと8ユーロ。最初の登録料が10ユーロ。
(幼稚園の通常の預かりは16時まで。)

きっと親たちから要望があって、延長保育って言う感じで
で、ついでに幼稚園に通っていない子供も来ていいよって感じなんだろう。
家に、ジェア宛に案内も届いていたし、先生たちも
『ジェアにもとってもいい経験になるから!!遊びに来てちょうだい!!』と
ものすごい勢いで言われたけど…でもどう考えても私の感覚だと
16時~っていうのは遅い…それに、ウリに関しては、その日の朝に
幼稚園に送って行った時に『今日お願いします』と言えば自動的にその
預かり保育に連れて行ってもらえるんだけれど、ジェアだとしたら
私が16時に連れていくわけだし…だったらその時にウリを連れて家に帰る。

でも、ウリッセの延長保育として考えたらなんか用がある時はいいかも。
ボローニャ遊びに行ったりした時、とか??
町の児童館的なところも、なんか16時オープンとかだったりもしたし
この国の子供たちって夜更かしなんか…なぁ。わからん。



【日光での写真】


P1000580
東照宮手前の神橋。雪が積もっていて危なすぎて
とてもとても渡る気にはなれず。(有料だし)
でも行き止まりで渡れはしないらしいよこの橋…。




P1000603
ここに主人は行きたかった。
日光東照宮。でも、感想は…
『今まで行ったどのお寺よりも(結構行ってる)
池上本門寺が一番スバラシイ』とな!!
地元民としては嬉しいがそれでいいのか。
でも確かに本門寺の美しさはミゴトです。




P1000611
お寺は砂利や階段でいっぱいなので
ベビーカーは置いて行った方がいい…ってことで
ジェアはほとんどパパ抱っこ、たまにママ抱っこ
ごーくごくまれにジジ抱っこ。
下がぐしょぐしょでとても歩かせられません。




P1000613
なんかこれお寺っぽくなくてステキ。
夜、ろうそくが灯っていたら
とってもいい雰囲気だろうな、と思う。





P1000615
雪の日光ってのもなかなかいいもんです。
怖いけど。




P1000659
お腹がすいたので
ユズ餅でオヤツ。
美味しい。



P1000657
ボクには特別にお猿の絵入り。




P1000625
写真では分からないけど…この階段
一段一段が微妙に斜めに傾いていて
雪が残っていてホントーーーに怖かった。
ここをジェア抱っこして登った主人、尊敬。
ありがとう…きっと腰がガタガタになったのは
このせいでしょう。




P1000640
お寺の派手な装飾は私はイマイチピンとこないけど
こういう可憐な装飾は好きだな~。




P1000712
輪王寺の本堂(三仏堂)は現在大修理中。
平成32年まで続くのだそうです。
こんな風に本堂を建物で囲って
大々的に作業が行われていて
こんな風に上から見ることができた、貴重な機会。




P1000734
輪王寺内の逍遥園。
結構ジミ~にキレイだった。



P1000630
後ろに写っている、御幣。
なぜかウリが異常に気に行って
『雷様』と呼び、バーバに
『雷様作って作って!!』とおねだり。
バーバはネットで作り方を検索していました。




P1000749
私が見に行きたかった、竜頭の滝。
私は子供の頃から滝が好きなのです。
そして、華厳の滝は見たことがあったけど
ここには行ったことがなかったのです。
感動…。



P1000751
いつか、秋に行ってみたいなぁ…混んでそうだけど。
そして、めちゃくちゃびっくりしたことに
主人にはこの美しさが伝わらなかった!
絶対に好きだと思ったのに。
ものすごいカメラを持った人たちが沢山撮影に来てたけど
それを見て『なんでこれがそんなにすごいのかわかんない』とかって。
もしやナイアガラの滝みたいなのを想像していたのではないよね?





P1000772
華厳の滝。
私の写真で見ると小さいし迫力ないなぁ…。
でも、これは伝わると思うけど
ほんとーにほんとーに寒かった!!
普通のイタリア人だったらこの寒さの中
子供を外には出さないと思う。
多分主人は私の両親の手前
ぐっと堪えていたのではないかと。




da_nori at 06:46|PermalinkComments(2)

2012年11月16日

幼稚園の園外活動

ウリに、幼稚園で『今日幼稚園でなにやったの?』と聞いても
大抵『なんにもっ!!』と言って情報は得られないのだけれど
(そういう風に言う子供ってとっても多いのだそうです)
こちらが何も聞かないと結構色んなことを話してきます。

で、ウリの今までの話を聞いていると、どうも幼稚園では
園の中で色々遊んでいるだけじゃなくて、クラスの皆で外に行って
色々やることが結構あるみたい…普通に公園に行ったりだとか
(園庭も公園みたいに広いんだけれど)その辺の道で枯葉を拾ったり
柿を採りに行っておやつに皆で食べたりね。

昨日は、『今日はね、Rossiのみんなで葡萄を買いに行ったよ!
(Rossi、というのはウリのクラスのこと。赤組…って感じ。)
ママといつも一緒に行くお店だよ、お店の人がチャオウリッセって!!』と。
ウリのクラスの子供達全員と先生で、街の八百屋まで歩いて行って
そこで葡萄を買って、これまたおやつにみんなで食べたらしい。
八百屋までも結構子供達沢山連れて歩いたら距離あるし
大変なんじゃないかなぁと思うのだけれど、担任の先生3人が全員一緒で
朝にテクテク行ったんだそうだ。

こうやって、お金を使ってお店でモノを買うということとか
もちろん普段お母さんとそういうことやってる子は知ってるけど
親が働いていたりしたらあんまりそういうことも一緒にしないだろうし
年少(日本で言ったら)の子供に幼稚園でアクティビティとしてやるのは
とってもいいことなんじゃないかな~と思う。

他にも、なんか、結構『ほーいいことしてるね』って思うようなこと
沢山沢山幼稚園ではやっていて、なんというか、私はこの幼稚園好きだわ。
え?!って思うこともあるけど、先生は今のところ皆すごくよくしてくれるし
ここでウリにも今後沢山楽しい思いしてもらえたらいいなと思う。




CIMG9884 (1)
最近のウリのお気に入りの遊びは塗り絵。
色鉛筆だと多分筆圧が足りないのか
つまらないらしく必ずペンで塗ります。
広い部分はこうやってマスで区切って塗るのがブームみたい。
塗り方に性格が出ています…几帳面だよね。




CIMG9893
私的にこの写真のジェアが異常にツボです。
ウケル。相当ウケル。




CIMG9898 (1)
ウリの眉毛ってパーフェクト。
そうとう羨ましい…。



CIMG9902 (1)
髪を切りました。
日本の梳きハサミ、相当助かってます。



PB112732
二人の靴の中が砂だらけになったのはいうまでもない。




PB112729
後ろは海です。
このジェアの嬉しそうな顔。
傘とかなんでそんなに好きかなぁ。



da_nori at 22:34|PermalinkComments(2)