娘【GEA】

2014年05月20日

ジェア、3歳を間近にして

気付けばあとちょっとでジェアも3歳…というわけで、ちょっと以前の自分のブログを
読み返してみたりしたら、私、やたら『ジェアは癒し系』って書いていて…
そうだったそうだった!と思わず笑ってしまった。そうなんです。
今はこんなんだけど、新生児~乳児期のジェアは癒し系だったんです。
別にいつもニコニコ…って感じの赤ちゃんではなかったけど、なんていうかな
すごくおっとりしていて、どしんと構えていて、何事にも動じず、よく食べ、よく眠り
(おっとり以外は今でもそうか?)本当に手のかからない赤ちゃんだった。
いつ頃だろうか…路線変更したのは…1歳半くらい??覚えてないけど…。
 
もうここ一年以上、ジェアには振り回されっぱなしで、まぁそれが今の私の業務なので
別に構わないんだけれど…でも、あと数カ月で幼稚園に入ることを思うと
ちょっと本当にこんなんで大丈夫なんだろうか?って思うことが実はある。
ウリの担任の先生は、『大丈夫大丈夫~あなた、ウリッセ基準で考えすぎ!
一人目がウリッセだったのはラッキーよ~皆普通てんてこ舞いなんだから』って言うけど
ジェアのあのあまりに頑固なところとか…自分の気にいらないように物事が進んだ時の
癇癪とか…人の話をびっくりするくらい無視するところとか…うーん。
 
で、前から私なりにちょっと心配してはいたけれど、ここのところ立て続けに
ウリの幼稚園の先生(違う学年の先生たちからも)ママ友たち、義理両親の知り合い
公園で会うおばーちゃんたち、八百屋のおばちゃんとか色々な人たちから
『この子すごいわね~』とか『お母さん大変ね』とか『幼稚園行ったらどうなるかしらね』とか
『すごい頑固ねぇ…』とか『なかなか個性的ね』とか言われることが多い。
で、皆ウリッセのことを知っている人たちなので、口に出さないにしても
(実際口に出す人もいるけれど)皆たいてい枕詞(?)には
『ウリッセはあんなにブラボで落ちついてるけど』って、ついてる
私自身も、比べちゃいけないとは思っているけれど、3歳なりたての頃のウリッセを思い出すと
(ウリはちょうど幼稚園行きはじめた頃が誕生日なので結構しっかり覚えてる)
なんていうかな、話の通じやすさとか呑み込みとか、取る行動とか、あと単純に言葉のレベルも
まったく違って、安心度って言うか…今のジェアとは全く別物だったのは、事実。
 
先日、ジェアが道で(!!)癇癪を起して寝っ転がって暴れていて…
日本ではこんな子ちょくちょくいるけどハッキリ言ってイタリアでは
私もジェア以外見たことないので私も正直勘弁してくれって感じだったんだけれど
横を通りかかったシニョーラが『マンマミーア!こんな子見たことないわ!』って
に向かって言って来た…わざわざそんなこと言わんでもっ!!っていらっとしたけど
そこはにこっと笑って『いっつもこうなんですよ~』って言い返したら
『マンマミーア…同情するわ』だって。けっ。
 
そんなこんなで、最近本当に本当に立て続けに色んな人にこんなことを言われるので
母親としては、自分でもそう思っていても、他人に言われてしまうと
『いやいや、いい子の時もあるんですよ~優しいところもあるんですよ~』とかって
ジェアをかばいたく(?)なってしまう時もあったりして。
まぁ、何でも食べて、よく眠って、健康なのでそれだけで親孝行だとも言えるけれど
もぅちょっと、もうちょっとだけ色々ちゃんとしてくれると嬉しいんだけどな。
いつまで続くのやら。



__ 1
ずっと、釣りをしたがっていたウリ。
川や海にまで連れていけないので
お家の庭の池…釣っているのは金魚。



__ 2
でも、前述の通り今ジェアを連れて
水の周辺とか連れていくのなんて
ホントコワいので庭で十分。
子供たち十分満足だし。
というか庭でも十分コワい。


__ 3
それに、池ならガンガン釣れるので
子供たち飽きない。
これが川とかだったら…釣れなくて
イライライライラして機嫌悪くなること間違いなし。



2
Parmaのそばにあるお城
Castello di Torrechiaraに行った。
なかなかよかった。


1
こんなところでも読書を開始する子供たち。
『あくたれラルフ』と『ぐるんぱのようちえん』。



3
最近木に登るのが大好き。
お腹…ちょっとどうにかした方がいいよ。



4
お昼ご飯食べたところに、豚がいた。
この豚ちゃんたちが、このレストランの食材になる。
お母さん、ぐったり。すごい。


da_nori at 06:14|PermalinkComments(2)

2014年03月24日

ブラバジェア

自分の娘なんだけど、ジェアに関してエライなぁ…っていうか
スゴイなぁ…って思うことの一つが、非常に寝起きがいいことです。
朝起きる時とか昼寝から覚めた時とか、そういう、沢山寝て
自分から起きてくる時はまぁ寝起きいい子は沢山いるかもしれないけれど
(そう言ったらウリもそうだな)ジェアの場合は違います。

平日、お昼を食べてその後ちょっとお昼寝に入るのが遅くなってしまうと
ウリッセのお迎えに行く時間になってもまだ寝ているということがあるので
そういう時は仕方ないけど、起こす。起こすしかないしね。
そうすると、一瞬『え!?』って顔をするけれど、すぐにさっと起きて
まるで今まで寝ていたことはウソのように…ささっと行動に移せる。
これはなかなかできないことだと思う。

私もかなり寝起きはいい方なので、まぁ分からなくもないのだけれど
主人が、本当に寝起きが悪くて…(しかも沢山寝てるくせに)
なんだか、すごく私は理解できないしイライラするのでそこのところは
ジェアのことを少しは見習ってほしいもんだと思います。

ずっとこのままでいてくれたらいいんだけどな。


P1060728
お友達の家のブランコ。
絶対設置方法間違えてると思う。
乗るところが高すぎ。



P1060738
こういうオモチャ、あれば遊ぶのかしら…。



P1060745
友人のところの姉妹。
上の2人の誕生日も下の2人の誕生日も
それぞれ1カ月違いで、それこそ
生後0か月の頃から一緒にいる子供たち。
こういうお友達がいるのは母にとっても
とっても助かるし嬉しいことです。



da_nori at 06:54|PermalinkComments(2)

2014年03月02日

ジェア2歳9カ月

早いもので…本当に早いもので、今日でジェアが2歳9カ月。
なんでそんな中途半端な歳をわざわざ特記する?と思われるかもしれないけれど
私にとっては2歳9カ月ってちょっとなんていうか、特別なんです。
なぜなら、ウリとジェアの歳の差はきっかり2歳9カ月。
ウリがちょうど今のジェアと同い年の時に、ジェアは生まれたのだな。

私の記憶する限り。ジェアが産まれた頃のウリは、今のジェアと比較すると…
また比較しちゃうけど…うーん、一言で言えば『ラクだった』気が、します。
ジェアも十分喋るし、言いたいことも言えるけれどやっぱりウリの方が
絶対的に言葉は発達していたと思うから、それも理由の一つではないかな。
なんというかな、もうちょっと落ちついていたし、私達の話をちゃんと聞いていた。
ジェアは彼女なりのこだわりがすごく強くて、譲れない部分がすごく多いし
一旦機嫌が悪くなったり癇癪を起こしたりしてしまうとそこから回復するのが難しい。
他のことで気をひいたり、紛らわしたり、とかそういうのがあまり通用しなくて
私や主人の言っていることを見事に聞いていない(フリをする)ことも結構あるし。

主人に『ウリが今のジェアの歳の時に、ジェアが産まれたんだよね』と言ったら
『あーそうか…うーん、もうそんなにたったかぁ…』としみじみしみじみ。
『今、毎日ジェアがあの状態で、そのうえ新生児がいたら
ちょっと大変だと思わない?』と聞いてみたら『いや、ママが大変そうだって
分かるでしょ』とかって簡単に言ったけど…どこまで楽観的なんでしょう。
もちろん、『たら』『れば』の話だから楽観的でもいいんですが。
でもホント、今のジェア+新生児がいたら私結構厳しいかもしれない。
しかも私の体調も本調子じゃなかったりして…うわぁぁーー考えただけでぞっとする。
ちゃんと、うまく回るようにきちんと仕組まれているんだなぁ…なんて考えてしまった。


そんなジェアだけど(どんなジェア?)ウリが私に叱られている時とかは
じっと黙って他のことしたりしながらでも実はちらちら様子を伺って
一旦それが沈着すると、こちらが呆れるくらいオチャラケたりして
彼女なりに場を和ませようとすることが結構あったりする。
(ただそのオチャラケ方の方向性が間違っていることが多い…兄さんのいる妹の宿命)

ウリに対する心の広さは、本当にウリに見習ってほしいくらいで
どんなに意地悪されても痛いことをされてもすごい忍耐力を見せることが多く
逆に『そこでしっかり怒らないからウリが調子に乗るんだよ…』って思うこともある。
本当にウリが好き。一日のうちで一番楽しいことって、前まではご飯食べることかなと
思っていたけど、今は多分ウリのお迎えに行くことじゃないかなって最近は思う。

癇癪とかこだわりが出てない時にはすごく優しくユーモアがあって

(スカイプの時も、実家の母が『本当にジェアちゃんはユニークねぇ』と言う)
毎日毎日おかしなことを言って私のことを笑わせてくれるので…
(主人は笑わせられない、日本語だから…本当に残念だ)24時間一緒にいると
正直『いいかげんにしてよ!』と思うこともあるけれどここまでがっつりと
一緒にいられるのって、本当にあと半年だけなので私もそれを頭に入れておかないと。

先日も『じぇあ、ままのことだいすき』と言って私に熱烈チューをするので
(そういえば、こういうのはウリはやらなかったです、今もしないけど)
『ママもだよ。それから、みんなもジェアのこと大好きだよ』と言ったら
『じぇあも~!!うりも~ぱぱも~じーじも~ばーばも~みきつんも~
ひぃばぁも~みーーーんな、だーいすきっ!』とかって腕をぐぃんぐぃん
大きく回しながら言い(結構、語尾が延びます)そして、その後真剣な顔で
『あと、うまとかめ』って。(ここは語尾が延びなかった)
オカシイでしょう…こういうのが毎日毎日、一回はあります。

今年は、3歳のお誕生日をこちらで迎えてから東京に行きます。
それまでにもぐんぐんぐんぐん成長するだろうし
そして東京行ったらまたぐぐっと一気に変化するだろうな。
とても楽しみです。じーじ、ばーばには覚悟しておいてもらわないと。




CIMG7022

2年9か月前、私が退院してきた時だ。ちぃこい…。




!cid_75874786-FD83-4AC8-98C9-96C7818B31C3

それがもうこんなになった。
やはり兄妹っていうのはいいもんです。




!cid_DCFFD4C1-0FA8-4DC6-B95E-7D8F30C98509

あれ。iphone撮影なんかぼやけてる…。
ピンクカラーグラデちょっとラメ+ストーンいっこ。
ジェアが『あ!かわってる!うわぁ~きらきらきれいね~』と
言ったけど、多分反応見る限り前回みたいな
一色塗りにスタッズ、とかライン、とかそういう方が好きそう。
好みが合うなぁ、ジェア。ウリも『うわ~かぁわいぃぃ…』って。
だいじょうぶかな?ウリはいいのよ。
ジェアも大きくなったらやってあげよう。




da_nori at 09:00|PermalinkComments(4)

2014年02月19日

激変ジェアと幼稚園アクティビティ

今朝から、突然ジェアがイタリア語を話し始めた!!
本当に突然だったから、びっくり。いや、今までもたまに単語を発したりしたし
幼稚園であんまり知らない人に話しかけられたりしたら短いイタリア語で
答えていたりしたけれど、私とウリを除く家族親戚にはずーっと日本語だったから…。
でも、分かっているのはこちらも分かっていたし、ただ敢えて喋らないんだな
なんで喋らないのかな、溜め込んでるんだろうな…とは思っていたけれど
今朝、久しぶりに主人に会ったら(先週末から暫く出張でいなかった)
嬉しかったのかなんなのか、わからないけど、かーなりずっと喋りっ放しだった。
面白いな、きっかけは何なんだろう。やっぱり嬉しかったから?
パパとちゃんと話したかったとか?それとも、自信がついたとか?わからないけど。

主人は、やっとジェアがイタリア語話し始めてちょっと嬉しそうだったけど
ダイレクトに自分に向ってきていることが明らかな(イタリア語だからね)
ジェアの色々な要求やら我儘を無視できなくなって、ちょっと面倒くさい顔してる。
『イタリア語じゃない方がラクだったんじゃない?』って言ったら否定しなかったし。
ウケル。沢山働いてもらおう。

さて。昨日、幼稚園のお迎えに行ったらウリッセが
『ママ!今日ね~カテリーナのママが来てくれた、みんなでパスタ作った!
ウリはガルガネッリ作ったよ~ママ作ったことないでしょ?
教えてあげようか?あのね、ガルガネッリはね、まずね…』と
ものすごい興奮して、ものすごい勢いで話し始めた。
(そんな時に限って日本領事館から電話が来たりして
後ろでは子供達がわいわいウルサイし電話全然聞こえなくて困った…)

ウリのクラスメートのカテリーナのお母さんというのは
手打ちパスタやらちょっとしたお菓子やらを売っているお店を経営している人で
彼女が来てくれて、子供たちにパスタの作り方を教えてくれたらしい。
へ~すっごい楽しそうだね!もちろんウリッセは工作とか大好きなので
(自分のことを『ウリッセは工作マンだからね!』と言うくらいだし)
そりゃぁ大興奮するだろうね。

そして、明日の午後はピアディーナを(この地方でよく食べられるもので
小麦粉、塩、水、ラードとかオリーブオイル入れて焼いた平べったいパン的なの)
皆で作るらしい…これもなんだかピアディーナ作りお得意のお母さんが来てくれて
作って、オヤツに食べるんだとか何だとか。楽しそうでないの。

先月は、陶芸家のお母さんが講師として来てくれて、皆で陶芸やってたし
色々なことができて、本当に幼稚園には感謝している。
(と、いうかやってくれてるお母さんに?!←自分はやる気なし。)
日本の幼稚園より在園時間が長いし、こういうことに時間とることができるのかも。

幼稚園生活もあと4か月と言ったところ。
3歳になってすぐからお世話になって(ウリッセは9月産まれ、新学期は9月から)
お友達とも先生とも心を通わせて、本当に沢山のことを経験出来たと思う。
特に、ウリッセは長い間こちらの都合でお休みさせてもらったりしたことも多く
でもそういう事も理解してくれて『日本のご家族とゆっくり過ごしていらっしゃい』と
快く送り出してくれたし。そして必ずそんな時にはお手紙くれたりね。
(日本の幼稚園ではこちらが恐縮するような応対してもらってたけど…)
こちらに戻ってすぐにウリッセのイタリア語がうまく戻らない時には
先生もお友達も陰から表から(おせっかいな子もいたりしておかしかったけど)
助けてくれて、涙もろくない私は泣かないけど、涙もろい人なら泣いたかもしれない。

日本の幼稚園もこちらの幼稚園も毎年どちらとも通っていて
家族の間だけで生活しているだけでは感じられないような違いにも
ウリッセは沢山沢山気付いてそれはとても彼の糧にもなっている。
そして、私も数は多くないけどこちらで安心できるママ友もできたし
改めて、子供が成長するって親にも色々影響あるのだなと思ったり。
残りわずかな幼稚園生活、思う存分楽しんでもらえたらいいと思う。




P1060644
ウリ達が作ってきたもの。
でも、正直、はたしてどこまで信頼できる食べ物なのか
(子供たち本当に手洗ってるの?どこで作ったの?とか…)
私は怖くて食べる気がしません…でも食べなきゃダメかしら。



!cid_4B952CBD-5446-4567-8B2B-22509FB15E01
ウリのひらがな練習帳、カワイ過ぎるミス…。
みきつんにも早速送ったら、爆笑していた。
でも微笑ましいので満点あげましょう。



da_nori at 07:20|PermalinkComments(0)

2014年02月08日

ジェアが大きくなったら

最近、我が家の『主人とウリ』『私とウリ』『主人と私』の間で
交わされる会話で結構頻度が高いのが

『●●したいね』
『うーん、ジェアがもうちょっと大きくなってからかなぁ』

『××行きたいな』
『ジェアが、今のウリ位になったら行けるかな』

っていうの。
例えば、ウリは今スキーとパリに行きたいし
私はいつか家族4人&日本の両親とハワイに行きたいし
主人は…なんだろな、いつかもう一度エジプト(の南の方)に行きたい…
とかそういうの。他にも、小さなことも結構あるのだけれど。

でも、よーく考えてみると、ウリがもうちょっとジェアより小さかった時
夏にみきつんと三人で沖縄に行った。あれはすごく楽しかったし
相変わらずウリはいい子ちゃんだったので本当にラクチンだった。
みきも、この間の夏『ねぇあの沖縄行った時のウリって、今のジェアくらい?
今、ジェアと旅行とかちょっとね~考えられない』って言ってたから
歳の問題でなく、その子の個性の問題…?

今のウリとだったら、大抵のことは一緒に楽しめると思うけど
(私が好むような買い物はちょっと退屈しちゃうかもしれないけど)
じゃぁ果たしてジェアが今のウリの歳になった時に…どうなるか?と思うと
なんかウリのような比較的聞きわけのよいタイプになるような気は…
どうしてもしない(笑)。なかなかジェアは一筋縄ではいかない感じ。
いや、別にどこにだって行けるんだけど…パリだってスキーだって行けるけど
ただ、楽しいか…?今やるべきか…?って考えると…絶対楽しくないと思う。
大変なことの方が先にくる。買い物行くだけだって大変なのに。
(でも、『2人連れて、ひとりで12時間飛行機乗ってしょっちゅう帰ってくるんだから
大抵のことはできるんじゃないの』って言われたりするけど…
いやいやいやいや、それとこれは別なのです)

でも本当に、ジェアがもうちょっと大きくなったら色々行きたい。
でも…でも、主人希望のエジプトだけはまだまだまだまだおあずけだな…。
現在の情勢どうこうを置いておいても、あぁいう土地は、色々な意味で
子供連れでは楽しめないと思う…いつか、いつかね!

全然関係ないけれど…今日私がキッチンに潜んでいる時
ウリが『ママーママどこにいるのー?』と叫んでいて
私はちょっと作業に集中していたので黙っていたら(邪魔されたくないから)
ジェアが『うりーままはれいぞうこー』って。
うーん、オシイ!でも一応言いたいことは、分かる。カワイイな。



先日、姑にジェアを預かってもらおうとお願いしたら
『あまり長い時間はちょっと』と初めて言われてしまった。
姑にそこまで言わせるなんて。
ジェアさん…一体どんな風になっているのでしょう。



da_nori at 08:01|PermalinkComments(0)